<   2009年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧
お隣り、にぎわう川越の街を散策してみる
f0128018_22292527.jpg
先週末は川越まで自転車で散策に出かけたんですけど、とにかく人、人、人で 「原宿か!?」 っていうぐらい大変なことになってましたねぇ。。 NHKの大河ドラマ 「つばさ」 でしたっけ、ロケ地パワーってすごいですね。
といいますか、埼玉の街って東京のベッドタウンとして人口だけが増えている街が多いんですけど、こんな川越の街みたいにしっかりとした歴史と由緒がある街って大好きです。 再来週の川越まつりも目前、こんなふうに近隣の街が活気づくのっていいですよね^^
※ちなみによく 「小江戸」 とか 「小京都」 とかいいますけど、あの言い方って嫌ですね…。その街の古くからの姿じゃないですか、江戸でも京都でもないっつーの。。 だいたい江戸の姿が、今東京のどこにあるっつーの・・・!?
[PR]
by mm_500 | 2009-09-29 22:36 | 日記ブログ
案山子
「秋空や 稲穂に映える 案山子かな」 なーんてね^^
カカシ、気にして探してみると最近の田んぼではなかなか出会えないもんなんですよ。
いつもならスピードをだして通り過ぎてしまう田んぼ道も、こんなレアな探し物をしながら走ったりすると楽しいもので運転中に遠目に 「ん!? カカシかな・・」 なんて目をこらしてみたりしてました(笑)
f0128018_2227949.jpg

みんな不細工だけど、バックが青空だからなんだかイイ表情に見えますね~。 稲刈りまでもう少しだよ、収穫前の重要任務。スズメにナメられないように最後までがんばってね!
[PR]
by mm_500 | 2009-09-28 22:27 | アウトドア
タコス願望…
年に1回ぐらい無性にタコスが食べたくなる事がある。 そしてまさに今日がその日だった(笑)
さてさて自分で材料を買ってきて作ろうか、それともどこか美味しそうな店を探そうかなどと思いながらパソコンで検索をかけてみるが、埼玉にはメキシコ料理の店がほとんど無いことを知る…。 それでも根気よく探してみたら浦和に 「カサ・デ・ラファ」 という店がヒット、場所も浦和駅西口から近いので早速行ってみることにした。
f0128018_2314428.jpg

ロイヤルパインズの裏通り、玉蔵院の前にこの店はあり、店内の雰囲気良し、スタッフの接客も良し。そして 「牛挽肉のタコス(1000円)」 と 「ポークのタコス・チポートレソース(1100円)」 2種類のタコスをオーダーしたが、牛挽肉には油で揚げてカリッとしたハードシェルタイプのトルティーヤが、そしてポークにはソフトなコーントルティーヤが3枚ずつつく。食べ比べてみるとなるほど、肉の味によってトルティーヤの相性も違うのである。 ※トルティーヤは他にも鶏肉や野菜と合いそうなコーンフラワーという薄いパンに近いソフトタイプもあり、どれも1枚60円で追加できる。
いや~、しっかりタコス願望が満たされた。。 しかも突然の衝動からいきなりこんな本格的で美味しい店に出会えてよかった^^

f0128018_23522169.jpgあ、書き忘れた・・。じつはタコスの他にもモレソースというソースがかかったトルティーヤサンドも食べてみたのだが、この黒茶色したモレソースがとにかく異国テイスト全開で・・・。材料はチョコレート(カカオ)、唐辛子、にんにく、ナッツなど30種類ほど。甘味噌ソースといえば少し似てるが、同行者も 「初めての味だ・・」 と一歩退いていた。。


メキシコの家庭料理 「カサ・デ・ラファ」 食べログ≫
住所 : 埼玉県さいたま市浦和区仲町2-2-6
時間 : 11:00~15:00 17:00~23:00 (火休)
[PR]
by mm_500 | 2009-09-27 23:34 | 料理・食べもの
わさびとバターしょう油で超うまスパゲッティー
しょう油、バター、わさび、この3つがすごく相性がいいのは知っていましたが、ホタテときのこを使ってすごく美味しいスパゲッティーが出来ました。。
【材料】・・・1人分
バター(大1)、にんにく(スライス2枚)、ホタテ(2個)、ぶなしめじ(10本程)、白ワイン(少々)、パスタ、ダシ汁(1/2カップ)、しょう油(大1)、わさび(大2/3)、きざみ海苔
f0128018_16354913.jpg

【作り方】
・ダシ汁にしょう油とわさびを加えて混ぜておく。
・たっぷりの水に塩を入れ、パスタを茹でる。
・フライパンでバターを溶かし、にんにくを軽くソテー。香りだけつけたらにんにくは取り除く。
・ホタテとブナしめじを投入してソテー、表面に少し焼色がついたら白ワインをふりアルコールを飛ばす。
・茹でたパスタをフライパンに入れ、麺の煮汁を少々、わさびしょう油のつゆを加えて軽くフライパンをふる。
・きざみ海苔をのせて完成。
f0128018_16361189.jpg

自分で言うのもなんですけど、このスパゲッティー超ウマです。 材料もわりとシンプルでどちらかといえばヘルシーかな。最後のスープ1滴まで飲みたくなるぐらい美味しかったのでおすすめですよ♪
[PR]
by mm_500 | 2009-09-26 16:36 | 料理・食べもの
「デジャブ」 と 「オタク」
いや面白いゎ、中野ブロードウェイ…
f0128018_22564414.jpg東京・中野駅の北口にあり、フィギュアなどのサブカルチャーグッズが大量に並んでいて、秋葉原と共に “オタクの聖地” とも呼ばれているのは知っていた。 ところが、じつは連休最終日の起床前にこの施設を見て歩いている夢を見たのだ。しかもその夢の中では 「建物は5階建て」、「通路が迷路のよう」、「宇宙戦艦ヤマトの白色彗星を探す」というストーリーだった。 もちろん過去には一度も行ったことが無いのだが、ヒマだったし夢がどれだけリアルなのか気になったので出かけてみることにした。

【検証①】 5階建ては正解… (びっくり)
建物は地上4階、地下1階。夢で見た5階建てとは少し違ったが、5フロアは正解だった。。
【検証②】 通路が迷路のよう…
やや正解という言い方がベターだろうか、、アメ横のガード下よりは通路が少し複雑かもしれない。しかも天井も低くて照明も暗い。。 迷路とは言わなくてもそれに近いものがあった。
f0128018_2342089.jpg【検証③】 宇宙戦艦ヤマトの都市帝国(白色彗星)の模型
結論から言うとモノは無かった…。アニメから漫画のキャラクターから、戦闘ヒーロー、海洋堂のフィギュアから昔のオモチャ、おまけの希少グッズなどなど、ありとあらゆるサブカルチャーが揃っていたが、夢で見たお目当てグッズは無かったね。。(笑) 

こういうのを 「デジャブ」 って言うのでしょうかね…!?
ちなみにここ、子供時代に遊んだ、もしくはお菓子などのオマケに付いてきたような懐かしグッズに結構出会えて感動する。スポロガムやケロッグのおまけ、ビックリマンチョコ、スーパーカー消しゴム、ロボコングッズ、どれもこれも目からウロコのお宝だったよ。。 きっとみんなここに行けば男女を問わず自分の中にある潜在的な 「オタク・イズム」 に気づくはずである、、 目をキラキラさせながらね、、(笑)

さらにココ、、夢には出てこなかったが地下に行くとB食のサプライズが待っている。 写真右は 「デイリー・チコ」 という店の8段ソフトクリーム、コーンまで入れるとなんと40センチ近くある…。これで300円台だから行列ができていたのもうなずける。
f0128018_23471382.jpg
そして左の写真が、デイリーチコの隣にある 「チャレンジャー」 という喫茶店!? クレープ屋さん!? で出してるカツカレーセット、なんとドリンク付きで450円!ソフトクリームにクレープを巻いてさらにドリンク付きで360円というスイーツセットのほうも人気があったが、とにかく値段があって無いような店だ。
中野ブロードウェイ、ここまで関わればかなり強烈なインパクトを味わって帰れるはず。 モノは試し、一度出かけてみて^^
[PR]
by mm_500 | 2009-09-25 22:56 | 日記ブログ
八ッ場ダム問題
この問題、何年かかってもいいからもう少し冷静に議論してみるべきじゃないだろうか? おれは群馬県民としてそう思っている。
そもそも民主党がマニフェストだなんだと、いきなり 「廃止」 と言い出したのがあまりにも短絡的過ぎる。 おそらく 「ダム廃止」 を訴えて国民の支持を上げようという算段だったのだろうが予想外の反発だったんだろうな・・、現地視察や自治体とのヒアリングを後回しにして、問題が起きてから慌てて現地へ出向くというバカさ加減、、現場主義という頭がなく典型的に机上でモノを考えるパターンの連中だよな。もう少しまともな話の進め方を考えても良かったんじゃないだろうか。。
一方で60年にもおよぶ現地住民の決心、心情、心労、ずっと迷わされ続けた気持ち、これも痛いほどわかる。 ただどうだろう、お互いに 「マニフェスト遵守」 とか、「60余年の苦労」、「心情的な怒り」 といった目先の大義名分や感情だけで動いてないだろうか。
本質的な事を言うと 「本当にダムって必要なんだろうか」 って事をもっともっと話し合うべきなんだと思う。100年先、いや200年先の子孫のことを考えたらダム建設はやっぱりやめるべきだとおれは思うなぁ。
今、八ッ場のあの場所にある景色や自然が、そのまま数10年後も100年後も残ってくれることのほうが大切なんじゃないだろうか。 800年もの歴史がある川原湯の温泉が、たった60年のダム計画で消されていいんだろうか。 あの場所に生きる樹木や生き物といった自然だって数百年を共に過ごしてきた八ッ場の住民じゃないのだろうか?住民の方達だっていくら決心したとはいえ、自分達が育ってきた故郷が湖底に沈まないほうがいいに決まっていると思う人達もいるんじゃないだろうか。 大変であっただろうけれども、ここ数10年の過去の感情とかじゃなく、この先末代にわたって生まれくる子孫のためにも自然や吾妻川の清流を残すべきなんじゃないだろうかって思う。
ダムが出来ていない今ならまだ間に合う、造成した場所も30年もあれば緑が豊かに帰る。 吾妻峡も、川原湯温泉も古い駅舎も古くから受け継がれたままの姿で後世に残せるじゃないか。
誰かがそんな、意地でもプライドでもない本質的な温情論をもって静かにダム計画を止めるべきではないだろうか。 そんな風に思った。
[PR]
by mm_500 | 2009-09-24 00:04 | 気になること
ランボルギーニイオタ
小学校低学年のころ 「スーパーカーブーム」 というのがあり、当時の子供達を釘付けにした。いや、あれはきっと子供達だけじゃなかったに違いない・・、ウチの親父もカウンタックのプラモデルをおれに買ってきてくれたものの、ほとんどを自分で作っちゃったもの(笑)
そのスーパーカーブームをランボルギーニカウンタックとフェラーリ512BBが牽引するなか、「ランボルギーニ イオタ」 という幻の車がおれはいちばん好きだった。30年前の当時ですら 「幻の名車」 と言われてたので現存していたら値段なんかつけられないんじゃないかな。
ということで、ヤフオクでプラモデルを見つけることができたので作ってみた。※写真クリックで拡大
f0128018_1041434.jpg

当時にこんなデザインをしてしまうんだからイタリアのデザイナーってすごいよなぁ。ワインレッドのメタリックにしたのも正解、カッコよすぎ…。 屋外にてイオタ撮影会、、道路でカメラを持ってしゃがんでる訳だが、交通安全的にも奇異な行動的にも、色んな意味でアブナイ(笑)
f0128018_10431025.jpg

ヘッドライトに電球まで仕込んだので、夕闇のタイミングをねらってトワイライトバージョン。 うゎ~、カッコよすぎて倒れそう。。
f0128018_104618.jpg

今も机の上に置きながらうっとり…、当分このランボルギーニイオタ病が続きそうである。。
[PR]
by mm_500 | 2009-09-23 12:16 | クラフト
蓬峠でシルバーウィーク
連休の山歩きは谷川岳のその奥へ。笹の草原がひろがる蓬峠という上越国境をひとり歩いておりました。
高速道路は行きも帰りも何十キロって渋滞、首都圏の人達がこぞって大移動しているのを関越道の遥か上の山からボケーっと眺めてましたよ。 ちなみにこの山では、下界の喧騒をよそにホント数人の人しか出会わないような混雑とは無縁の別天地でした。
右は利根川を旅して太平洋へ、左は魚野川~信濃川を経て日本海へ。熊笹が生い茂り、心地よい風が吹き抜ける蓬峠のなだらかな分水嶺の稜線の姿です。
f0128018_1342268.jpg

ところで話はちがいますが、今年いきなりふって湧いた 「シルバーウィーク」 って言葉。50年前のゴールデンウィーク制定の時からすでに秋の連休として名前は存在していたみたいですね。カレンダー見てないけど来年以降もあるのかしら? 紅葉の時期とずれ込むところがいいですね^^
谷川の1500~2000mの稜線周辺では、あと10日もすると錦秋の彩りに景色が変わっていきます。

OUTDOOR DIARY 「蓬峠」≫
[PR]
by mm_500 | 2009-09-22 13:25 | アウトドア
「山でのひまつぶし」 渋谷ヤマンバ編
「なんかぁ、ウチら、こんな山ん中でチョー浮いてね!?」
「ていうかぁ、ヤマンバだからダイジョブなんじゃね~!?」
「ヤバイ ヤバイ・・(笑)」
f0128018_0272627.jpg

今回のお題は、谷川岳に迷いこんだ “渋谷系どんぐりギャル”
「109が無いし・・」 とか文句ばかり言ってましたが、果たして彼女達は無事に渋谷へ帰れたのでしょうか。。
[PR]
by mm_500 | 2009-09-21 23:55 | アウトドア
トマトと牛肉の洋風肉じゃが
コンソメで味付けしながら牛肉とトマトで 「肉じゃが」 を作ったらどうなるんだろうと、電車のなかでひらめいたので帰宅してから作ってみたんだけど、これが素晴らしく美味しいよ♪
分量はすべて感覚的だったので適当なレシピだけど、念のため書いてみます(笑)

【材料】 じゃがいも大1個、牛ロース切落とし100g、にんにく1/4、玉ねぎ1/2、サラダ油(大1)、白ワイン(大1)、コンソメ、トマト缶1/3、ケチャップ(大2)、砂糖(少々)、岩塩、コショウ、ローレル

【作り方】
①にんにく、玉ねぎ、じゃがいもの順に油で炒める。
②肉を投入し、火が通ったら白ワインをふる。
③コンソメスープを加えて煮込み、しばらくしたらアクを取る。
④カットトマト、ケチャップ、砂糖(少々)、ローレルを加えてさらに煮込む。
⑤じゃがいもに火が通ったら岩塩、コショウ(←不要かも)で味を調えるて完成。
f0128018_23583156.jpg

↑↑ トマトの汁気が全然ないけど、味はGOODだよ。
煮込んでいる時、スープの味は少し味が薄いぐらいがいいと思う。
普通の肉じゃが同様、スープを吸い込んで玉ねぎや肉がドロッとし始めたぐらいがいいタイミングかな。 ほかに合いそうな具材としてはニンジンかな。こんにゃくももしかしたら合うかもしれない。。 ブロッコリーやマッシュルームも合うと思うんだけど、それだと肉じゃがではなくなってしまいそうだしね。
よかったら試しにオリジナル洋風肉じゃがにトライしてみて♪
[PR]
by mm_500 | 2009-09-18 23:58 | 料理・食べもの