<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧
シーフードとほうれんそうのキッシュロレーヌ
ヒマだったので思わずパイ生地を練ってしまい、、 二度目の 「キッシュ」 を作ってみた。
今回のキッシュはネットで見ていたら美味しそうだったのでシーフード!って決めてまずは具材を買いにスーパーへ。
それにしても冷凍のシーフードミックスを初めて買ってきたのだが、1袋498円って結構高いんですね…。 鮮魚売場でエビ、ホタテ、イカ、アサリをそれぞれ買うともっと高額になっちゃうからこれでヨシとしましたけど。。(笑)
1.生地は薄力、強力、バターをそれぞれ50gと塩3gを40ccの水で混ぜてこねる。約2時間冷蔵庫で寝かせて耐熱皿の大きさにのばす。今回もめんつゆのビンで・・w
耐熱皿にのばしたらフォークでピケ(穴)をあけて200度で20分下焼きをする。
2.アパレイユは今回はちょっと高価なホイップと牛乳、そしてパルミジャーノレジャーノを粉にして完璧。塩で味付けしておく。
3.ほうれんそうは軽く茹でて3~4cmにカット。フライパンにオリーブオイルを敷き冷凍シーフードを炒める。(おいしそうな汁が出ますね、、アパレイユに混ぜてしまいましたw)
4.半焼きの生地にシーフード、ほうれんそう、アパレイユを流し込み180℃で40分ほど焼いて完成。
f0128018_02116.jpg

味はいいですねぇ、シーフードの味もしっかりしていて美味いです。
でも失敗点を申し上げますとキッシュが膨らんだこと。アパレイユは30分ほど放置して空気抜きをしないと気泡ができてしまうそうです。
1食作るのに約5時間…、食べるのはあっという間の数分間。 美味しくなかったらやりきれない食べ物ですね…(笑)
[PR]
by mm_500 | 2008-05-31 23:49 | 料理・食べもの
なぜかおいしかったマフィン
早朝出勤のまえに少し時間があったので、とりあえず冷蔵庫にある材料を適当に探してみたらこんなモノが出来あがりました。

「チャーシューとチーズのマフィン」

f0128018_5522338.jpgチャーシューはラーメン用にと買っておいたレトルトの物を湯せん。チェダーチーズとマヨネーズを一緒に挟んで、レトルトの汁ももったいないからマフィンに染みこませてみたらこれがこれが、、拍子抜けするほど “うま~~い!”
軽くハマってしまったので明日の朝食もコレだな(笑)
[PR]
by mm_500 | 2008-05-29 05:54 | 料理・食べもの
フィッシュマリネバーガー MOS
浅草での仕事の途中、モスバーガーに寄ってハンバーガーをテイクアウト。 ターゲットは以前から気になっていた期間限定の 「フィッシュマリネバーガー」 である。 店頭のポスターには海をバックに “魚と野菜。 お肉に負けるな” などとユニークなキャッチコピーも書いてあった。注文後にフライヤーでジュ~っと揚げ始めるところがいかにもモスバーガーらしい。

f0128018_2147584.jpgはて、そしてそのお味は。
パンはマクドナルドのフィレオフィッシュみたいに柔らかなバンズ。白身魚のフライを甘酢ダレでくぐらせてあるが、買った直後に食べたので結構サクサクしていた。そしてその上には色んな野菜が細かく刻んであるマリネサラダが乗って全体的に 「甘い・・」 という印象です。
「さっぱりした味」 を意識してる感じですが、個人的にはタルタルも効かせてもうちょいコッテリしててもいいかなと思いました。でもこれはこれで味のバランスが絶妙だと思います。大好きなテリヤキを我慢して買ってみましたが、おいしかったので“OK”です♪
シーズンスポットメニューとしてはいい所をついてますね、さすがモスバーガーです(笑)
[PR]
by mm_500 | 2008-05-27 21:48 | ハンバーガー
マンガ、そしてドラマが日本を動かす!?
キムタクがついに総理大臣になっちゃった(・。・)!
もちろんドラマの話であるが 「ごくせん」 を抜いて視聴率NO1になるだけあってなかなか面白いじゃないか。
その昔に 「サンクチュアリ」 という若き日本のエリート総理誕生のコミックがあったが、ストーリーは冷淡としたものでそれはまるで別モノ。いきなり総理候補に担ぎ上げられて平凡な一般市民的な視点から展開していくこのドラマは結構面白いかもと思って見ていた。
キャリアだとか党派だとか、口を開けば市民にはわかりづらい政界用語で埋め尽くされた日本の政治を思えば、こんな新しい政界のチェンジももしかしたら新鮮かもしれないですね。 世論って単純なことにこんなドラマからも変わってしまうのかもしれませんよ^^
さぁ、爆笑問題の太田光も 「なんちゃって総理」 を演じてますが、キムタクをどう見るよ!?(笑)

酔いながらですけど、なんとな~く深い視点で日本社会を見てみますと 「ハケンの品格」 や 「ショムニ」、そして今人気の 「ROOKIES」 や 「ごくせん」 などなど、一般市民のヒーローやリーダーってコミックから始まったドラマがこれからの若者の心を支えているような気がしますよね^^
う~ん、そう考えるとマジ深い。。 昔は 「正義の味方キャラクター」 に心ときめき、「まんが日本昔ばなし」 や 「ハイジ」 や 「フランダース」 のシリーズで人間的なハートを教わり^^

ということで本日、酔っ払いの迷言ですが・・、日本には本当のヒーローはいないね・・。トヨタやソニーみたいに商売やモノ作りの神様はいても、「ホントのヒーローは漫画とドラマだ!」(笑) そう思いながらあらためて夢や正義を伝える作者に賞賛を贈りたい!
戯言を言い放ちながらですが、今夜はこれにて寝ます。。w 
[PR]
by mm_500 | 2008-05-26 22:28 | 日記ブログ
チーズバーガー・ボローニア風
久しぶりにハンバーガーを作りたくなったので、冷蔵庫にあった使いかけのミートソースを使ってボロネーゼミートソースのチーズバーガーを作ってみました。ソースはオリーブオイルで挽肉を強火で炒めて、赤ワイン、水煮トマト、玉ねぎ、バジル、塩コショウで煮込んで、そこに先日のパルミジャーノをたっぷり混ぜあわせたもの。本当はタバスコかチリソースも加えたかったのですが無かったのでパス。
そして今日はバンズパンの完成度を課題にしてみたのですが、結構上手にブラウンバンズが出来あがってます。外がパリッとしていて中は結構ふかふか、食感もいい感じです^^
マスタードとマヨネーズをバンズの内側に塗って、チェダーチーズをたっぷり溶かして完成!
f0128018_23425595.jpg

結構ウマいです、ハンバーガーでは一番好きな味付けかもしれません♪ 汁気が足りなかったのでソースがもっと柔らかくてもよかった感じですかね。あとトマトを忘れましたねぇ。。 ま、家にある材料だけで作ろうと思ったので買いに行きませんでしたけど。 自己採点70点ってところでしょうか^^
f0128018_23443382.jpgおまけに遊び心でピンポン玉サイズのミニハンバーガーも作ってみました(笑) 可愛いですw でもこれはこれで味はしっかりしてましたよ♪
[PR]
by mm_500 | 2008-05-25 23:44 | ハンバーガー
後輩がはじめたハンバーガー&カフェにおじゃまする。
f0128018_22173715.jpg3年ほど前に会社を辞めて、ひとりでハンバーガー&カフェのショップを始めた後輩T君の店に出かけてきた。以前から行こう行こうと思ってはいたのだが、八丁堀という場所柄、なかなか出向く機会もなかったのだ。
閉店してから2時間ほど、彼は明日の仕込みをしながらであるが今の会社の諸事情や、個人経営の大変さや楽しさなどを雑談してきた。
夜通しでの仕込みやレシピの考案、開店初年度の散々たる売上・客数、想像以上の出費などなど普段ふらっと酒の場で会う彼の顔からは想像できないような苦労をしている・・。
それでも 「サラリーマンよりは数10倍楽しいっすよ」、「店(仕事)への思いや気持ちは半端じゃないっす」 という笑顔は、ネクタイをしてた頃の彼の顔とは全く違っていた気がする。

う~~ん、、 今の会社がどう変わってしまうのかもわからないし、いつまで居られるのかもわからない。。 というよりも、なんとなく先代社長からのDNAを後輩達に伝えていく事以外は目指すものが無くなってしまった…。 そんな感じで最近の日々を過ごしてきていたから、彼の言葉が妙にリアルで興味深く聞こえたのである。

人生は一度きり。 まだまだ働き盛りのうちに、何かもっと燃えられるような事に挑戦してみたいな。そんな事を考えさせられた後輩との出会いだった。
てか、、先だつお金が無いけどどうする おれ… (笑)

後輩T君の店≫ http://zoumaru.blogdehp.ne.jp/
[PR]
by mm_500 | 2008-05-21 22:20 | 仕事のこと
浅草・三社祭
f0128018_2335471.jpgこの週末は 「浅草 三社祭」、浅草寺~雷門周辺は熱気に包まれております。 そんな中、おれも雷門通りにある店の応援で一日中フランクフルトを売っておりました^^
「そいや そいや!」 の声と一緒に町会の神輿が目の前を通るとどうしてもボルテージあがりますねぇ、負けじとこっちも声を出して商売に勤しみます。 結果本日みんなの頑張りもあって150本。

明日の最終日は三社祭もクライマックス、粋に半纏を羽織って浅草一丁目の神輿を担ぎたいところですがフランクフルト目標250本!祭以上に気合を入れないとです(笑) 頑張ります♪
[PR]
by mm_500 | 2008-05-17 23:38 | 仕事のこと
風邪を楽しんでます。 (?)
土曜の夜に全身ダルダルでダウンしてからまる4日。。 風邪なんて一晩で治るものかと思っていたらこんなに引きずるなんてやっぱり歳をとってしまったのかな…。
記憶の限りだとここ6~7年ぐらい風邪とは無縁だったからいざひいてしまうと 「こんなに辛いもんだっけ…」 とショックでした。
そこでめったにない旬な話なので風邪にまつわる話題を2、3。

その1 「今の時代じゃ虐待だろ… 編」
子供の頃に風邪をひくと優しいお母さんが看病してくれるのが世の中のセオリーなのでしょうが、ウチは違ったのです。。 今でもおっかない父親が出てきて、少量の日本酒の熱燗に生卵を溶いて 「ほれ、飲め!」 とやり、当然子供だから軽く目が回ってくるとお茶をガブガブ飲まされ、そして全裸にバスタオルを巻かれてさらにその上から布団を巻かれて巻き寿司のような状態にされたあとストーブ全開の部屋にゴロンと寝かされるのです(笑)
当然、夜中に何度となくお茶とおしっこには行かせてもらうのですが、バスタオルと布団は汗でびっちょり。。 でも不思議と一日で治っていた思い出があります。 もちろん妹も同じことをされてました^^ 今思えばか~なりヤバい虐待的な治療法ですが、父親曰く 「おれも風邪ひいた時はそうにされてきた」 と自慢げに話してました(笑) それもひとつの愛情だったのでしょうかね^^
そんな事から、「ユンケル卵酒」 なるカクテル的なモノ(←効きます)を自分で開発したのも当時のおかげw そして大人になった今も、風邪をひくとバスタオル&布団に巻かれたい願望がやっぱり残ってます(爆)

その2 「風邪は働いて治せ… 編」
「風邪ぐらいで休むな! とりあえず来い、休んでいいかはおれが判断するから」 医者もびっくりの会社でした。。 それもそのはず、24時間営業で人員に余裕なんていつもなかったから欠員が出ると誰かがそのまま引継いで24時間勤務、ひどい場合は30時間勤務とか発生してしまうんです。。 自分が深夜番のときもやっぱりそうでした、早朝に朝から交替の人が 「風邪で…」 などと電話があると 「とりあえず来い!」 と言ってましたもん…(笑)
不思議なものでして、体は重いながらも声を出してせかせか汗を流して動いていると風邪だということを忘れるんですよ。。 結局は治るか悪化するかのどっちかでしたけど、当時は必要以上に忙しかったから 「この状況で休んだら大変なことになってた・・」と、自分の存在意義をほとんどのスタッフが感じたものです。
今のアルバイトスタッフにこんなことを話したらたぶんドン引きでしょうけどね(笑)


その3 「じつはバカも風邪をひいている… 編」
よく耳にする 「バカは風邪をひかない」 という言葉ですが、自分なりにはこんな仮説を立てております。

「実はバカも風邪はひいております。 でも、ちょっとだけ鈍いというか元気なのでその事に気づかないだけなのです♪」

少しぐらい体温が上がっても 「ちょっとだるいなぁ、なんか筋肉痛?」 って思うだけ、気持ち悪いなぁと思っても食欲はいつも通り、セキやくしゃみがでても 「季節の変わり目かぁ~」 と思う程度(笑) 神経質な人はこれを 「風邪だ…」 という自覚して対処を考えるのですが、おバカは基本元気だから自覚すらしないんです。 どうでしょう、この仮説(笑)
自分も実はこれに近い方かなと思いましたが、「ひいたかな、、 でも明日には治るっしょ」という、ワンランク上の「おバカ」なような気がしますw


まだまだいくつか「風邪ネタ」はありますが今日はこの辺で^^
ともあれ、40歳間近にして久しぶりに風邪をひいてとった行動といえば、 ビタミン!ビタミン!と普段めったに買わないフルーツやビタミン剤、栄養ドリンクを買いあさったことですかね。。 ある意味、別のバカかもしれません(笑)

風邪をひいたのがとにかく珍しかったので、そんな旬ネタの雑感でした。 さぁ薬飲んで寝よう、おやすみなさいzzzz
[PR]
by mm_500 | 2008-05-14 22:59 | 日記ブログ
本郷 「FIRE HOUSE」
3月並みに寒かった雨の土曜日、後輩が会社を辞めてから独立して始めた 「ハンバーガー・カフェ」 に行ってみたら、あろうことか定休日…。 仕方がないので以前から行ってみたかった本郷の 「FIRE HOUSE」 まで足を伸ばしてみた。
この店は都内でも屈指のグルメハンバーガー店、代々木のARMSや前出のUNCHAIN FARM などの名店を輩出しておりハンバーガー好きならとにかくマストな店である。
雑居ビルとマンションだらけの春日通りに面した街並みにひときわ 「古いアメリカン的なオーラ」 を放つ店がそう、雑誌で見た通りのインパクトだ。
店内もクラシカルな雰囲気は充分。ハンバーガーとちょっとしたバーを想像させる以外、他のジャンルの料理ではこの店にはまず似合わないというぐらい雰囲気がシックリきている。 料理のおいしさだけではなく、本物の店舗空間っていうものを感じてしまう。
ちなみに FIRE HOUSE とは本来 「消防署」 の意味、店の外にも古い消火栓がディスプレーしてありました。しかしこの店では真逆の意味で 「炎の店」 というイメージを店名にしたとのこと。
f0128018_20201940.jpg

チーズバーガーを注文。待つ間に店内に置いてある小物や他のお客のオーダーが気になってキョロキョロする(笑) 学生が多い街とはいえ土曜日でオフィス関係は休み、それなのに午後3時過ぎなのに満席だしスタッフ5名ってすごいなぁ。。 デリバリーも対応しているから人員は多くしているのだろうが、これが繁盛店の姿か。
ハンバーガーはもちろん素晴らしい完成度、クラウンのテカテカと裏側のマヨネーズ、そして付け合せのポテトの美味しさが際立って印象的でした。

雑感ですが。 本郷周辺は学生が多い街、それゆえに卒業して大人になってそれぞれの場所に住んでからも 「あのころ、東京で食べたハンバーガーの味が忘れられないなぁ~」 なんて思い出の一幕に出てきそうな感じがするお店でした。 ごちそうさまでした^^
[PR]
by mm_500 | 2008-05-13 20:32 | ハンバーガー
レジャーノで濃厚カルボナーラ
チーズの王様と呼ばれている 「パルミジャーノ レジャーノ」 を入手したので、これを使って濃厚なカルボナーラを作ってみた。
チーズをここまで贅沢にしたのだからとホイップもわりと高価なモノを用意。残念ながらパンチェッタは手に入らなかったのでブロックのベーコンで代用した。
1.パスタを茹でている間、フライパンにオリーブオイルを敷きタマネギ、ニンニク少々、ベーコンを炒め、白ワインをフランベさせてから火を止める。
2.湯せんのボールにホイップ、卵黄、削ったパルミジャーノ、隠し味にしょう油1~2滴を加え、とろみがでるまで攪拌する。
3.フライパンの温度が下がったのを確認してからパスタ、ソースを加える。
4.皿に盛り付け、ブラックペッパーをふって完成。
f0128018_11511291.jpg

さすが、、市販の緑色の筒のパルメザンとは味がひと味もふた味も違いますねぇ…。 ソース自体に甘みがあります、コレ何の甘みなんでしょう。。 攪拌もいい具合だったおかげでソースもパスタにまとわりつくほど濃厚です。
本来なら全体の塩味はパンチェッタで調節できるのですが、今回はベーコンなので塩を少し加えました。
いやぁ~参りました。。 チーズひとつでこんなにカルボナーラの味が変わるものなんだな~と驚きました。
[PR]
by mm_500 | 2008-05-10 11:55 | 料理・食べもの