<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
「Plastic Love」 竹内まりや&山下達郎
高校生のころ、色んな若かりし感情を押し込めながらレコードが擦り減るほど聴いていた竹内まりやの 「Plastic love」
大好きだったなぁ・・ 都会に憧れてみたり、大人に憧れてみたりしてね。。



約30年経った今、幻と言われていた山下達郎のライブ盤音源をYouTubeで発見してしまったからこんな夜中にプチ興奮・・。 曲調からして作曲は山下達郎かと思っていたんだけど、竹内まりやだったのも今知った。



よかったら両方とも聴いてみて下さい。
途中のサックスにしびれる、いかにも山下達郎らしいリマスターです。
昭和60年代の切ないラブソングですが、30年近く経った今でも洗練されたメロディラインは秀逸のひとことに尽きます。
[PR]
by mm_500 | 2012-11-24 01:09 | 音楽
妙義・金洞山
久々にスリリングな山歩きがしたくなったので、表妙義の金洞山へ向かいました。
表妙義の全容ですが、写真中央が金洞山、右の大きな山が白雲山、左手の金鶏山は道路への落石防止のため登山禁止です。
f0128018_105244.jpg


駐車場から見た金洞山(中之嶽)全容。左端は轟岩。
f0128018_0464261.jpg

中之嶽神社から見晴台までの約30分はよく整備されたハイキング道、その先の分岐からは本格的な登山道となります。とはいえ行程は短く、分岐からは約30~40分で頂上に上がれてしまいます。

f0128018_23462446.jpg

しかし・・、こんな警告板が初心者を牽制するように、頂上直下の岩稜地帯には垂直の鎖場がいくつかあるため岩登りの経験がないとちょっと危ないです。。

西岳への分岐のコル手前には20mの鎖がついたルンゼ。
f0128018_23485789.jpg


頂上直下にはほぼ垂直の15~20m×2本の鎖。ホールド確保はしっかりできるので慎重に登ります。
f0128018_08503.jpg

ちなみに鎖場での滑落事故の大半は、手にぎっしり力をこめて鎖だけに頼るケースがいちばん多いそうです。あくまでも鎖は片手で持つ程度、もう一方の手と両足でしっかりホールドを確保して登下降するのが基本です。

頂上からは荒船山をはじめ、西上州の山々。
f0128018_023423.jpg

西方には、西岳 (一般登山禁止) の向こうに浅間山。
f0128018_0235142.jpg

その右手には岩稜の屏風絵のような荒々しい裏妙義の連なり。
f0128018_0254082.jpg

北方は白雲山への縦走路、この先は鎖と垂直岩のオンパレード・・・
f0128018_029149.jpg

そして東側には金鶏山の向こうに高崎方面が見渡せます。
手前はもちろん断崖絶壁、、かなりの高度感があります・・
f0128018_0475484.jpg


下山後、15分ほどで登れる轟岩へ。いつもの崖上アングルで(笑)
f0128018_0535585.jpg




おまけ。
田能久さんのお遊び視点で写真を逆さまにしてみますと・・
f0128018_0574141.jpg

ヤバいヤバい・・・

ひとまずこの冬、西上州の山がマイブームになりそうです。
[PR]
by mm_500 | 2012-11-21 01:04 | アウトドア
暮れゆく群馬Ⅲ
f0128018_21443687.jpg

いつも店の厨房の窓から、夜の支度をしながらうらめしそうに眺めている夕暮れどきの空。何も予定がない休日ぐらいは最高のビュースポットでのんびりと眺めてやりたいと、鼻高展望の丘へと車を走らせた。
碓氷路の街灯りの彼方に、荒船・妙義・浅間と、上信国境の山々の稜線がくっきりと映える。群馬が大好きだから、いつかこの景色も水彩画で描いてみたいなと思う。
[PR]
by mm_500 | 2012-11-12 21:45 | アウトドア
東京スカイツリー
f0128018_2175717.jpg
東京在勤の折、根元部分の着工時から気にはかけていた東京スカイツリーですが、このたび初めて登頂して参りました。 足元に立って見上げてみると 「それにしてもまぁ、よくこんなデカいモノを作ったもんだ・・」 と無機質な感動。。

f0128018_2183215.jpg

あいにくの天気のなか、地上450mにある最上部の天望回廊まで登ってみると東京がジオラマのような眺め。写真は丸の内の都心方面、左手前には墨田区役所と両国国技館が見えます。


月曜日というのにソラマチもツリー内も大混雑・・
ちなみにこの日も、12:30に到着したのに15:30からの入場整理券を渡されて時間調整を余儀なくされました。平日ならちょっと待てば登れるのかな、なんて考えは大間違い(笑)
料金は地上350mにある天望デッキまでは30分ほど並んで2000円、そこから450mの天望回廊までは20分ほど並んで+1000円がかかります。

山じゃ400~500mの標高差の眺めなんてザラだから、街が見下ろせるだけという印象・・。
晴れてたり、夜の夜景だったらまた感動も違うのかもしれませんけど、山から1000m以上の景色を見下ろすほうが感動しますね。。
まぁ、話のタネには楽しい散策だったと思いますけど。
f0128018_2193147.jpg

[PR]
by mm_500 | 2012-11-07 02:23 | 東京散策