浅間山をハードに周遊
盆明け、仕事終わりからの車中泊で高峰高原に乗り込んで浅間山に登ってきた。
標高2,000mの深夜は、平野部と違って毛布にくるまる寒さ。でも天の川が区別できないほどのおびただしい星が輝き、明日の晴れを約束してくれていた。
夜明けの駐車場からは雲海の彼方に蓼科と八ヶ岳連峰が浮島のように鎮座。
f0128018_19455623.jpg

今回のコースは早朝5:30に高峰よりトーミの頭にて稜線に出て、外輪山をJバンドまで歩いて浅間本峰を往復、草すべりから高峰へ登り返すという浅間周遊のゴールデンコース。
まずはトーミの断崖をへてから浅間山にこんにちは。 眼下には佐久平が広がる絶景。
f0128018_19473014.jpg


黒斑山(くろふさん 2404m)は外輪山でも最高峰。稜線には時々ブルーベリーが自生していて、何個か摘んで食べながら歩く。
東方には浅間山の巨大で荒涼とした斜面がドカーンと対峙、やっぱり山としての格が違うね・・
私的には浅間山は群馬の山の番長格、どの山よりも威厳があり威風堂々としているから憧れの存在。
f0128018_19564849.jpg


外輪山の稜線は時間にして1時間半ほど歩く。
右側は常に断崖絶壁、北アルプスのような壮大な山岳風景、そして冬場にはここをスキーで降りてしまうというアクロバティックな人達がいるというから驚き・・
f0128018_202720.jpg

f0128018_201415.jpg

ビビリながら崖にせり出た岩に座ってみる、、写真ではわかりづらいけど下には約300mの崖・・
f0128018_2004289.jpg


Jバンドから浅間本峰への取り付きまでは道が不明瞭、でも明るくて見通しのよいガレ場だから本峰の登山道を目指して登れば問題ない。
f0128018_201632.jpg

浅間山の登山道は約400mの標高差、溶岩の小石だらけでどこか違う星の地表を歩いているような感覚。

群馬県側にある最高地点には危険防止のため立入禁止。一般登山道では準外輪山である前掛山2,493mがゴールとなる。活火山特有の絵にもならない風景はこんな感じ^^
f0128018_20224214.jpg

f0128018_20231221.jpg


帰り道は湯ノ平の窪地へ急降下し、びっくりするほど等高線のキツい草すべりを登り返して車坂峠の高峰高原へ約3時間。
高峰に15:00着だから、かれこれ約10時間のハードな山行となった。
山行の癒し湯は、湯の丸林道を1kmほど西へ走ったところにあるランプの宿として有名な高峰温泉がおすすめ。


※暇だったので概念図を絵で描いてみた (クリックすると画像を大きく拡大)
f0128018_20425056.jpg

ちなみに今回のルートはやや健脚向きなのでコースタイムとよくにらめっこして下さい。そして真夏以外にチャレンジする場合は万一に備えてヘッドランプのご用意を!
[PR]
# by mm_500 | 2012-10-01 20:52 | アウトドア
尾瀬にて、仲間と過ごす暑中。
パソコンが壊れていたので、お盆に出かけた尾瀬を今頃後出し。。

この日、sanzokuameさんの俺のそばならぬ 「尾瀬のそば」 をやりませんか?という呼びかけで、山友、飲食店仲間、ブログ友など14人の有志で盛夏の尾瀬を歩いてきました。
早朝大雨 → 鳩待で曇り → 午後から晴れ、お天気お姉さんのチカラを見せつけられました。ところが私はというと、、肝心なアレを忘れるという顛末書モノの大失態もありましたが・・(猛省)

見晴らしのベンチでは何か違う冷やしたぬき蕎麦(ー。ー)、ホテルオークラレシピのフレンチトースト、Cafe ROSSYからは氷珈琲のカフェオレ、他にもおいなりや羊羹が次々とテーブルに並ぶ。
f0128018_0503194.jpg

尾瀬の素晴らしい空気に囲まれての、仲間との至福のひとときを満喫しました。

f0128018_0512588.jpg

f0128018_0524325.jpg

f0128018_0533341.jpg

f0128018_054292.jpg

気持ちよく晴れた午後、真夏だというのに気持ち良い風が頬を伝う爽快な尾瀬ハイク。
自然の中に浸る心地よさ、仲間との温かさ、そんな格別の時間を共有できたことをありがたく思います。
[PR]
# by mm_500 | 2012-09-29 01:03 | アウトドア
倉渕へ
グリーンの絨毯のように広がる夏稲に囲まれた赤い屋根のお堂。
高崎市倉渕町の国道脇にあるこの風景、昔から大好きな場所です。
f0128018_017189.jpg


この日は、あまり人が出かけないスポットを求めて倉渕探検。
気になる店や石仏群、林道や廃村跡をいくつか見つけたので、秋にでもまたリトライしてレポートみようと思う。
[PR]
# by mm_500 | 2012-08-02 00:23 | アウトドア
パラリンピックの鳥肌CM
ロンドンオリンピックが始まりましたね。
先駆けて、FBで見たパラリンピックの感動的Vをシェアしましたのでぜひご覧ください。
f0128018_0485132.jpg

http://vimeo.com/45968190

いつもより暑い夏が始まる予感。
[PR]
# by mm_500 | 2012-07-29 00:52 | 日記ブログ
Wandervogel (ワンダーフォーゲル)
誰かのTwitterの写真があまりにも素敵だったのと、その名前にすごく惹かれてしまったので前橋まで出かけてきました。

Wandervogelとは 「渡り鳥」 のこと。
長く使える良品を 「人から人へ」 「過去から未来へ」 と受け渡してゆく店です。
そんなコンセプトにあわせて、セレクトの家具やリビング用品、雑貨などを丁寧に並べております。
f0128018_011162.jpg

f0128018_0112870.jpg

f0128018_0122440.jpg


古民家とまではいかないまでも、古い家屋を上手にリノベーションして良い雰囲気を出してます。
何よりも素敵だなと感じたのは、お店の方が 「広瀬川のほとりで店を探してました」 とおっしゃる通り、目の前には広瀬川。きらきら光る川面と涼やかな川の音が一日中窓から聴こえるというロケーション。(↓クリックで拡大できます)
f0128018_0124227.jpg


カフェとしても素晴らしい空間ですね? と問いかけてみましたら、あくまでインテリアショップというストアコンセプトから外れたくないと。 ただ食品衛生の資格も取得されたようですので、今後の展開に期待したいところです。

前橋でもこうして、「街を元気に」 という合言葉でセンスある個人事業主が頑張ってます。
私も同じ気持ちで群馬を元気にするために頑張りたいなとあらためて感じました。

おまけ~☆
買い物をしましたら、なんと 「回覧板」 をプレゼントして下さいました。
f0128018_045827.jpg

正直、ノベルティとしてはすごくお金がかかってそう・・・
でもこのアイデアとセンス、そしてこの太っ腹感。 お客さんを渡り鳥にせず、しっかりつなぎとめる何かもありそうです^^






f0128018_0321943.jpg

Wandervogel
住所:前橋市住吉町1-3-13
時間:12:00-20:00(14:00-15:00 休憩) 火休
Web:http://www.e-intime.jp/wandervogel/
[PR]
# by mm_500 | 2012-07-25 00:46 | 日記ブログ
奥野敦士 「いろいろあるさ 生きてっからね」 
「後悔は死んでからまとめてすればいい
    生きてるうちの後悔は せっかく頑張ってる今の命がもったいない」


「今が一番若いんだよ
    若かったという自分にはもう二度と会えないからね」


「泣いた昨日に教わったんだよ 明日は笑って過ごしなさいって」


武田鉄矢、松尾貴史、杉本哲太、桑名正博、桜井和寿など著名人が絶賛する、7月20日に発売された前橋市出身の奥野敦士・著 『いろいろあるさ 生きてっからね』 から感動をもらい続けている。
f0128018_225672.jpg


奥野敦士とは、今から約25年前、自分達がリアルタイムだった当時群馬が輩出したロックバンドにBOOWYとBUCK-TICKがあったが、そのふたつの間にもうひとつメジャーになった 「ROGUE(ローグ)」 というバンドがあり、そこでVoとして歌っていた。


ところが2008年9月、群馬に帰郷して音楽活動の傍ら解体業の作業中に転落事故を起こして下半身不随に・・
その後、肉体的なハンディを背負いながらもTwitterやブログから熱いメッセージを送り続け、多くの人の心をつかんでいった。
奥野が綴る言葉は、もはや本業だったROCKよりも遥かに深く、心にスパッと入り込んでジワッと温かくしてくれる。この一冊を読んでそんなことを感じた。



他人はあなたを「どんなことをやってきたか」という過去で見ています。
    でもあなたは「これからどんなことができるだろう」という未来の希望で自分自身を考えて下さい。


「もうダメだ」と思っても、あと一歩ぐらい踏み出せるでしょ。
    そうやって辿り着くから、限界なんてないんだよ」


「良いとこばかりじゃないでしょ 醜いとこもあったでしょ
    生きてるとこを見られたら 隠せないとこもあるんです」 (ナンツッテ!)


奥野さん、苦難も多いでしょうけど群馬ROCKERの誇りですよ。 これからも応援させていただきます♪


奥野敦士関連

ブログ : http://atsushi-okuno.at.webry.info/
Twitter : @atsushi_okuno
Book : 実業之日本社 「いろいろあるさ 生きてっからね」 ¥1,300 
[PR]
# by mm_500 | 2012-07-23 22:31 | 日記ブログ
オトナBBQと、子供のまんまの川遊び・・
という訳でCAFE ROSSY夫妻、かおちゃん達と出かけたBBQは、桐生市の黒坂石バンガローテント村というキャンプ場の施設をお借りすることにした。
このキャンプ場は沢入駅から東に分け入った、渡良瀬川の支流・黒坂石川の渓谷にあり、人家もまったく無い自然そのまんまという趣き。
※ちなみにケータイは草木ダムより先から圏外になるが、このキャンプ場だけは電波ばっちりです。
f0128018_0301599.jpg



で、なにがオトナかというと・・・
以前なら、タープやらテーブル、イス、キッチンツール、さらには遊び用にMTBからカヤック、釣り道具までどっさり荷物を車に積んで出かけたものだが、今回は手ぶらでしかも電車。
道具はすべて借りればいい、自分達は炭と食材だけ持っていけばいいやというシンプルなスタイル。アウトドアが大好きだった昔の自分じゃ許せないBBQスタイルだけど、日頃の疲れや歳のせいなのか、もうそんな軟弱アウトドアでイイやって思ったんだ(笑)

そしてもうひとつはBBQの食材。
若い頃はとにかく肉、肉、だったのに、今は野菜や魚介を次々と焼く。そんなところにオトナを感じたりしたよ(笑)
f0128018_2048833.jpg



キャンプ場の敷地内には黒坂石川の清流が流れ、水遊びもできる。
この日は館林39.2℃を筆頭に群馬が酷暑に見舞われた日であったが、私達は冷水にダイブしたり潜水したりしてブルブル・・・。 カフェロッシー店主と一緒に川ガキとなって遊んだw
f0128018_20523724.jpg


群馬にはこんな川の上流の水遊び&BBQスポットは数多くあるけど、ここは国道からアクセスがよくて、上流に人家や建物がまったくないため水は限りなくきれい。東毛方面のオススメのBBQスポットをひとつ発見した。



黒坂石バンガローテント村

住所 : みどり市東町沢入1146
電話 : 0277-95-6611
地図 :

[PR]
# by mm_500 | 2012-07-23 21:04 | アウトドア
写真で綴る 「渡良瀬~足尾」 界隈。
BBQの予定があったので、渡良瀬川上流域へと下見に出かけてみた。
しかし・・・、この辺りは興味をそそる施設や場所がたくさんあって、本来の目的を最初から忘れてあれこれカメラを向けはじめる(笑)

わ鐡(わたらせ渓谷鉄道)上神梅のノスタルジックな駅舎。
ローカル線の旅情をすごく醸しだしている。
f0128018_005165.jpg

f0128018_00374.jpg


「ワンツーツー」 と呼ばれる国道122号を北へと走り、栃木への県境を越えると足尾町。
以前は仕事で宇都宮を往復する際に頻繁に走った道だが、初めてプライベートでのんびり散策してみることにする。

まずは奥から。
わ鐡の終点である 「間藤駅」 からさらに奥へ入ると廃線、廃橋、廃墟、廃炉などの宝庫・・
わたしも若干、この 「廃」 がつくモノに萌えるひとり(笑)
f0128018_092255.jpg

f0128018_093416.jpg

f0128018_094982.jpg

f0128018_01108.jpg

f0128018_0102673.jpg


足尾町の銅の採掘による栄華は江戸時代にまで遡り、寛永通宝まで作られたという。
やがて閉山状態の時期を経て、明治から再び大規模な銅山採掘が行われるものの、足尾鉱毒事件などで閉山に追い込まれていく。
まさに栄枯盛衰という言葉がふさわしい、栄と負の遺産が今なお残る街なのである。
f0128018_0235462.jpg

f0128018_0241358.jpg

f0128018_0243682.jpg

f0128018_0245788.jpg


最後に印象深かった足尾駅の姿と古い車両を。
f0128018_0272956.jpg

f0128018_0274696.jpg

f0128018_028265.jpg



ちなみに足尾銅山の廃坑などの様々な施設は、「負の遺産」 として世界遺産登録にむけて活動している。

で、、肝心なBBQの場所はというと・・・ 忘れた。
[PR]
# by mm_500 | 2012-07-20 00:28 | 日記ブログ
「Tシャツっていいとも!」 のエントリーTシャツ♪
カフェバー303のTシャツイベントにエントリーするデザインをどうにか完成させ、本日発注を済ませました。
当初は自店のユニフォームを兼ねた和テイストの物をって考えていたのですが、親しくさせていただいている飲食関係のショップロゴをフジロックフェス風に並べてみたらなんとなくカッコ良さそうな気がして、各店様に了承を得ながら製作にとりかかりました。
f0128018_23541132.jpg

いやいや~、それにしても普段気軽に着ているTシャツですけど、1枚作るまでのプロセスって大変なんですねぇ~~!作り手の気持ちを少し垣間見られました^^

そしてこの度、ロゴ提供に協力していただいたのは自店を含めて日頃交流のある飲食関係の8店舗。ほとんどの店が創業して間もない店なので、お互い頑張りましょうという意味もあります。
:: 七輪ホルモン焼き 優
:: Cafe MAKAP
:: ポンカレー
:: カフェバー303
:: 岸とうふ店
:: アルベロ
:: シュクルキッチン

「FOOD IS HOPE」 という、仲良くて英語に明るいきょうこちゃんに託したタイトルメッセージには “食は希望” というシンプルながらも意味深い想いが込められております。
店主同志がまずそれぞれの食や品質を尊重・尊敬しあい、そしてその輪に囲まれた多くのお客様達がそれぞれの店で親しくなって繋がっていくような。そんなみんなの幸せや希望をイメージした感じです。
そして気が早い話ですけど、来年もこのイベントがあるならば、飲食店の枠をを飛び越えて色んなショップのロゴでTシャツが埋まっていけたらいいなと願っているのです。

カフェバー303のイベント 『Tシャツっていいとも!』 は7/13(金)〜22(日) 10日間開催
私の他にも20名以上の色んな業種の方々がオリジナルデザインしたTシャツを出展・販売いたします。
詳しくはこちら≫

ちなみにこのショップロゴTシャツは Men's × Women's 各サイズ × 4色 と、合計30枚を用意しております。1枚 2,000円での販売予定 (ロゴ提供していただいたショップ様には 1,000円にて) です。
ショップとお客様とが素敵な繋がりになるように望みを込めたロゴT、さりげなく着ていただけたら嬉しい限りです♪
[PR]
# by mm_500 | 2012-07-01 00:04 | ファッション・古着
「緑響く」 蓼科・御射鹿池
f0128018_2364268.jpg

sanzokuameさんのブログ を見ながら、いつかは出かけてみたいと思っていた蓼科の 「御射鹿池(みしゃかいけ)」 ノンエフェクトの写真です。 
※画像クリックで拡大。1枚目と3枚目の写真はコピーフリーですので壁紙などにどうぞ♪

f0128018_345579.jpg新緑が過ぎ去って、緑の色が落ち着く6月中旬過ぎ。朝もやと凪が静かならばいっそうの好ロケーション。

写真を見ながらハッとされた方もいらっしゃると思いますが、そう、ここは東山魁夷画伯の1982年に完成した名作 「緑響く」 のモチーフになった場所。




モーツァルトのピアノ協奏曲第23番イ長調をインスピレーションして巨匠が描いた場所とされているが、私も自分なりに静かなピアノのBGMをイメージしてみた。
以前、絵のホームページで使用させていただいていた Blue Piano Man / 「Gentle Rain」
よかったらBGMで聴いてみて下さい。
ちなみにこちらもイメージにピタリ。
キャット・スティーヴンス / 「Morning has broken (雨に濡れた朝)」
吉永小百合がシャープAQUOSのCMでこの池を撮影した際のCM曲です。
f0128018_2593451.jpg

[PR]
# by mm_500 | 2012-06-26 03:08 | アウトドア