<   2010年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧
北八ヶ岳・テレマークスキーで散歩
信州へ早朝からちょいと。浅間山東麓にアーベントロートがきれいです。
f0128018_22293835.jpg

行先はピラタス蓼科スキー場、ロープウェイ終点から先の北八ヶ岳周辺を3時間ぐらいテレマークスキーで雪山散歩してきました。朝から天気予報は快晴、午後からは雲が広がる予報だったのでテキパキと支度を済ませてひとまず山頂駅へ。
f0128018_22373726.jpg

真っ白な木と会話をしながら歩くような感覚なんですよね~♪
f0128018_2248577.jpg

この空の濃い青さがすごいでしょ、高い山ならではのブルーなんですよ。白樺や雪山のホワイトがすごく映えるコントラストなのですが、なぜか絵で描くとすごく嘘くさくなるのでどうも描けないんですよね。。
f0128018_2238335.jpg

いや~、それにしてもすごく素敵な息抜。気持ちよすぎ…。
f0128018_2253228.jpg

信州に移住したいと思った快晴の北八ッ散策でした☆
[PR]
by mm_500 | 2010-01-30 22:54 | アウトドア
ついに 「とかの」 佐野青竹ラーメン
いや、今日こそは別の話題をと思っていたのですが、ついに待望の佐野青竹ラーメン 「とかの」 に行くことができましたので、しつこいですけど3夜連続のラーメントークを進めて参ります♪(笑)
佐野駅近くにあるこの店、足利に住んでいた16~17年前から出かけては休業、出かけては行列の長さに挫折を繰り返してきた憧れの佐野ラーメンだったんです。
f0128018_21545318.jpg

店についたのは開店10分前、平日だというのにもうすでに15人ほどの小さな行列ができてました。客席が14席しかないので1回転するまでもう30分待つことに。。(寒い…)
いよいよ席に通されラーメン(600円)とギョウザ(400円)を注文。ファンの間ではラーメンはもちろんですが、餃子のファンも絶対に多いと言われるぐらいだから期待が大きいです。
※ちなみにこの店は回転の悪さをいろいろと書かれてたりしますが、ラーメンだけでなくこのギョウザの人気もすごいからです。また、麺は一回ずつ湯を代えてました。こんな丁寧さと味が長くて進まない行列を作ってるんでしょうね^^

そして来ました、ついにとかののラーメンとギョウザとの出逢い♪
f0128018_21554341.jpg

まずはスープを一口、そして麺を。
「きましたねぇ、これ。まさに噂どおり佐野NO1のラーメン…」、「ホントに旨い…」
自分のなかでは佐野ラーNO1である 「おやじの店」 と同じくらい旨い。ほんと佐野ラーメンは薄味なので繊細な味の違いで各店の優劣がつきます。劣といってもそこら辺の街では絶対人気店になるポテンシャルを持ってますから佐野ラーメンは本当にすごいんであります。

そしてギョウザ。多少のギョウザには驚きませんが、この店のには正直驚きました。
何しろひとつひとつが大きく、しかも具と肉汁がはちきれそうな勢いで膨らんでいるんです。これじゃ確かに全員並んででも食べるゎ。。 
百聞は一見にしかず。電車でも車でもささっと行けますからぜひ出かけてみて下さい。おすすめです。

「とかの」(栃木県佐野市)★★★★★★★★★☆
住所 : 佐野市相生町2831
時間 : 11:30~完売 ※だいたい14:00頃 月木定休
駐車場 : 店から西(駅方向)50m先に8台ほど

[PR]
by mm_500 | 2010-01-29 21:59 | ラーメン
エビとそら豆ソース・緑のスパゲティー
f0128018_22263268.jpg
旬にはひと足早いけど、スーパーでそら豆が並び始めたので買ってきました。 以前に緑色のボンゴレヴェルデを作ったときに話した 「そら豆ソース」 をどうしても作ってみたくなりましてね^^
具にはアサリをと思ったのですがあいにく売り切れ。その横でむきえびが半額になってたので迷わず買ってきました。 ということで、春先取りの 「エビとそら豆ソースのスパゲッティー」 に挑戦です。

材料:
そら豆(鞘から出した状態80g)、塩、オリーブオイル、ニンニク少々、玉ねぎ1/4、むきエビ4匹、白ワイン、粉チーズ20g、牛乳100cc、できればホイップクリームも。

作り方:
①エビにブラックペッパーをふってしばらく置いておく。
②そら豆を鞘から出して5~6分塩茹でする。※湯はパスタを茹でるのでそのまま残す
③フライパンにオリーブオイルを敷き、ニンニク、玉ねぎを炒める。
④エビを軽く炒めながら白ワインをふり、アルコールを飛ばした後、エビだけ他の皿などに除けておく。
⑤パスタを茹でる。
⑥ミキサーに③の玉ねぎ、①のそら豆の皮を取ったもの、粉チーズ、牛乳を入れてミキシングする。
⑦フライパンに茹でたパスタ、⑤のソースを流し込み軽く加熱。塩・コショウで調味。
⑧皿に盛り付け、エビをのせたら完成!
f0128018_22271135.jpg

うわ~ パスタが薄い緑色というのは違和感ありますけど、しっかりコクがあって冗談抜きでこれウマいゎ…。ちょっとばかり下ごしらえに手間がかかりますけど、そら豆の旬の季節が来ましたらぜひ参考にしてみて下さい。

※クックパッドにもそら豆ソースの掲載はゼロ、検索サイトで探してもレシピはほとんど見当たりませんでした(笑)
※生クリーム、牛乳、豆乳、なんでもイケそうですが、入れ過ぎるとそら豆の風味を消してしまうので控え目がいいと思います。
※コンソメをどこかのタイミングで加えてもいいかもです。
[PR]
by mm_500 | 2010-01-26 22:29 | 料理・食べもの
世界一周旅行が99万円~ですって
f0128018_21472412.jpg

世界の港から港へと、86日間の船での世界一周旅行がなんと99万円からですって。
東南アジアを抜けてインド洋を西へ、中近東からはスエズ運河を経て地中海とヨーロッパ。そして大西洋を渡り南米ペルーとパナマ運河を通りながらイースター島~タヒチなど赤道と北回帰線辺りをぐるっと巡る旅のようです。スケジュールを見る限りではほとんどタッチ&ゴーの寄港みたいですけどね…
ただこの最安の料金パターンだと見知らぬ4人と窓もない超エコノミーな船室で86日も過ごさなくてはいけない訳ですが、夢のまた夢であった世界一周旅行がこの値段で経験できるのなら嬉しいですよね。

「ピースボート 世界一周の船旅」
http://www.pbcruise.jp/cruiseList/plan71/index.html
[PR]
by mm_500 | 2010-01-25 21:52 | アウトドア
「詩人と私」
f0128018_22112821.jpgその昔に合唱コンクールで歌った曲を、鼻歌で検索するサイトで探してみたら出てきた。「詩人と私」、そうそうそんな題名だったよな。
タイトルは忘れてもメロディーってしっかり覚えているもんですね♪ オルゴールやBGMで使われるような歌詞のないピアノの音楽でしたが、全員ハミングで歌った曲です。
いいなぁ~♪ 懐かしくてたまりません。

詩人と私(The poet and I) : Frank Mills(カナダ)

YouTube≫ 詩人と私
[PR]
by mm_500 | 2010-01-24 21:30 | 音楽
ラテアート@ひさしぶり
ここ1年以上エスプレッソマシーンを触ってなかったのだが、今日ちょっとだけ研修会を兼ねてカフェラテを作るチャンスがあったのですごくひさしぶりにラテアートに挑戦してみたのである。
上手にハートやリーフを描くには、まずエスプレッソコーヒーがしっかり抽出される事とフォームドミルク (絹のような泡状ミルク) がしっかり作れることが大前提。そして最大の決め手はカップに注ぐ際のテクニカルな技。ラテアート大会に出場が決まっている後輩が 「慌てないで、あーやってこーやって落ち着いてやってみて下さい」 の一言で突然出来てしまったよ、ホレ…♪
f0128018_22205439.jpg

「これはブログアップですね!」 と後輩I君。 なははは!そうとも、とりあえずは1年のブランクの割にはあまりにも上手くいきすぎたので載せることにしよう(笑) もしかしたらこれがラテアートの最後の作品になるかもしれないけど^^

前回の日記≫
[PR]
by mm_500 | 2010-01-23 22:22 | 仕事のこと
「JAL」 への雑感
日本航空 (JAL) が破たんだなんて本当に信じがたい昨今ですね。。
経済成長やバブルの時代から常に人気企業のトップを走ってきた 「花型のような会社」 だったはずなのに実態はこんな困窮してたなんて思ってもみませんでした。。
航空会社NO1のプライドで赤字でも飛行機を飛ばし続け、いつかは政府や官僚が救ってくれるだろうという甘い考えが破たんを招いたとされますが、国との癒着や企業体質などその実態を知れば知るほど 「政府依存」 という感じがしてすごく残念ですね…。

でもそのJAL、一方ではこの狭い島国・日本から世界の見知らぬ街へ飛びたつ夢をどれだけ大勢の人に与え続けてきたことでしょう。きっとそこで働いていたパイロットやキャビンアテンダントは 「乗客に夢と安全を」 と常にそんな想いで空での仕事を守ってきたはずでしょうに。
そんなニュースの折、あの名ラジオ番組である 「ジェットストリーム」 を思い出してました。その昔に、仕事で疲れながら家路に向かう車のラジオで、言葉と音楽だけなのになぜか旅先の風景や人の表情などが空想できて広がってくるんですよね。
そしていつかはこんなジャンボジェットで空を旅するゆとりや、見知らぬ海外の街へ出かけてみたいなという夢を描いたりしながら聴いていたものです。


折れてしまった翼のダメージは大きいけれど、またいつか人々の夢をのせて大空に飛んでいく大きな翼になってもらいたい。そんなことを思った。
[PR]
by mm_500 | 2010-01-21 23:30 | 日記ブログ
そういえば超高層ビルのこと
f0128018_22374015.jpg

今月4日に世界一の超高層ビルがドバイに完成してましたね。「ブルジュ・ハリファ」 その高さ828mですってよ、どんだけ高いのでしょうね…。それまで世界一だった台湾の「台北101」を一気に300mも超えてしまった訳ですから超高層ビル競争が好きなアジア、北米のビル主も愕然としたことでしょうね。。
ただ驚くのはまだ早いです…、2016年にはクウェートで1001m、そして同じくドバイでもブルジュハリファのライバルみたいな会社が1,400mの「ナキール・タワー」を、しまいにはサウジアラビアで1,600mのハイパータワーを計画中なんだとか…。ここまで来ると中東の皆さん、どうぞ勝手にやって下さいという感じですね(笑)
たしかに超高層ビルというのは高経済の象徴かもしれませんが、そこへいくと負けず嫌いな中国、香港あたりの大富豪もまた2,000mぐらいの計画で闘いを挑んじゃう気もしないでもないですね。こうなっちゃうともう、あまりにもバカ過ぎて手がつけられませんね…(笑)
でもドバイって、機会があれば生きてる間に一度は出かけてみたいですね。そもそも何しに行く場所かよくわかってないですけど(笑)
f0128018_22393190.jpg

ちなみに日本では墨田区に建設中の東京スカイツリーが270mを超えました。ビルじゃなくて電波塔ですが完成すると634mでブルジュに次いで世界第2位の高さの建造物になる予定なんですって。
自然が大好きですけど、なぜかプチ超高層ビルマニアな一面も兼ね備えた物好き日記でした。。w
[PR]
by mm_500 | 2010-01-20 22:38 | 日記ブログ
群馬マイナーグルメ情報 vol.15 「永井食堂のもつ煮」
群馬県民や近距離トラックの運転手に 「安くて早くておいしくて、しかもガッツリ量がある食べ物はな~んだ?」 と質問したらたぶんこの渋川市(旧子持村)の 「永井食堂」 が3位以内に入り込んで来るであろう。それだけ県内はもとより県外にも評判の店だ。
f0128018_2237462.jpg

店は弧線状に一列の長いカウンター、座ると背中側がすべて入口という感じの面白い作りである。定番メニューのもつ煮定食は580円でほとんどのお客がこれを頼む訳だが、威勢のいいお姉さんが「ご飯は半ライスでいいね!!!?」と強烈な口調で言ってくる(笑)
知らずに「いや普通で…」などと言おうものならマンガみたいな盛り方のご飯が出てきてしまうから要注意なのだ。女性なら「1/3で」とか、「半ライスより少なめで」 と注文したほうがよさそう。 しかもこのご飯がコシヒカリなので米だけでも十分美味い。
そして主役のもつ煮、今では世間のもつ煮のレベルが上がってきてるので味自体は普通っていえば普通なんだが、あれだけお客でごった返す大量のもつをすべて下準備している手間や、味や煮込み具合もやっぱり見事。そしてこの値段であの品質・ボリュームの料理が出てくるのが行列するんだと思う。
ちなみにもつ煮の他にも320円のラーメンや納豆定食、目玉焼き定食など長距離ドライバーのためのようなメニューもある。

場所は渋川から沼田へ向かっていく国道17号沿い左側、トラックが何台もとめられる巨大な駐車場があるのが目印。営業時間は一応あるものの、仕込みが無くなり次第終了なのでほとんどあってないような感じ、お土産用のレトルトもつ煮を買うか、早い時間に出かけるのが賢明であろう。


住所 : 群馬県渋川市上白井4477-1
時間 : 平日9:30~19:30 
    ※土曜9:30~14:00、日曜10:00~18:00は土産用の販売のみ
地図 :

[PR]
by mm_500 | 2010-01-19 22:37 | 群馬のおいしいモノ
赤坂 「オー・バカナル」 のクロックムッシュ
東京・千代田区紀尾井町のホテルオークラにある「AUX BACCHANALES(オー・バカナル)」までクロックムッシュを食べに出かけました。ヨーロッパにいるかのような店構えも風格があります。それもそのはずですよね、世界からVIPな方々が日本に来て泊まるような土地柄なんですから^^
f0128018_021155.jpg

こちらのクロックムッシュはというと、メニューには“ハム&チーズのホットサンド”とやたらとシンプルなキャプションが添えられておりますが、何を隠そう「世界でも指折りのクロックムッシュ」と称賛されているのであります。まずはほら、どうでしょうこのビジュアル…。
f0128018_2350969.jpg

10cm角ほどの小ぶりなホテルオークラの角パンに手製のベシャメルとやや塩味が強いハム、薄切りなのにすごくハムの味を主張してきます。そしてチーズは焼いた表面の焦げ具合からして“グリュイエルチーズ”がメインのようですけど(たぶん…)、もちろん何種類かのチーズを混ぜて作っていて酸味が結構強いのが印象的です。
赤坂店にはブランジュリー(ベーカリー)も併設しておりますが、クロックムッシュ(700円)はテーブルオーダーでないと注文はできません。 ちなみにお隣の外人さんが注文していた「オムレツ」も強烈に美味しそうでしたけど♪

※ただ残念なことに、ホテルオークラのスタッフともある人達の仕事のレベルにかなり問題大有りでしたね…。
大勢スタッフがいるのに最後まで水が出て来なかった事や、隣のテーブルをいつまでも片付けないこと、カウンターごしのスタッフ達の私語が多くてしかも 「~じゃん」 などという稚拙な会話ばかりだったことなどなど… 正直言ってこの日のサービスクオリティーはコンビニ店員以下…。 ここはホテルオークラですよね、いつもこうなのですか!? 世界に恥じないクロックムッシュが泣いているぞ…! って、そんなことを思ってしまいました。。
いつか伺う日まで、以上の点が改善されていることを望みます。

「AUX BACCHANALES(オー・バカナル)」HP≫
住所 : 東京都千代田区紀尾井町4-1 新紀尾井町ビル1F
時間 : 10:00~23:00

[PR]
by mm_500 | 2010-01-18 22:50 | 料理・食べもの