「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
2009年を振り返って。
あと1時間で今年も終わりです。
毎年のことですけど大晦日の夜って何かやっぱり感慨深いものがありますね。今年は本厄だったというのに年初から厄除けにも行かず、どうにかそのまま無事に一年を過ごすことができました(笑)
そこで自分なりに2009年を振りかえって総決算を。

「高校生からずっと続けてきた自分の会社が、経営統合により無くなったこと」
これがいちばんの出来事だったでしたかね…。去年からの延長線だったのでわかってはいましたけど、やっぱり気持ちの上ではすごく痛い出来事でした。。仕事そのものや店もそのまま残ってますけど、それならイイという話じゃないんですよね、自分としては。。

「娘の登校復帰」
些細な同級生とのいざこざから登校拒否になっていた中2の娘が、約5ヶ月間の不登校を経て3月に学校へ行き始めてくれた。自分から学校に行くと言って勇気をだして登校して行った日に嬉しくておれは涙が止まりませんでした。

「禁煙」
3月の母親の命日、潔く最後のたばこを墓前に置いてやめた。25年間もずっと愛してきた“たばこ”という相棒との決別。でもこれは寂しいことではなくて、自分にとってはすごくプラスな事なんだと今になってすごく思えるのです。

この他にも「知人の母の死」、「北岳への山旅」が続きます。
ホント、肝心なことは日記には書きませんでしたけど、いろんな事がありました。

悪い流れはここですべて断ち切って、良いことはもっと良くなるよう、2010年は色んな意味でスタートの年になるといいなって思います。すべては自分次第だと思っています。

今年一年、色々とお世話になりましてありがとうございました。
来年は皆さまがもっといい年になりますよう、そんな事を願いながら静かに新年を迎えたいと思います!

それでは良い正月を!
f0128018_23182067.jpg

[PR]
by mm_500 | 2009-12-31 23:03 | 日記ブログ
ツインピークス!? 西上州・二子山
この年末に大掃除もしないで山だと!? はい、すみません…。この忙しいのに山を歩いてました(笑)
今年は29日も大晦日にも仕事が入ったので年末の一日ぐらい遊ばせてくれよと、そんな想いで朝早くから山へ逃避させていただいたのだ。
今年最後の山歩き、向かった先は埼玉と群馬の県境に位置し西上州と奥秩父とも境界をなす「二子山(1,166m)」という岩壁の双耳峰。今回はただのまったり登山道ではなくてちょっとスリリングな岩山登りがしたくなったのでこの山を選んだのだ。
この山は双耳峰という呼び名どおり、東と西にそれぞれ150mほどの急峻な岩のピークが立っており麓の集落から見上げてもなかなかインパクトがある断崖絶壁なのだ。
f0128018_2351549.jpg

埼玉側の登山口からは標高差500mほどを70分ぐらい歩けばまず最初の東岳のピークにたどりつける。1ヶ所だけクサリにつかまりながら慎重に崖を横切る場所があるので気をつけたい。
東岳からは来た道を戻り、今度は反対側の西岳へのチャレンジとなる。
西岳へは上級者コースと初級者コースと二つのコースがあり、上級者コースは目の前の垂直に近い岩壁をそのまま直登するコースとなっている。しかもこのコース…「事故防止のため私財を投じてクサリを設置しましたが、評判が悪いため撤去させていただきました」と書いてある…。
実際に崖をよじ登って進んでみると「マジかよ…」というような危険な場所でも本当にクサリなどの安全確保できるものは一切無い。正直、北アルプスの難所のほうがまだ安全な気がしたぐらいだ。さすがにおれもこの岩場でのフリークライミング状態には身の危険を感じてしまったので途中から引き返して初級者コースに退却してしまった。。笑
アウトドアにおいては足を滑らせて大ケガしようが転落して死のうがすべて登山者の自己責任になるのだけれど、このコースは一応上級者コースとは書いてあっても一般登山道として認めていいのか疑問に思うほど危険だなと感じてしまいました。。 初級者は絶対に近寄らないほうが無難です。
f0128018_235397.jpg

と、まぁ…。ビビるくらい必要以上のスリルを味わった訳だが、山頂では冬晴れのポカポカ陽気に包まれながらコーヒーを淹れてまったり。目の前には春に登った両神山が要塞のように大きく並んでいて大パノラマだが、麓の集落の有線放送が山頂まで聞こえたりと急峻ながらも人里が近い温かな山なんだなと感じる。
食事は年末っぽく赤いきつね(笑)薄いピンクの夕暮れ色と青のグラデーションが連なる秩父の山並みもきれいであった。
f0128018_23102638.jpg

帰りは県境を東になぞるように城峰山まで30kmほどの林道ドライブ。途中皆野町で温泉に寄りながら今年最後のオフをアウトドアで楽しみながら結んでみた^^
f0128018_11194713.jpg



山関係のMEMO

「2009年の山歩き」
・奥多摩/川苔山
・新緑の両神山
・GW 尾瀬沼へ弾丸登山
・奥秩父・金峰山
・北岳
・八ヶ岳、近くていい山
・奥多摩カロー谷へ
・谷川連峰蓬峠でシルバーウィーク
・紅葉の穂高涸沢にて
・二子山

「山岳事故・ニュース」
・GW尾瀬沼にて男性遭難
・トムラウシ大量遭難
・穂高救助ヘリ墜落
・韓国岳 小5遭難
・片山右京パーティー、富士山にて遭難

「その他」
・映画「劔岳 点の記」公開
[PR]
by mm_500 | 2009-12-30 23:15 | アウトドア
新宿でモノマネショー
先週のイブイブの日は「新宿」におりました。
f0128018_21444187.jpg

さすがは東京が世界に誇るスーパー繁華街、ものすごい人の数でございました。。
で、出かけた先はここ。「新宿 そっくり館 キサラ」
ものまねタレント軍団が80人も所属していて爆笑ステージを楽しませてくれるビュッフェスタイルのパブなのであります。
f0128018_21463471.jpg

中にはテレビでよく見かけるものまね芸人も出演してたりします。といいますか、どのタレントさんもさすがプロであり、やや芸のためなら自分も捨ててらっしゃるのでお客さんはひたすら笑いっぱなしでしたよ。
※当日はなぜか「間違いない!」の長井秀和・本人が登場してました。が…、彼はまだプライドを捨てきれていないのでしょうね… 残念すぎてとても笑えないステージとなってました…。
ときにお酒を飲みながら爆笑したい夜ならば、この店はおすすめです。
ちなみに余談ですが、わたくしmasaもじつはモノマネは得意なのであります…(笑)

あっ、余談をもうひとつ。昨日テレビで放映されていたものまねグランプリ決勝でコロッケに1票差で負けてしまった青木隆治というタレント。この人はスゴイ!
超新星の登場でしたねぇ、この美空ひばりのものまねなんて鳥肌モノです。

[PR]
by mm_500 | 2009-12-28 21:58 | 日記ブログ
年末のオークションにて
f0128018_22231334.jpgYahoo!オークションをときどき利用しますけど、例えばこんなセンスのいい包みで品物が届いたりすると嬉しいですよね。包装もちょっとした気持ちだなって思います。
中身はホームページビルダー。正月休みを使いながらこつこつと「新・一期一絵」を作り上げようと目論み中なのであります^^
[PR]
by mm_500 | 2009-12-27 22:23 | 日記ブログ
映画に雑感。
見てしまいましたよ「The 4th Kind」 なかなかヤバいですね、この映画。。
f0128018_2349511.jpg

SFホラーというよりもむしろ強烈なX-FILEみたいな、超タチの悪いサスペンスって感じですけど、事実の衝撃映像を入れてるし続編の予定もなく変な余韻を残したまま映画が終わってるのがすごく始末悪いです。。
地球外生物、もしくは未確認飛行物体の存在ってにわかに信じてますけど、こんなオカルトで恐怖っぽいイメージで遭遇しちゃうんでしょうかね。。 ちなみに、この映画を見た大槻教授のブログには笑えますけど…w
なんにせよ、関わった警察や学者などもこの映画への関与を拒否してるみたいだし、色んな映画で強い女を演じてきた主演のミラ・ジョヴォヴォチも別人みたいに恐怖におののくキャラクターになってるから、製作に関してはいろんなタブーもあるんでしょうね。。
静かな展開ながら、なかなか強烈な映画なので興味のある人は見てみて^

ところで今夜、テレビでは「ラスト・サムライ」を放映していた。大いに泣けた。。
「硫黄島からの手紙」もそうだけど、なぜ外国人監督が作る日本の歴史のストーリーのが泣けるのであろうか。。。 日本の映画監督… これでいいのか!?
[PR]
by mm_500 | 2009-12-26 00:25 | 映画
合羽橋でかっぱステーキ
クリスマスイブだけど、街の喧騒などよそに今夜も地味に食べ物レポートなど…(笑)
料理道具の店がずらりと並ぶ台東区合羽橋。そこから一本入った路地を歩くこと7~8分、この界隈で人気の「かっぱステーキ」なるものがある。西浅草や合羽橋周辺に在住の人達なら誰でも知っているらしいのだが、こんな局地的人気な食べ物って地元在住の人からたまたま聞くことがない限り知る事すらないだろうなって感じの超B級タベモノ。。
f0128018_21203593.jpg

販売しているのは「肉のさがみ屋」というお肉屋さん。
で、はたしてその「かっぱステーキ」の正体とは…!?
薄切りの牛肉の赤身と脂身をぐるぐる巻きにして串に刺してあり、河童の甲羅をイメージしているんだとか。ちなみに、てっきり焼いたモノを売ってるんだろうと思いきや、普通のお肉屋さんなので生肉状態で販売される^^
f0128018_212112.jpg

ともあれ、まずは持ち帰って焼いてみた。
自動的に付いてくるステーキスパイス(←実はコイツがすごい)をかけて両面焼きにして、しょう油をほんの少~しだけつけて食べてみると「おっ!!! これは旨~い…!」 お肉がびっくりするほど柔らかくて風味も絶妙、あのステーキスパイスなる粉が力を発揮してるのだ。
f0128018_2125017.jpg

焼いてしまうと見た目はどうしても普通の肉っぽくなってしまうが、かなり旨味のあるお肉だったような気がする。
地味に隠れたB級グルメだけど気になる人は合羽橋まで小型クーラーと保冷材持参で買いに来てみたらいかがだろう。その見た目の面白さとインパクト、そして牛肉の旨味にびっくりするのは必至だから♪

「肉のさがみ屋」 地図≫
住所 : 東京都台東区松が谷2-31-10
時間 : 9:00~20:00 日・祝日休み
※通販もしているようです http://www.tctv.ne.jp/kappa/ren/index.htm
[PR]
by mm_500 | 2009-12-24 21:35 | 料理・食べもの
青梅~比企でプチオフ会 後編
「吾野の山奥にあるうどん屋さんなんだけどね、すごく古い建物で趣きのある店なの。昔はお婆さんがうどんを作ってたんだけど、今はお孫さんにあたる若い店主が少しずつ手を加えながら店を受け継いでるの」
青梅散策のあと、そんな風にsizukuさんが目をきらきらさせて言う店は飯能から国道299号を秩父方面に進み、子の権現(ねのごんげん)に向かう、マジ!? こんなところに店があるの?というような細い山道を登りつめたいちばん奥にある 「浅見茶屋」 というひなびたうどん屋さん。(写真クリックで大きく♪)
f0128018_2148632.jpg

どうです、素敵なたたずまいでしょ。
着いて車のドアを開けた瞬間に薪ストーブの煙の匂いがしたり、何十年も大切に使われたような家具やガラス戸がぴかぴかに光ってたり、囲炉裏やいろんな古い道具までもがまだまだ現役のように随所に置かれていたり。
同じ埼玉で近場なのに「どこか遠くに旅してきた感じ」というkanさんの言葉どおり、ロケーションも時間軸もすごく遠い場所へ移動してきた気がするのです。
もちろんうどんも美味しかったですよ。この辺りだと武蔵野うどんや秩父のずりあげうどんといった地場のうどんがありますけど、釜揚げ、ぶっかけという言葉がメニューに出てくるということはルーツが讃岐なのかな?なんて想像してみたりしました。まぁうんちくはともかく、注文したのはきつねうどん(850円)でしたが2日間も煮込んだ油揚げがとにかくいい味でしたよ♪
sizukuさん曰く「冷たいうどんが美味しいのよ」でしたが、さすがに寒波で広い店内は永遠に冷え冷えの状態っぽかったから、夏に食べます!ってことにしました(笑)
このお店、本当に気に入ってしまったのでまた出かけてみたいと思いました。

「浅見茶屋」
住所 : 埼玉県飯能市坂石1050 地図≫
時間 : 11:00~16:00 水定休


そして3人は食後のコーヒーをまたまたノスタルジックな場所で過ごしましょうということで、時々このブログにもコメントを書いて下さる“むじなさん”も近場にお住まいなのでお誘いに出向きながら越生へ向かうことにしました。
f0128018_22394825.jpgしかしむじなさん、年末の庭の手入れで忙しいらしくカフェは断念。。 自宅で育てた金柑とゆず、キウイをどっさり土産に持たせてくれました。ありがとうございました、この場を借りてお礼を^^
それにしましても「庭木の手入れで忙しい」なんてすごく羨ましい言葉ですね。一度でいいから言ってみたいと思いました♪(笑)


ということで陽もだんだん傾いてきたころ、今年の新年会を行った薪ストーブのカフェ「月木舎」に3人で出かけてみました。およそ1年ぶりですけど相変わらずノスタルジックで怪しくて、そして素敵な雰囲気を醸し出してます^^
f0128018_21493654.jpg

メニューが3倍ぐらいに増えてましたね。おれはホワイトソースとチーズとポテトを焼いた「じゃがいものオープンサンド(500円)」、お二人は「かぼちゃの焼きプリン」、「くるみとバニラのプリン」をそれぞれチョイして、みんなでちょこっとずつシェアしていただきました。 ちなみにこのカフェでの雑談では「masaさんがこんなカフェを開業できるように物件をみんなで探そう…」みたいな話が出ました(笑)
いいですね~、ちゃんと生活と両立できるカフェっていつか経営してみたいですけど、こういった田舎か山奥のロケーションでとなるとよほど繁盛するか元手が潤沢じゃないと厳しいかもしれませんね。。 でもそんな夢はあきらめずにいきたいですよね、コーヒー業界のキャリア25年の知恵と分析を使って緻密に計画を練りたいと思ってますよ(笑)

いよいよ夜になりましたので忘年会もこの辺で終わりですね、すごく楽しかった♪ みなさん家族が待つ家に帰っていきます。
次回もまたこんな非日常のなかで「夏への扉」へ行きましょう! そしてそれぞれ、kanさんとはスキーですかね^^、sizukuさんは来年も奥多摩へのエスコートよろしくお願いします。
そんな近い日をお互いに約束しながら家路につきました。


sizukuさんのホームページ≫ 「風に吹かれて」
自然を愛でる女性らしい感性と、気持や言葉の深さと広さに惹かれます。読めば読むほどsizukuさんの言葉の魅力に吸い込まれる奥深いサイトです。

kanさんHP≫ 「Into The Field」
ロードバイクとテレマークスキーのアクティブさと、繊細な里山や古い車のイラストなど、多趣味でそれぞれ深い世界がのぞける素晴らしいホームページです。

むじなさんHP≫ 「高野倉そぞろ歩き」
埼玉の街にほど近い鳩山町・高野倉の里山から夏のホタルや夕日のきれいな景色を伝えているホームページ。写真や言葉よりもむじなさん本人のキャラクターそのものが面白くて素敵なのです。
[PR]
by mm_500 | 2009-12-20 22:07 | アウトドア
青梅~比企でプチオフ会 前編
アウトドア関連のホームページでのつながりでもう何年もお付き合いをさせていただいているsizukuさんが、ご自身がお住まいの青梅の街にすごく素敵なカフェを見つけてくれたもんだから、事前にこの店の名前のルーツとなる小説を読んでみてさらに余計に気に入ってしまったためいつか出かけてみたいな~と考えていたのです。
ということで、この辺りにも詳しくて飯能の奥の吾野にある古民家のうどん屋にも訪れてみたいと聞いていた“Into The Firld” のkanさんもご一緒して、3名で「青梅~吾野~越生・忘年会みたいなオフ会」を行ったのであります^^

f0128018_2227157.jpg

まずはその気になるカフェが開店するまで、青梅の街を軽く散策。
昭和の頃に映画館に描かれていたペイントを描く方が青梅出身であるため青梅街道沿いにはこんなレトロな映画の看板があちこちに掲げられているんです。また赤塚不二夫も青梅に由縁があるようで天才バカボンの作品もあちこちに目立ってます。
昭和の夜の街をジオラマで再現させた「昭和幻燈館」も面倒くさいほどリアルで細かくて、細かいクラフト作業に目がないkanさんもおれも脱帽してしまうほどのマニアックさ…。少年のような目で熱心に見入っていました(笑)
f0128018_22363653.jpg

そしてさらに青梅の街じゅうが「猫」をアピールしています。街道にも裏路地にも猫のオブジェやアートがたくさん描かれて飾られているんです。街そのものがアート展示場という感じです。
f0128018_2244235.jpg

f0128018_2244591.jpg

f0128018_22452928.jpg

ほら、なかなかセンス良くないですか?

そしてこの日、その素敵なカフェはというと気まぐれにも臨時休業でした。。
f0128018_2044446.jpg

まぁ、こういうのは「気長」に待てばいいんです。近いうちにまた出かけてみましょうかね♪


睡魔がやってきてしまったので文章も中途半端なまま前編終了でした、スミマセン。。
明日また前編の書き足し作業と後編を書きたいと思います。
[PR]
by mm_500 | 2009-12-19 23:14 | アウトドア
東十条の 「とんかつ みのや」
東十条にある「みのや」に初めて足を運んできた♪
強烈なコストパフォーマンスで有名なのはずっと以前から知っていたのだが、過去何度か臨時休業などでフラれちゃって「帰り道だし、駅からも近いからいつでも行ける…」なんて思ってたら何年も経っちゃってね。。ともあれ、まずはこの店のメニューをご覧いただきましょう。
f0128018_23513361.jpg

とんかつ定食500円、エビフライ定食450円、メンチカツ定食450円、ビフテキ定食700円… などという文字まで読み取れるでしょうか。「え~っ!?」ってなりますよね(笑)
そしてひとまずは定番のとんかつ定食を頼んだのだが、ゴハンは皿にしっかりとやや大盛り、そして丼に注がれた豚汁がついてくる。
f0128018_2352385.jpg

「定食から200円引いた金額が単品料金」ということなので、豚汁ナシだと定食が350円だけって訳だからホントにCPは凄いっすね。。 一緒に出かけた食いしん坊の後輩K氏も「あれだけの豚汁が付くのがスゴイっす」と、かなり高感度でした(笑) もちろんおれも途中下車してリピートするだけの価値があるなと思った店です。

「とんかつ店 みのや」
住所 : 東京都北区中十条3-17-4
    京浜東北線「東十条駅」北改札西口から階段あがってすぐ。
時間 : 11:00から100食、17:00から100食(と書いてありました^^)日休
[PR]
by mm_500 | 2009-12-18 23:22 | 料理・食べもの
もんじゃ大木屋2009
いやいやいや~、本年3度目となる日暮里・大木屋さん。
この店ほど、おやっさんが出してくれる料理に胸をときめかせ、五感を研ぎすまし、テンションが上がり、焼けるのをまだかまだかと待ちわび…。そして口に入れた瞬間にこれほど悦に浸れる店はないでしょう。。。
f0128018_20472784.jpg

お連れした後輩のみなさん、次から次に出てくる衝撃の品に興奮のるつぼ! まさに都会の片隅で繰り広げられる“鉄板エンターテイメント”
イイ仕事仲間たちと、イイ2009年の終わり方が出来たのかもしれないね。
[PR]
by mm_500 | 2009-12-17 20:48 | 料理・食べもの