<   2008年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧
ラーメンブログ (2月・後半編)
2月後半は小遣い節約でラーメン食べ歩きも控え気味だったmasaでした^^
ということで後半は埼玉県の 「ぜんや」 を1軒だけレポート、でもこのお店には大感激でしたよ。


「ぜんや」 (埼玉県新座市野火止) ★★★★★★★★★☆

f0128018_15393361.jpgひさしぶりに 「絶品だ!」 って感動してしまうラーメンに出会えました。
過去に5~6回は出かけてはみてるのですが、スープ終了、定休などでトライできなかったお店なのです。なにしろ11:30に開店して100食が閉店の目安っていいますから、なかなかありつけないのもわかります。
店に到着すると10人ぐらいの列、隣の学校から暴風で吹きすさぶ砂煙と寒さのなか根性で並びます。。
30分ほど待って店に入るとスタンダードな 「ぜんやラーメン」 を注文。丁寧にテキパキと動く店主ご夫婦にも非常に好感がもてます。

そして素早くラーメンが到着。
スープは塩味ですごく澄んでいて、味も色も 「黄金のスープ」 と例えたくなるような完成度の高さに 「これは美味い…」 と感動。麺はこれという特徴はなかったがスープともきちんと合っている。とにかく、いつまでもすすっていたいスープが印象的である。。
博多一番のトンコツとはジャンルが違いますが、感動レベルは同点ぐらいだと思います。


「ぜんや」 埼玉県新座市野火止4-9-8  火・水定休 地図
[PR]
by mm_500 | 2008-02-29 23:48 | ラーメン
アルファの 「Life is once」 って曲
f0128018_21143285.jpg
先日新聞にちょこっと紹介されていた “アルファ” という初めて聞く名前のヒップホップグループなんだけど、2/20にリリースされた 「Life is once」 という新曲を試しに聴いてみたらこれが結構イイぞ♪
ヒップホップという枠から飛び出したような、流れる感じのロックっぽい洗練されたサウンドがすごくカッコイイ。そして 「Life is once (人生一度きり)」 というタイトルと歌詞も 「さぁ頑張ろう!」って背中をポンと押されるような気分になれる感じだ。
久々にいい曲を見つけた♪ 口コミでどんどん売れてくるんじゃないかな。
ちなみに 「Life is once」 というタイトルはルー大柴がアルファに送ったメッセージからついたんだとか。ヤルじゃん、ルー大柴w (嫌いだけど・・笑)

アルファ 「Life is once」 GyaO無料動画はこちら。このカッコイイPV、簡単な登録手続が必要ですが必見です。
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0048574/

iTunesの視聴はこちらから≫
Yahoo!MUJIC http://music.yahoo.co.jp/shop/c/10/toct40190

「アルファ」ホームページのアルファTVからも簡単にPVが見られます。
http://www.tsuboi-suzuki-wada.com/

さぁみんなで若返ろう!(笑)
じゃなかった、、「さぁ、エブリワンでヤング・リターンだぜ…」 だな。 (嫌いなルー風w)
[PR]
by mm_500 | 2008-02-28 21:23 | 気になること
「百花繚乱」のスカジャン スゴイです!
久しぶりに洋服の話。
最近友達からプレゼントでいただいた 「黒いスカジャン」 なんですけど、コレがかなりキテおりまして超お気に。。 「百花繚乱」ってブランドなんだけど、リバーシブルで両面にゴテゴテと思いきり刺繍が施してありまして、コレがすごいのなんのの一言・・。糸の重さでしょう、ズッシリ重量があります。
f0128018_231245100.jpg

別珍の艶がそこら辺のチープなスカジャンとは違うな、、青糸のアクセントも絶妙。
惚れぼれしちゃって週末のたびに着ているんです^^

f0128018_23131310.jpg裏面もこんな感じで渋すぎます。。
もうすでに若者でもなければ、まだまだちょい悪オヤジの歳にもちょっと早いので、普段着がわりにラフに着てしまおう! 春先に大活躍だろうな~♪
黒のハンチングでビシッとキメたいところだけど、“予想屋”みたいで似合わないんだってさ、、おれの場合 (笑)
[PR]
by mm_500 | 2008-02-26 23:21 | ファッション・古着
映画 「ライラの冒険」
f0128018_2391535.jpg強風で高崎線も40分ぐらいダイヤが乱れてるなか、「ライラの冒険」が先行上映されていたので今週末の封切りを前にさいたま新都心のコクーンまで見にいってきた。
ストーリーは今後3部作にわたって出来あがっていくので序章は感動もなにもありませんでしたが、さすがに制作費が250億円もかかっているだけあってCGがすごいですね・・、登場する動物達が非常によく出来ていて驚いた。そしてニコール・キッドマンの美しさと眼力にもやられたw (そこに感動か・・)

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」 公式HP
[PR]
by mm_500 | 2008-02-24 23:14 | 映画
エビチリ的衝動。
f0128018_2143760.jpgテレビを見ていたら、日本の陳建民の店で初めてケチャップを使って考え出されたという 「エビチリ」 をジャージャーいわせながら火を通してたのを見て、 「Oh 食べたい!」 とスーパーに走った。
奥様ならともかく、おれの場合は作るのも初めてなのでネットでレシピ見ながら挑戦。作り方は簡単だけど細かいんですね。
30分ほどで完成して味も上々、白い揚げせんべいも買ってご満悦w 願望は満たされた♪
失敗点はというと卵白・片栗粉の衣がはがれて分離しちゃったことと、豆板醤が少し多すぎて大汗でした。
[PR]
by mm_500 | 2008-02-23 21:43 | 料理・食べもの
チーズバーガー缶!?
いろんなモノが缶に入ってしまう時代ですねぇ。。
f0128018_23332096.jpgちょっと小耳に挟んだので検索してみたらありました…、「チーズバーガー缶」。
スイスのメーカーが作っているらしく、日本円で620円ぐらいするそうです。アウトドア用に作られたようで缶ごとお湯でボイルして簡単に完成するそうです。下の実食レポートの缶の中に入っているバンズの頭の写真には笑えます。。
見てしまったからには、知ってしまったからにはなんか食べたくなってしまいますね(笑)
≫チーズバーガー缶を食べた人のレビュー
[PR]
by mm_500 | 2008-02-22 23:34 | ハンバーガー
帰れなかったひと 別名:ノリコシスト…
たった今、さっきまで東京で一緒に飲んでいた同僚からいきなり電話があって 「新幹線で長野まで来ちまった…」 って(爆w) そして乗り越しの常習者であるおれに向かって、「長野のマンガ喫茶を教えてくれ~」とww
そうなのである、高崎にいた時代に何回もやってしまった。軽井沢も長野も、上越では湯沢、浦佐、長岡まで遠征している強者ぶりにはちょっとした自慢も入る。 まぁ、こんな話を堂々とするのも頭オカシイが。。笑
新幹線は魔物なんですよ、、東京を出て大宮までの30分は我慢してられるんだが、あまりにも静かだから50分ぐらいの高崎ではホント熟睡開始みたいな状態になっちゃって…。
まぁでも、教えた通りマン喫もあったみたいだし、そこまで行くとあきらめもつくでしょうからゆっくり長野の夜を満喫して下さい♪

でも、、あきらめきれないのが吹上、鴻巣あたりですね…(最近のわが身の話) マンガ喫茶はないし、タクシーよりは泊まったほうが安いけどホテルがないし。。
去年は通算何回行ってしまったことでしょう。 「最短距離だ」ってことで最終電車がなくなった線路を歩いたこともありましたけど。。

まぁ、お互い気をつけましょうね。やっぱりそんな武勇伝はあってはいけません… (・。・;)
[PR]
by mm_500 | 2008-02-19 23:57 | 仕事のこと
ハートチップル、知ってます!?
f0128018_2242259.jpgニンニク味のお菓子といえば 「ハートチップル!」 ですよね。
しかし最近発覚した事実なのですが、どうやらこのお菓子、関東圏だけが知っているようなのであります。
今ではたしかにこっちでもスーパーやコンビニで 「見かけたかも…」 って思う程度なんですけど、子供の頃はあちこちの店や駄菓子屋に当然のように置いてあってニンニクの臭いをぷんぷんさせながらバリバリ食ってましたよねw

ネットで調べてみたら、どうやら東京ですら 「幻のお菓子」 になっているそうです。
しかもこのハートチップルには 「納豆あじ」 もあるそうな…。 それはこのおれでさえも知らなかった、、製造販売元リスカのある茨城県に行かないと発見できないのかしら…
[PR]
by mm_500 | 2008-02-18 22:06 | 料理・食べもの
桶川の喫茶店 「みどりや」
のんびりした休日だったのでお昼ゴハンがてら近所にある 「みどりや」 という喫茶店に初めて出かけてみた。3年前に桶川に越して来てからずっと気にかけていたお店なんだが、なかなか寄る機会もなく過ごしてきてしまったのである。
そもそも喫茶店って昔から大好きで、それもセルフの新しい店ではなくて昭和を感じるようなレトロな店に惹かれてしまう。もちろん当たりハズレも多い世界なんだけれど、たまたまマスターの人柄やまったりできる雰囲気に触れたりすると結構ハマったりするのだ。

さてその「みどりや」では、席に通されるやいなや店主の奥様が 「ナポリタンがおすすめ!そのほかアレもコレもぜ~んぶ手作りで☆&$@も#&¥Ωなんですよ~!」 と全力で愛想よく話し始められたw
「じゃあそのナポリタンを…♪」(笑) やられたw
一緒にでかけた友達も 「バターライスで&@△して、ミキサーで☆〒&して、み~んな手作りしたカレーですよ」 と言われたカレーを頼んだのだが、食べてみるとこれが美味しい。味が3段階に広がっていくというか、そんな感じでうまく説明できないけどとにかく美味しかった。
ナポリタンも量は少ないがとろとろのソース仕立てになっていてこれもなかなか美味い。
食事中、奥さんが話しかけるタイミングを今か今かと待ち構えていたようで、「美味しいですね」と話しかけたら機関銃のように材料とレシピを教えてくださり(笑)、しまいには奥からご主人まで顔を出して 「ナポリタンはデミグラスを手作りでね、生クリームは脂肪分45度以上なんだよ」 と力説してくれる。身内とおぼしきお婆ちゃんもカウンターでゴソゴソしてたりしてなんか楽しくていいなぁ~この店。

家具や内装は木彫で見事なほど昭和っぽいレトロ、メニューやポスターも半分以上手描きで人の温かさが伝わってくる。見ていると時々「レモン汗」とか「ボンコレ」などという誤字にも微笑ましてもらえて飽きさせてもらえないのが気に入ってしまった。

たまたま店内では松任谷由美の苗場のコンサートの音楽がラジオで流れていて、「あぁ~、古い喫茶店にこんな曲が流れているとホントにいいなぁ♪」などと、本当の意味での喫茶店の良さを味わってしまいました。笑
なんといいますか、温故知新っていうんですかね^^
ハマッたかも…、何もない日はマガジンかスポーツ新聞を持ってここに通ってしまうかもしれない。。笑
[PR]
by mm_500 | 2008-02-17 23:57 | 料理・食べもの
高崎散歩
高崎へ帰ったのだが、子供たちがバスケットの練習と試合見学で時間がかかるそうなので、ホン~~ット数年ぶりに市街地を散歩してみた。
幼少時代は駅前通りに母の実家があったり、学生の頃も街中をウロウロしていたものだから、駅周辺や市街地の移り変わりは結構詳しく知っていた、、はずだったのだが、ここ数年でさらに変わってしまっていたんですね。

今回は珍しく電車で出かけた。桶川を出るときからすでに空腹だったので、着いたら高崎ではちょっとした名物の 「栄寿亭のカツ丼」 だなと決めていた。
f0128018_1443997.jpg

大正9年に創業。以来何代にも渡って同じ味を守り続けているのと、20~30年近く370円という値段を貫き通していることがすごい店だ。カツ丼はソースではなく甘いだし正油ダレで味付けしたシンプルなもの、でも豚肉の名産地・群馬ならではの美味しさである。
タマゴとじのカツ丼も選べるが、とにかくこのいちばんシンプルな¥370がおすすめ。

高崎はもともと中仙道と越後へ向かう三国街道の分岐の宿場町として、また城下町としても商業が栄えた街である。そんな町の気質・性質のおかげか、あちこちに今風のセンスのいい街の雰囲気と古い街の名残りが混在していて面白い。
関東で古い町並みといえば川越が有名だが、高崎も路地を細かく入ってみるとこんな建物がいっぱい目に付く。きっと空襲で戦火をのがれながら今でも昔のままの姿で残ってるんだろう。
f0128018_211916.jpg

駅周辺~市役所あたりはこんな感じでセンスいい店がけっこうある。
f0128018_2172664.jpg


しかし・・、土曜日だというのに、それにしても人がいないなぁ。。 空き店舗もすごく目立つ。
バブル時代には日本でも有数な車社会の街ゆえに郊外がどんどん栄えて、ドーナツ化、空洞化が報じられた街だ。ここ10年近くは市街地活性化に力を入れてきたが、新しく生まれ変わった駅だけに人が集中してる感じ。。 なんか大宮と似てるなぁ。

それでも救いなのは、いま中心市街地がマンションラッシュな事かな。 東京まで新幹線で通える裕福なサラリーマンと、田舎だけどそれでも都市生活志向の人がどんどん買っているみたいな勢いを感じる。

生まれ育った街、高崎。どんな変化を遂げていったっていい。「変わらないものと、変わっていくもの」 いずれにしてもいつまでも魅力的な街であってほしい。そんな事を想いながら市街地を歩いてみた。
f0128018_2432569.jpg

[PR]
by mm_500 | 2008-02-16 23:58 | 日記ブログ