<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「かびや」 と 「びくや」
榛名山麓の県道沿いに佇み、田舎風情をたっぷり味わえるふたつの趣ある店を綴っておこうと思う。

ひとつは水沢観音への道の途中にある 「鹿火屋」 という茶屋、タイトルにも書かれている通り 「かびや」 と読む。
f0128018_23355829.jpg

この店は自分が子供の頃からあっり、家族で榛名方面に出かけた際にはドライブインがわりによく立ち寄った記憶がある。高崎・前橋近圏にお住まいの人なら一度は立ち寄った思い出があるんじゃないだろうか。
f0128018_23363480.jpg

郷愁が漂う茅葺の屋根。店の前にはラムネを冷やす水路が流れていて、その水が敷地の端にある大きな水車を回す。水車小屋の横には何組もの竹馬があって、子供達はみんなそこで遊ぶんだ。

昼でもやや薄暗い店内と煙に満ちた雰囲気は昔のまま、土間と囲炉裏、そして年季の入った木の温もりに癒される。ずっと何十年もこの素朴な空気感は変わっていない。
f0128018_002128.jpg

メニューには地場産の里芋を使ったいも串を中心に、くずもちや味噌おでん、ところてん、ラムネ、甘酒。概ねその程度なのでいたってシンプル。
いも串は甘味噌好きな群馬県民のツボを押さえるようなほっこりする美味しさ。個人的にはくずもちもおすすめだなぁ♪
f0128018_0102049.jpg

いやいや~、これぞ上州って感じの店だね。休日はずっと混雑するので、こんな風にガラガラになる平日に訪れることをおすすめしたい。
f0128018_0131266.jpg




そしてもうひとつは南西側の山麓、榛名町から榛名山頂方面に車を走らせるとパワースポットで脚光を浴びている榛名神社の手前に情緒満点な茅葺屋根が現れる。年季の入った暖簾と白い大きなノボリ旗が目印の 「魚籠屋」 だ。
f0128018_034424.jpg

魚籠屋とかいて 「びくや」、こちらは岩魚料理を中心に古くからこの地に伝わる田舎蕎麦や上州名物のおきりこみなどが堪能できる食事処だ。
f0128018_043211.jpg

鹿火屋と同様に店の中には土間がしかれ、その真ん中にある大きな囲炉裏からは焚き木がバチバチ燃えて火の粉と煙があがっている。この煙さと香りが田舎ならではなんだよなぁ。
おすすめを訊ねると、古くから岩魚を焼いて出しているとの事なので塩焼きでお願いする。
f0128018_045122.jpg

目の前の囲炉裏でじっくり焼かれた岩魚は非常に香ばしく、よく火が通っているため頭から尻尾まで全部食べられる。いや、その前に特筆すべきなのはご飯とみそ汁の美味しさ、さらに地場で採れた何種類もの山菜や漬物が賑やか。
f0128018_0321936.jpg

榛名神社前の門前蕎麦も最近人気が出てきているようだけれども、やっぱりこんなオンリーワンの雰囲気を醸した店のほうが寄ってみて楽しいと思う。


こんな素朴で非日常のような店が、街から30分ぐらい走った場所にあるっていいでしょ♪
これもひとつの群馬の魅力なのだ。


「鹿火屋」 Web:http://www12.ocn.ne.jp/~kabiya/
住所:群馬県北群馬郡吉岡町上野田1329-127
時間:9:30~17:00頃 
休日:平日不定休のため要連絡0279-54-3920



「魚籠屋」 Web:http://homepage3.nifty.com/bikuya/index.htm
住所:群馬県高崎市榛名山町360
時間:11:00~18:00 火曜休

[PR]
by mm_500 | 2011-01-29 23:21 | 群馬のおいしいモノ
トロン:レガシー
f0128018_021662.jpg

大迫力の最新3D映画 「トロン:レガシー」、評判通りなんだか凄い映画だったなぁ。
まだご覧になってない方は、ぜひシアターで見ることをおすすめいたします。
[PR]
by mm_500 | 2011-01-17 23:20 | 映画
どんどん焼き
子供の頃から地元の小学校の前の田んぼで行われる 「どんどん焼き」
家にあった達磨やお札を燃やすため、子供の頃から30数年ぶりぐらいに足を運んでみた。
みかんと甘酒がふるまわれたり、ちゃんちゃんこを着た老人や子供の姿など昔と何も変わらない。

「はぁ~ よかんべぇ」 (※もういいでしょう)
「そんじゃ、火ぃつけんべぇ」 (※それじゃ、火をつけましょう)
誰の合図ともなくやぐらに火がつけられた。
f0128018_23545070.jpg


「炎ってかっこいいよなぁ。。」
f0128018_23551221.jpg

一気に燃え盛る火を見ながら、子供の頃に感じたのと同じ事を考えていた。これほど大きな火を見たのもやはり30年ぶりぐらいか。 バチン!ボーン!と竹が大きな音をたてながら燃えていくのも懐かしい音だった。
f0128018_23553189.jpg

厳寒の早朝にかかわらず200人ぐらいは集まっていただろうか。炎が弱くなると枝につけたまゆ玉(団子)やスルメイカを大勢でおのおの焼いて無病息災を願う。
「やっぱり田舎っていいなぁ・・・」 あの頃に感じなかったのはそんな気持ちだけ。
地元での冬の風物詩にふれ、群馬の素晴らしさをまたひとつ実感した朝だった。

ちなみにこちらの場所は北部小学校前、大きなやぐらの隣に小型のやぐらが増えてました。
f0128018_045649.jpg

[PR]
by mm_500 | 2011-01-15 23:57 | 日記ブログ
和風のロールキャベツ
「おそば屋さんでそれをナゼ!?」 と、来店してくれたロッシーくんに目撃されてしまったのはロールキャベツ・・・(笑)
f0128018_0283820.jpg

もちろん店で出す商品ではなく自分の賄い用、先日テレビでロールキャベツを見てから食べたくて食べたくて仕方がなかったのである。
しかしながら店を開店させてからは、以前のように帰宅後に家で調理なんて皆無。。 だって一日中厨房に立った後に、帰ってまでキッチンになんて立ちたくないんだもの・・・
なのでビールのつまみや晩ゴハンは閉店間際にササッと店で作って家に持ち帰るのである。
f0128018_029117.jpg

で、2時間近くコトコト煮込んで出来あがったのは 「和風ロールキャベツ」
そば屋にはコンソメなどという物がないので、濃厚な鰹ダシにトマトピューレとケチャップ、みりん、砂糖、そして醤油を隠し味にして作ってみた。
ほうほう、、これは旨いね。
凍らせておいて、注文が入ったらレンジアップすればメニューとして出せるかも。 しかも余った汁がほどよく蕎麦と合いそうだし。
トマト味のつけ蕎麦を考えていたので、この合挽き肉の肉汁がしみこんだトマト汁はいいヒントとなった。
ひとまずは念願だったロールキャベツ、ビールと共にいただきます♪
[PR]
by mm_500 | 2011-01-11 23:30 | 料理・食べもの
祈願
f0128018_0284730.jpg

受験を目前に控えた娘に(笑)
最初はウケ狙いのつもりで買ったハチマキだけれど、目前まで迫ると真摯な気持ちで応援をしたくなる。
素晴らしい道を自らのチカラで切り開けますように!
[PR]
by mm_500 | 2011-01-07 00:29 | 日記ブログ
2011年 元旦
新年明けましておめでとうございます。
例年ですと大晦日のフォトと一緒に年越しのご挨拶をさせていただいておりましたが、2010年は店の仕事に追われ、最後の最後も年越しそばで大忙し。20代の頃のように体を張って仕事に打ち込んだ大晦日となりました。
2008年大晦日≫
2009年大晦日≫
今さら振り返るのもなんですが2010年はとにかく色々大きな出来事がたくさんありました。
その多くは一歩でも前に出ようと自分で決断した事と、そしてそれを実行した事。さらに店舗運営の喜び、苦しみもたくさん知りました。
2011年、これからもさらに喜びや葛藤、悩みなど色々と思い知っていくのでしょうが、しっかりと足元を見ながら仕事をしていきたいと思います。
ブログは今日で5年目を迎えました。店を始めたおかげで料理と食べ歩き、さらにはアウトドアまでほとんどしなくなってしまったためアップロードも少なくなってしまうかもしれませんが、ときどきお越しいただいてコメントいただけたら幸いです。
本年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
f0128018_22155318.jpg

[PR]
by mm_500 | 2011-01-01 22:16 | 日記ブログ