<   2010年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
「M's WINTER SONG COLLECTION」
冬が来ると聴きたくなる。そんな大好きな曲がいくつかあります。
独断と偏見ですけど 「M's WINTER SONG COLLECTION」 なんてものを作ってみました。パッと思い浮かんだJ-POP4曲を並べてみましたが、やっぱり好きな楽曲ってイイですね~♪

まずは、キンモクセイ 「二人のアカボシ」

歌詞は少々難しめですが情景だけはフッと簡単に浮かんでくる感じで、バラードなのに心の奥でずっと温かく存在している曲なんですよ。


続いて古内東子の 「コートを買って」
イントロの4ビートのテンポが、新しいコートを着て街を歩きながら冬のスタートと新しい恋を予感するという、そんなネガティブな感じがする曲です。

おれはいつまでもきっと古内東子ファンです。


ファンといえばこちらもそう、スキマスイッチ。
「冬の口笛」という曲ですが、この曲を聴くとふと浮かぶ人がいます。

メロディーと歌詞がいかにも冬の始まりらしくってすごくイイでしょ♪


そして最後は DREAMS COME TRUE / 「Lat43N」
動画を見ていると、ドリカムのライブパフォーマンスの圧倒的存在感を思い知らされますね。



大好きなウィンターソング。まだまだ出てきそうなので、いずれ第2弾も綴ってみましょう。
[PR]
by mm_500 | 2010-11-30 23:37 | 音楽
忘年会シーズンが来ますね。
f0128018_0504535.jpg

忘年会の季節がやってきますね。
宴会が大好きだったサラリーマン時代は、とにかくこの日をみんなでどう楽しく過ごせるか仕事そっちのけで企画に没頭したものです(笑)
ということで、過去たくさんの忘年会の中で印象に残っているイベント・余興をいくつかピックアップしてみます。誰かのどこかの宴会で役に立てば嬉しいなと思いまして♪

その1 『100円争奪じゃんけん~~!』
ま、よくあるイベントですが、現金が絡むとこれほどテンションあがるのか!? というほど盛り上がるゲームです。やり方は簡単、全員が100円を持って立ち、近くの人と進行の掛け声にあわせて1回戦「さ~いしょはグ~!じゃんけんぽん!!」。
勝った人が現金を受け取り負けは座る。こんな感じで2回戦、3回戦とトーナメント方式で勝ち残っていくのです。白黒はっきりしていて、何しろその場で現ナマですからね。上司陣に千円札でも出させればその日の会費も軽くペイできちゃいますし、このゲームはなかなか面白いですよ!

その2 『ケータイ早打ち競争~~~!』
読んで字のとおり、誰がケータイでメールをいちばん早く打てるかというゲームです。
審判の人のケータイのアドレス、もしくはパソコンを持ち込んでその新規のメールアドレスを紙に書いて配布。お題となる文章を模造紙に書いてよーいドン!
メールアドレスから打ち込まないといけないから大変だし、お題も英字や数字を織りまぜた文章のほうが早打ちに差が出るから楽しいのです。
メール到着順で順位を決めるのですが、誰からのメールなのかすぐわかるように本文の最後に名前を書くようにするのもお忘れなく^^

その3 『不用品持ち寄り抽選会~~~!』
これは以前に商品を買う経費が捻出できなくて、苦肉の策で実際に行ったプレゼント抽選会企画なんです。でもコレがお金もかからず、なんか温かくて。なんやかんや盛り上がったりしました(笑)
参加者全員には事前通知し、
1.自分には不要だけど誰かにあげたら喜ばれるかもしれない物を出す。
2.下限はおよそ2,000円前後ぐらいの物で上限は無し、そのために買い物をしたりしてはいけない。
3.中身が見えないように包装してくる。
こんな風に簡単なルールを決めておき、当日に全員が不用品を持ち寄って抽選会を行うというイベントです。何が楽しいって、中身が予測不可能なのと誰が持ってきたのかまったく不明な事ですかね(笑)
もちろん1~3等ぐらいはちゃんとした景品を用意しましたけど、それ以外の謎めいたブツのほうがみんな興味深々みたいで(笑)
結局その時の抽選ではカメラや引出物の陶器、エロビデオなど色んなモノが飛び交い笑いが絶えませんでしたw その時はおれも土産でもらった巨大なメキシコのテンガロハットを包み、誰かがそれを楽しそうに3次会まで酔ってかぶってたのを思い出します^^

ということで、お金のかからない忘年会アイデアをいくつか並べてみました。よかったら参考にしてみて下さい♪
ちなみに今年の自分はというと、もちろん忘年会など無いですね。むしろ忘年会で集客してでもお金にしなさいという話。。(笑)
もっと言えば、この2010年の自分自身の大きな出来事を忘れてなんかいけないから、忘年会ではなく「忘れられない年」にしたいものです。
[PR]
by mm_500 | 2010-11-29 00:35 | 日記ブログ
クリームシチューの話
寒くなると無性に 「クリームシチュー」 が食べたくなる日があります。
今日はまさにその日でして、朝からずっと頭の中はシチューのことばかりでした(笑)
ということで店で下準備をして半分くらいまで煮込み、帰宅してからもうひと煮込みして完成♪ やっぱり今日みたいな寒い夜って、温かいシチューがおいしいですよね。
f0128018_013534.jpg

さて、普通のシチューなら日記に書くまでもないのですが、今日のはちょっと変わった隠し味を加えているので登場させてみたのです。
まずはクリーム系の料理にコクと深みを出してくれる 「醤油」 を2~3滴、カルボナーラやクラムチャウダーにもこの技は使えます。
そしてさらに今回は牛乳のかわりに 「バニラアイス」 を溶かしこんであります。全体に上品な甘みが加わり、かすかにバニラの香りを感じるんですよ♪
f0128018_0305616.jpg

甘いなと感じるようでしたら塩で味を調えて下さい。
ということで今夜のクリームシチューの話でした^^
[PR]
by mm_500 | 2010-11-25 23:35 | 料理・食べもの
赤城山にて雨の中でMTB
f0128018_21185487.jpg
今年になって最初で最後(であろう・・・)のマウンテンバイク、赤城山の南面を駆け下りるダウンヒルで遊んできた。
天候は午後から下り坂とのことだったので、朝早く登って10時ぐらいには下りてしまおうと幼ななじみの自転車仲間と計画を立てた。のだが・・・、スタートするやいなや雨。。
そう、雨が降って路面が濡れると、落ち葉や大きな石、階段の丸太や木の根っこ、さらに粘土質の土など、トレイル上のすべての物がツルンツルンに滑って危険この上ないのである。初心者を連れていかなくてよかったぁ。。
結局、標高差約900m、距離およそ12kmのロングトレイルを度胸と根性で走破してきたが、何度も転倒してバイクや服は泥だらけだし、雨でパンツもビショビショ。。しかも体力や障害物をとっさに避ける瞬発力もかなり落ちてたし残念なことだらけ。。(笑)
それでもやっぱりマウンテンバイクはいいね、すっ転んだりびっしょり濡れてもアドレナリンと笑いが絶えないもんね! あー楽しかった♪
f0128018_21243054.jpg

前回の赤城山MTBの日記≫
[PR]
by mm_500 | 2010-11-22 21:19 | アウトドア
ラー油とトマトソースのスパゲッティー・半熟タマゴのせ
食べるラー油ブームの火付け役となった “京都ホテルオークラの食べるラー油” が絶賛されていたのをラジオで聞いて気になっていたら、なんともタイムリーなことに肉ばかオフの日ににたまごんさんがお土産で持参して下さったのです。
で、さっそく気になって味見をしてみましたら 「おいしい・・・♪」
うちの店でもXO醤ベースで揚げたパン粉が入ったザクザク食感のこれと似た味のラー油を使ってますけど、こちらのほうが具だくさんで干エビの風味が強い感じがしますね。
にたまごんさん、なかなか手に入らない逸品を頂戴しましてありがとうございました。

そこで今日は、この食べるラー油を使ったスパゲッティーを作ってみました。
【材料】 玉ねぎ、にんにく、オリーブオイル、カットトマト缶(ピューレでもOK)、ケチャップ(少量)、塩・こしょう、エビ、レタス、水菜、食べるラー油、スパゲッティー、玉子
【作り方】
①にんにく、玉ねぎみじん切り、エビをオリーブオイルて炒め、エビに熱が通ったら皿に移しておく。
②カットトマト、ケチャップを加えてひと煮たたせ。
③半熟タマゴは電子レンジで40~50秒ほど。参照≫
④スパゲッティーを茹でて②のフライパンで絡める。
④皿に盛りつけ、ラー油、レタス、水菜、半熟タマゴをのせて完成!
f0128018_13283687.jpg

うん、味に厚みがあってコレは美味いです♪ 水菜とレタスのしゃきしゃき感もポイント高いです。小ネギを散らすのもありかもですね。
手作りにこだわらないならば、ソースは市販の「カゴメ・基本のトマトソース」でも充分美味しいと思います。ミートソースも合いますが、エビの風味が強いラー油なのでエビやホタテなどの魚介類を加えたほうがイイですね。ぜひぜひお試しあれ!
[PR]
by mm_500 | 2010-11-15 13:32 | 料理・食べもの
「コツコツと自作してました 看板編」
【看板編】
看板の製作は自分でも得意とするところであり、店を知ってもらう上でも非常に大切な部分だから、より気持ちを込めながら作業を進めた。
その前に、この店名になった経緯はというと、まず第一に街中に普通にある蕎麦屋とはまったく違うインパクトがある名前にすべきだと考えたこと。そして第二には、若年層の方に新しい食べ方の蕎麦を知ってもらい、裾野を広げたいと考えたため、若者が反応しそうな店名にしたかったこと。そして他にもこんなキーワードを加味して店名のイメージを作っていったのだ。「初めて食べる味の蕎麦/アンチ正統蕎麦/ケチケチせず、ボリュームを感じる」などなど。


袖看板は屋外用のカッティングシートにボールペンでトレースをつけ、面板に貼りつけた後にカッターで丁寧に切っていくという地味な作業。ちなみにカッティングシートは安い物だと2~3年で色褪せたり割れてきたりするから、専門店で売っているカラーバリエーションも豊富な3Mのものを使用。1m/1,500円と高価
f0128018_0231327.jpg

f0128018_0282624.jpg

パソコンで文字をプリントしてなぞれば、しっかりとした見栄えになる。
f0128018_0285018.jpg




店頭中央に掲げる看板は厚さ5cm、長さ1.7m、重さも約10kgというイチョウの大きな一枚板を彫って作った。しかし銘木とはいってもYahoo!オークションでたった4,700円で買えたのですごくラッキーであった。通常だと数万円とかするみたいだからね・・・
ちなみにイチョウにしたのには、葉の形から 「末ひろがり」 という意味をこめている。
彫刻作業はノミと彫刻刀を使うのだが、これが結構しんどくて彫っても彫っても進まない。。
f0128018_0434136.jpg

ヤスリがけした後にウレタンニスを全体に塗り、文字もウレタン塗料で色をつける。
f0128018_0512744.jpg

字体は即興で書いた直筆。
夜なんて、コレがなかなか渋いんだぜ・・・ (笑)
f0128018_0515540.jpg




そして最後に駐車場脇に立つ巨大な看板にもカッティングシートで。
f0128018_10364.jpg


おかげで信号待ちの車から、看板、店、店主、などなどをめっちゃ見られますねぇ。。
「俺のそば・・・!? 気になる店だなぁ・・・」 と思ってくれれば狙い通りなんだけどね(笑)
[PR]
by mm_500 | 2010-11-12 23:53 | 仕事のこと
消えた・・・
昨夜の続きの 【看板編】 をあともうちょっとという所まで小一時間ずっと書いていたら、アドオンがなんたらで 「インターネットエクスプローラーを閉じます」 というセリフを言い残してプツッと消えおった・・・。死語をあえてひっぱり出すならば 「がびぃーーーん!」 である。。
したがいまして、もう心が折れてしまったので今日は寝る事にします。。
[PR]
by mm_500 | 2010-11-12 00:18 | 日記ブログ
「コツコツと自作してました テーブル編」
店舗の自作工事の続編を今さら綴ってみます(笑)
開店からだいぶ月日が経ってしまったので 「今さら何だ・・・!?」 とツッこまれそうな話ですが、2010年の出来事としてどうしても書き残しておきたかったので 「コツコツと自作してました」 と、過去形にして備忘録を綴ってみることにしました(笑)

「コツコツと自作してます①」
「コツコツと自作してます②」

【テーブル編】
2人掛けのテーブルを並べるにあたり、ベストな通路幅や天板のサイズを図面から割り出してみたら600×750角のテーブルを6台置くのがベストと考えた。ただ、市販品やネット通販で流通している物にはそんな都合のよいサイズは無く、稀にあったとしても1台3万円前後と特注品価格となってしまい6台も買えば20万円近くなってしまう・・・。 しかも色も合わなそうだし。 そこで 「ならば、無ければ作る!」 となる訳だ。。 今思えば開店日が迫っていた中での恐るべしGOサインであった。
f0128018_038540.jpg

木材は長さ4500×幅600×厚25のパイン集成材をカット、脚は2脚にするため2×4材と角材を合わせて設計。金額は材料すべてこれだけで15,000円程度、およそ1/10以下のコストで納まるではないか。。
f0128018_0384953.jpg

お絵かき程度のラフ図と設計図だったが、意外にも早く脚が完成していく。
f0128018_0392074.jpg

寸法ミスのアクシデントで一緒に作業をしてくれた親友等にののしられるも、どうにか完成。天板のウレタンニスは4度塗りという手間のかけよう、今でもピカピカに光っているのが嬉しい。
f0128018_0405072.jpg

完成後はこんな感じ。
f0128018_050559.jpg


ささくれで手をケガしないようにひたすらヤスリ掛けした事と、ガタつきが起きないように組み立て後に足を削ったりしたのが大変でした。でもおかげで店の雰囲気にはぴったりなのが出来ましたし、言わなければお客様も自作と気付かない状態に仕上がっております。
明日は「コツコツと自作してました ②」の【看板編】を。
[PR]
by mm_500 | 2010-11-10 23:54 | 仕事のこと
山ゴハン・餃子鍋
紅葉と秋晴れの雲取山を仲間と歩いてきた。
雲取山(2,017m)というのは東京都の最奥にして最高峰、目立たない山容ながらも秩父多摩山系では盟主的な存在の山。今回は東側の日原林道の最終地点まで車で行き、以前にsizukuさんに案内してもらった巨樹巡りのコースを考えていたのだが、大ダワ林道が斜面崩落により通行止めという事だったので、前回に帰路で下りた唐松谷~ブナ坂~野陣尾根(やじんおね)を往復するコースをとった。
というかこのコース、、なかなかハードな激坂でして、寝不足も起因してたっぷり4時間もかかってしまった・・・
f0128018_22551087.jpg

この日、山歩きのほかにもうひとつ楽しみだったのが、最近ちょっと人気が出てきている様子の 「餃子鍋」。具材と作り方はいたってシンプル、レトルトの鶏白湯スープで白菜と大量のニラを煮込み、そこへ冷凍してきた水餃子を放り込んで味付けはブラックペッパーのみ、それだけ。でもこれが美味しいのなんの♪ ※最後にラー油をポタッとたらしたら、よくある普通の餃子の味になってしまいました。。なのでラー油味はおいしいけど別のスパイスでの楽しみ方を見つけたほうが感激度が高まるかも^^
f0128018_22553273.jpg

日差しは温かいけど風は冷たい、そんな冬枯れの2,000mの山頂でいただく鍋は身も心もポカポカにしてくれる。そしてさらにニンニクとニラが疲れた体にパワーを与えてくれる気がする 「餃子鍋」、コレ山歩きには絶対におすすめかもしれないね♪
カメラを持って行かず、ケータイが途中で電池切れだったのできれいな紅葉の様子がお伝えできなくて残念。。
[PR]
by mm_500 | 2010-11-08 22:54 | アウトドア
肉ばかついでに。 「合羽ステーキ」
ふと検索ワードを見てみましたら、11月のたった4日間で 「合羽橋 合羽ステーキ」 がこんなふうに10位以内を独占しておりまして。。
f0128018_23583747.jpg

きっとテレビで放映されたのでしょうね! でもコレがまた肉ばかにはちょっとナイスなお肉でして。。♪
f0128018_2359551.jpg

お肉は、薄切りの牛肉が可愛らしいキャンディーのような模様で串にささってましてね、さらに問題なのはこの肉の美味しさをさらにパワーアップさせてしまう 「粉」 がついてくるんですよ。 記事はこちらをどうぞ≫「合羽橋でかっぱステーキ」
肉ばかついでに、さらに肉々しいネタをリバイバルさせてみました。

ちなみにこの店で 「かっぱステーキ」 を焼いてません。生肉の状態で販売していて、店では保冷材などを出していないと思いますので遠方からでしたら保冷材などを持参することをおすすめします。
[PR]
by mm_500 | 2010-11-04 23:59