「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
八ヶ岳、近くていい山。
週末は八ヶ岳を歩いていました。
八ヶ岳では眺めのよい稜線上でテント泊ができないので最初から山小屋泊まりと決め、ザックの荷物は軽々の快適登山となった^^
スタートは西側山麓にある美濃戸登山口、八ヶ岳ではいちばんメジャーなベース地である。天気は土曜日の午後から寒気が流れ込み平野部でも雷雨、そして日曜日も雨という予報だったので晴天には一切期待しないで登りはじめたのだが、山頂までは幸いに濃霧だけで済んだ。登山道はもちろんハードだったけどね…(泣)
f0128018_0154562.jpg
泊まる山小屋は八ヶ岳の主峰赤岳頂上(2899m)にある 「赤岳頂上小屋」、急峻な岩場の山頂に “よくこんな場所に建てたね…” というような感じでへばりついて建っている。 もちろんそんな場所だから、晴れていれば視界をさえぎる物はなく最高の眺望がお約束なんだけどね・・。あくまで、晴れていれば…
ちなみにマンガ 「岳」 の第10巻が前日金曜日に発売だったので、持参して山頂で読書を楽しんだ(笑)
翌朝は5:30に北に伸びる縦走路にむけて出発。日の出は濃霧で見られなかったものの、日が昇ってからあれよあれよという間に一気に雲が去って快晴になる。周囲はすべて雲海、その中に富士山をはじめ2000m以上の山だけが雲海から姿をみせていて絶景。 ※右下の写真は雲の中に自分の影が映るブロッケンという現象。
f0128018_0175430.jpg
そしてまた、またたく間にガスが立ち込めてきて朝7時前だというのに野辺山方面ではドーン、ドーンと雷の音がしていたり・・。そんなことを繰り返しながら硫黄岳まで2時間ほどの岩だらけの稜線歩きを楽しんだ。 ↓八ヶ岳の主峰・赤岳、山頂に見えるのが山小屋。
f0128018_0282277.jpg

硫黄岳は急峻で鋭利な岩でできた南八ヶ岳と違って一見なだらかでやさしい雰囲気の山頂、しかし北東側には活火山であることが一目瞭然にわかる爆裂火口がパックリと口を開けていて、覗きこむと鳥肌が立つくらい50~100mぐらいの断崖が切れ落ちている。(下・左下写真)
f0128018_0345577.jpg
赤岳から硫黄岳まで歩いてきたが時間はまだ8:00。今回は時間の余裕も計算していたのでスケッチブックを持参、天気も快晴なので腰をおろして1時間ほどスケッチを始めて、飽きたら昼寝。。 なんという贅沢な時間なんだろう…♪

帰路は硫黄岳から赤岳鉱泉を経由して約2時間半ほどで美濃戸に到着。こんなに近くて、こんなに余裕のある1泊の山歩きが出来るとは思ってもみなかったので八ヶ岳にハマりそう。。 しかも、結局それでもまだお昼を過ぎたくらいだったので奥蓼科で温泉、麦草峠~ぶどう峠~上野村(群馬)~長瀞をのんびりドライブを楽しみながら埼玉に戻った。
f0128018_14811100.jpg

[PR]
by mm_500 | 2009-08-31 23:46 | アウトドア
十条・蒲田屋のおむすび
名古屋の話題で天むすの話をしましたが、以前に東京でも評判の店をみつけたので仕事の合間に出かけてみたことがあります。 場所は埼京線の十条駅西口。ロータリーへ出て右に伸びるアーケードの途中、日高屋を左に曲がって100mほど行くと左側にある 「蒲田屋」 という店です。天むすとはどこにもひとことも書いてませんがその姿は紛れもなく天むすそのものです^^
f0128018_22234887.jpg
具材はオーソドックスな物から、えび天おにぎり、味噌カツおにぎりといったコアな物まで揃ってます。驚きなのはその種類の多さと安さ、40種類ぐらいあってどれを食べたいか迷う迷う、、 しかもすべて100円なのでお客さんが次から次と来て買っていましたね。
最近ではこういった地方の名物を駅ナカやデパ地下などでイベントっぽく売ってたりしますが、こういう風な店で手作りの味を地域の人たちだけに喜んで買ってもらってる商売のほうが真心があっていいですよね。 この店はおすすめですので十条で途中下車して “名古屋風・東京人情おむすび” を見つけに出かけてみてはいかがでしょう♪

「蒲田屋」
住所 : 東京都北区上十条3-29-15
時間 : 6:30~19:00 月曜休
[PR]
by mm_500 | 2009-08-28 22:26 | 料理・食べもの
The Memory Of The Trip “旅の記憶”
2006年の夏に奥穂高へのテント旅で出逢った知人のブログに時々おじゃまするのだが、その彼が多方面にわたってすごく多才で、山歩きのほかにも乗り物好きであり旅好き、プラモデルも好きで、さらにカメラ好きも高じてか1700枚もの写真を使ってこんな動画まで自作してYouTubeにアップしてしまった。
YouTube / TRIP WITH BLUE
くるりの音楽に合わせて旅のシーンが流れていく、カッコいい動画です。

他人の旅の記憶だけど、こんな風に映像として見ているとあたかも自分が旅しているような、疑似体験みたいな感覚になるね。 エッセーや言葉など言葉で綴ったり、イラスト、写真や絵などなど、自分のまわりには色んなスタイルで旅の印象を2次加工できる人達がいっぱいいるので面白い。
[PR]
by mm_500 | 2009-08-27 23:25 | 日記ブログ
名古屋の味、探検。
f0128018_1425155.jpg
長い出張ではなかったのですが、駆け足でいろいろな 「名古屋んフード」 を食べてきた。 結論から言うと “軽い感動と軽い衝撃の連続” みたいな感じでしょうか…

その① 「朝から小倉トースト・・」
f0128018_118371.jpg名古屋駅の地下街にある喫茶店 「コンパル」 に出かけてみる。こちらは食べ放題のモーニングはやっていないが、目玉焼き、ハム、キャベツのサンドイッチが130円で出てくるセットモーニングの店だ。 この店はテレビで取材される 「エビフライサンド」 が看板メニューだが、朝からそんなヘビーなものは食べたくないので小倉トースト(充分ヘビーでしょ…)を注文してみる。いや、同行の後輩に注文させた…(笑)
小倉トーストってよく名古屋独特の変わった食べ物扱いをされますが、あんぱんを焼いたのと一緒なので普通に美味しいですよ。。 ただ、これを朝から食べるという行為以外は…。
そしてコーヒーは、ネルドリップでポットにおとしたコーヒーを再度鍋で温め直すというよくわからない抽出方法・・。苦味とエグ味がきつく残念ながら美味しいとは思えないコーヒーでした…。なんであんな手間をかけて不味くする淹れ方をするのだろう…


その② 「味噌煮込みうどん」
出張先の職場の近所に元祖の山本屋総本店があったので出向いてみたものの、、 単品がおよそ2000円・・、ランチセットともなると3000円に近いようなお値段・・。 ええ、単なるうどんが2000円超えですよ・・!? こんな高いんじゃ元祖と言われても二の足を踏んでしまいます。。もちろんスルーしました。。 ちゃんと地元の人達がリーズナブルに利用している味噌煮込みうどんをリサーチし直しですね。。
結局、気をとり直して大名古屋ビルヂングの地下で味噌カツ定食でした。


その③ 「居酒屋にて」
おでん(どて焼き)、串カツ、手羽焼きと、口の中がみそ、ミソ、味噌…、思いきり名古屋モードです。でも不思議ですねぇ、本来居酒屋では定番のように頼む刺身などの魚や肉などには目もくれず、コーチン系や八丁味噌系に心が傾いてたりして…(笑) 写真は赤ウインナ、卵、はんぺんのおでん(どて焼き)
f0128018_1184964.jpg

名古屋の方はホント八丁味噌が好きなんですね。 だって、どれを食べても何を食べても八丁味噌の味がするんですもん…、これは子供のころからの食習慣もあるんでしょうけど、やや洗脳に近いものがあるかもしれません。。(笑)


その④ 「衝撃のあんかけスパ…」
Chao(チャオ)という名古屋では有名な店で、興味深々だった 「あんかけスパ」 というものを食べてみた。 「カントリー」 とか 「ミラカン」 などという名古屋市民じゃないとわからないような言葉がメニューの中で飛び交い、 サイズもS=スナック、R=レギュラー、J=ジャンボという区分け・・。 スナックって何のことなんだろ…(!?) もう名古屋は独走状態ですよ。。
f0128018_1193775.jpg
で、頼んだレギュラーサイズの 「バイキング」 というスパがやって来た・・。 およそ想像をしてみてください、日本では普通に見ることがないような5ミリぐらいの極太パスタに、醤油とトマト?、ハーブ?が混じったようなジャンクなあんかけソースがたっぷりかかってます。そして注文した「バイキング」というメニューには、スパゲッティの具材とはほど遠い赤ウインナーと白身魚のフライと目玉焼きが乗っており…。
さらに衝撃だったのはまずその量、写真のRサイズでもびっくりするような量で出てきます。。 味のジャンク性も考えると、東京で言う 「あれはラーメンではなく二郎という食べ物だ」 というフレーズに似たものが感じられましたね。。
パーツパーツは美味しいので普通に食べられました。でもたぶんコレ、すごく残念だけど永遠に大阪上陸も関東上陸もなく名古屋でしか生き残れない食べ物のような気がするなぁ。。 半分以上のテーブルで、男性サラリーマンが一人で来て大盛りを注文し、粉チーズとタバスコを鬼のようにかけて食べてるのが衝撃シーンでした…。 正直なところ、ラーメン二郎と同様にこれが美味しいモノなのかそうでない食べ物なのか判断できない状況にいます(笑)


その⑤ 「天むす、手羽先」
f0128018_120277.jpg
帰りのビールのつまみに松坂屋の地下街で “千寿の天むす” と “コーチン手羽先” を買って新幹線に乗り込んだのだが・・。
「天むすってこんなに味が薄かったっけ!?」 と思うぐらい普通…、群馬の太田で売っている “天むす風おにぎり” のほうが圧倒的に味付けも美味くて安いんですけど…。
さらに手羽先は焼きすぎ?と思うほど堅くて食べる部分がほとんど無く、わずかな骨の周りの鶏肉を胡麻とソースでセコく食べている感じ・・。安いのならいいですけど、安くないから許せないんですよ・・。これじゃケンタッキーのチキンを買ったほうが満足いきますってば(手羽)・・


とうことで名古屋レポート第1弾は微妙な感想のまま終了。。 八丁味噌はなんだか知らないうちに好きになっていそうなので次回はいつかまた^^
[PR]
by mm_500 | 2009-08-25 23:49 | 料理・食べもの
甲子園の夏が終わった
f0128018_2385229.jpg
甲子園球場で行われていた夏の高校野球は壮絶な決勝戦で幕を閉じましたね。
愛知県の中京大中京 VS 新潟県・日本文理。 名古屋にて中日新聞の号外で「中京優勝!」という結果をリアルタイムで知ったけれど、帰ってきて熱闘甲子園を見てましたら9回2アウトからあんな壮絶なゲームだったなんて思いもしませんでしたよ。
結果は新潟の日本文理が1点差が追いつかず力尽きてしまいましたけれど、最後まで壮絶なゲームだったせいか悔しさも涙もみせず、両チームが健闘を称えあったりしてすごく清々しいものがありましたよ。

球児達の夏を追ったダイジェストをずっと涙しながら見ていたら、彼らが 「兵どもが夢のあと」 という言葉みたいに野球のユニフォームをまとった各地の戦国時代の侍みたいな姿がシンクロしましたよ。
今大会注目NO1の「花巻東」、その花巻東がどうしても勝ちたかった東北の雄 「東北高校」。関東からは古豪の 「作新学院」 や優勝候補の 「帝京」、「日大三高」。群馬からも久々に地元高崎から 「東京農大二高」 が出場していたり、最強の公立高校 「県岐阜商」、関西の強豪 「天理」 や 「智弁和歌山」、「PL学園」 なども最後には力及ばずに涙しました。 そして一度も負けなかった 「中京高校」 に栄冠が輝いた訳ですよ。
なんだかな~、ほんと高校野球を見ていると高校生と一緒に一喜一憂して心が若返る気がしますね^^
ところで今年の熱闘甲子園の番組テーマ曲は、大好きな秦 基博の 「Halation」 でした。そんな音楽のエッセンスも含めて自分的に今年の甲子園は熱かった。

[PR]
by mm_500 | 2009-08-24 23:50 | 日記ブログ
名古屋名物
f0128018_18251821.jpg
行き先でケータイからパパッと探せるように、名古屋の名店・名物をメモがてら書いておこうと思います。ちなみに店は名古屋駅周辺です。

::手羽先「風来坊」 名古屋市中村区名駅4-9-8 名駅センチュリー豊田ビルB1
::天むす「千寿」 大須店 : 愛知県名古屋市中区大須4-10-82
      松坂屋店 : 愛知県名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋本店本館 B2F
::味噌煮込みうどん「山本屋」 名古屋市中区栄3-12-19
::きしめん「きしめん亭」 愛知県名古屋市中村区名駅1-2-4 メルサ南館1階
                名古屋市中村区椿町6-9 エスカ地下街
::ひつまぶし「備長」 名古屋市中村区椿町6-9先 エスカ地下街内
::味噌おでん「つる軒」 名古屋市千種区内山町3-16-13
::どて焼き「島正」 愛知県名古屋市中区栄2-1-14
::あんかけスパ「あんかけ亭」 名古屋市中村区名駅南1-25-2  名鉄レジャック3F
::喫茶店
「コメダ珈琲店」 名古屋市中村区椿町6-9 エスカ内
「リヨン」
そして別の意味で名物であり強烈な 「喫茶マウンテン」 名古屋市昭和区滝川町47-86
で、最後に気になっているのが、モスバーガーの名古屋周辺限定メニュー 「味噌カツライスバーガー」 これも食べてみたいんですよね。。

名古屋名物サイト≫
[PR]
by mm_500 | 2009-08-22 16:21 | 料理・食べもの
ヨコハマのつぎは、ナゴヤ
f0128018_0291031.jpg出張で名古屋へ。
行き先での仕事はコーヒーの淹れ方と調理を教えながら飲んで飲んで食べてまた食べて・・ という事なのですが、名古屋といえば喫茶店と名物の宝庫ですよね…。
なので仕事とは別に、別腹を用意して街に出かける訳ですよ(笑)

ということで今朝は名古屋駅に到着するなり、“名古屋名物その1・喫茶店のモーニング” に突撃してみました。 ホントは駅から10分ほどの 「リヨン」 というモーニング食べ放題で有名な喫茶店に行きたかったんですけど、時間がなかったので駅ヨコのホテルアソシア1Fにある 「ジャンシアーヌ」 という喫茶店にしました。
そうなんですよ、名古屋の喫茶店のモーニングって500円ほどの値段でパンからバナナ、ゆで卵、スープやおにぎりなどなど食べ放題のサービスというのが名物なんです^^ その行けなかったリヨンでは、もはやタイムサービスの枠を超えて、夜まで 「モーニング」 という名前で商売してますからね(笑)
ちなみにこのジャンシアーヌにもごっそりパンが並んでました。 残念ながら名古屋の人達が朝から食べるという 「小倉トースト」 が無くて体験できませんでしたけど、でも昆布スープ(!?)が飲み放題だったりして何がなんだか…(笑)
とりわけ名古屋周辺の喫茶モーニング事情というのは喫茶業界ではずっと昔から有名です。名古屋駅周辺というよりも一宮市や岐阜へつづく街道筋の郊外の店のほうがモーニングサービスが過激で強烈だというし、、 (いったいどんだけ・・!?) しかもマンガ喫茶のルーツは名古屋の喫茶店からですしね^^
いつかまた、この名古屋喫茶事情をもっと掘り下げてみようと思ってますけどね(笑)

仕事が終わってからは名鉄ターミナルにある 「矢場とん」 で味噌カツ丼(945円)を。 やっぱりここは超有名店ですのでハズせませんね(笑) 東京には銀座店があるそうです。
f0128018_0413924.jpg

てことで、週末にもまた名古屋出張なので明日はさらに名古屋名物をメモ替わりにクローズアップしてみます。
[PR]
by mm_500 | 2009-08-20 23:42 | 料理・食べもの
ヨコハマ
先週、横浜でその日の仕事が終わったので、たまには散策でもと夕暮れの中華街や山下公園を歩いてきた。
月に1~2度は関内周辺まで来てるのだが、早く帰りたいからすぐ湘南新宿ラインに乗ってしまう訳でなかなか散策なんてしたことがない。。
伊勢佐木町から横浜スタジアムの脇を通っていつもと違った道を歩きながら中華街へ。開国博Y150のイベントだろうか、獅子舞や中国神輿がねり歩き、ものすごい数の爆竹が鳴り響いていてちょっと得した気分。 そして、中華街でしかも横浜なのに、豚まん人気NO1の 「江戸清」 で買う。こんなときにiPhoneであれこれ検索するのは便利だ^^
f0128018_2384213.jpg
山下公園では大道芸と路上ライブのバンドが多数、そこに恐ろしい数のカップルと家族連れ・・。まぁ、お盆ですからね。。 スーツでひとり歩いてるのなんておれぐらいだったね^^ 適当にそのまま馬車道あたりまで歩いてみなとみらい線で帰りました。
いい街だよね、横浜。 海があるってズルいよなぁ… と、埼玉ケンミンとして嘆く・・
[PR]
by mm_500 | 2009-08-18 23:12 | 日記ブログ
九段下・九段会館のビアガーデン
お盆の終わりの日曜日。 こうも暑いと水分補給も必要だな~と、夕涼みがてら日本武道館の隣にある九段会館の屋上にあるビアガーデンに出かけてきた。
f0128018_23294834.jpg
東京都内にビアガーデンは数多くあれど、新宿や池袋みたいな雑踏のコンクリートに囲まれた場所と違って皇居の森と水辺に近いせいか風もなんとなく涼しい気がする。 しかもここ、風格もあって由緒正しき九段会館なのに飲み放題だけなら男性が2100円、女性1600円。フードは500円ぐらいのスタンダードな料理を適当にオーダーすればいいので、何人かで行けば1人3000円台で済みそうな訳だから、都心にあることを考えても充分リーズナブルかもしれない。
ロケーションはもうちょっと屋上階が高ければ皇居越しに丸の内あたりのビル群が眺められるんでしょうけどね、武道館の大きな玉ねぎを隣に見ながら飲めるのでまぁイイんじゃないでしょうか^^
バニーガールが接客をしてくれたりってところなど随所に昭和な感じが残ってるけど、個人的には “まぁまぁアリ” かな (笑) 5/11~9/30まで営業期間もロングというのもうれしいかもです。
※平日はサラリーマンで混むようなので、週末にのんびり飲むのがイイかも^^
九段会館 「屋上緑のビアガーデン 麦酒友達 2009」
場所 : 東京都千代田区九段南1-6-5 
時間 : 平日17:00~22:00 土日祝日17:00~21:00
[PR]
by mm_500 | 2009-08-17 23:30 | 料理・食べもの
M's SUMMER ALBUM (洋楽版) 
f0128018_23154476.jpg「KONA WINDS」 / Henry Kapono 
懐かしい…。 当時は松田聖子のヒット曲と同じぐらい街角やラジオで流れてたのではないでしょうか^^
まだ見たことも感じた事もないハワイの海と風をこの曲で想像してたもんです^^


f0128018_8125818.jpg続いてはオーストラリア出身のエア・サプライ。 自転車で旅したときにずっと応援ソングのように聴いていたのがこの 「Just As I Am」 でした。 なんだかこの曲を聴くと、“果てしない世界” みたいな大きな世界を想うのですよ♪
そして3曲目もエア・サプライ。 夏の終わりを感じるバラードをこんなクリアな歌声で歌われると否が応でもジーンとしてしまいますね。
「I Cant' Let Go」 って素敵な曲です。おれはこの曲を聴くと夕暮れの日本海を思い出しますね。。 青春ですよ♪

いかにも夏らしく、元気にしてくれるのはやっぱり Beach Boys かな♪
「I Get Around」 / The Beach Boys いや~、「夏ー!!」って感じですよね^^

そして映画のサウンドトラックから。
f0128018_23293572.jpg映画の名前は忘れてしまいましたけど、青い海と白い建物が並ぶ地中海の島でひと夏を過ごす映像と恋愛が印象的な映画でかかっていた 「サマーラバー」 というソウルナンバー。 高校生ぐらいに必死こいてこのレコードを探しましたが、当時ですら廃盤になっていて手に入らなかったものです。でも今はすごいですね、YouTubeで見つかるんですものね・・
「Summer Lovers」 / Michael Sembelo
映像というか、映画のイメージはこちらの動画のがいいかも≫ 「Summer Lover」


夏の音楽と言っても、ノリノリで聴きたいのか、センチメンタルに聴きたいのかでまったく方向性が変わりますよね。 ほんとはもっと好きな曲もあるんですけど名前が出てこなかったり・・(笑)
でも、いくつになっても色褪せない思い出の曲っていいですよね♪
 
[PR]
by mm_500 | 2009-08-15 23:13 | 音楽