<   2007年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧
手作りの味噌マヨチーズ・ダブルバーガー
f0128018_1121740.jpg昨日に引きつづき、パンもハンバーグも手作りの 「ハンバーガー」 を作ってみた。
バンズは強力粉が多すぎたせいか味と食感はちょっとフランスパン風、でもおいしい。ハンバーグにはナツメグもしっかり混ぜてブラックペッパーをちょっと強調した感じを2枚焼きw 肉汁がすごい・・。

そして今日のハンバーガーにはちょっとした秘策があった。 友達経由で名古屋の 「つけてみそ かけてみそ」(←これは超兵器です。関東ではほとんど売ってないみたいなので後日レポートします!)を入手したので 「味噌マヨ風」 の味付けにしてみたのであるw

結果 : ★★★★☆ GOODでした♪
濃厚な名古屋風の甘味噌(八丁味噌とは書いてなかった・・)とパンとレタスの相性がすごくおいしくてびっくりした。。 この 「つけてみそ かけてみそ」 はある意味すごいかもしれない・・。 これから色んなモノで実験してみよう!
ということで、おいしそうに撮れたハンバーガー完成の図♪ ごちそうさまでした^^
f0128018_1252952.jpg

[PR]
by mm_500 | 2007-12-30 23:02 | ハンバーガー
父とアメ横と青いスカジャン
おれがまだ小学校4年生頃の年の瀬の話である。実家で営んでいた酒屋も年末年始の休みに入り、母も妹も留守だったのでヒマをもてあました父親がふいに 「おい、東京へいくか?」 とおれを連れだして電車で出かけたのである。
神田にある交通博物館に連れて行きたかったらしいのだがその日はあいにく休館日。仕方がないので近くのアメ横までふたりで歩くことになった。
それまで父親とおれだけのツーショットでの行動なんて夏のカブトムシ採り以外はほとんど皆無だったし、ましてや東京なんてほとんど行かない場所だったのでなんとなくお互いに緊張して終始無口だったような記憶が残っている。
うちの実家は当時、商売で儲けたお金はほとんど借金の返済と店の商品にという使い道だったから、母親に「アレが欲しいなぁ~」とねだっても「お父さんに言ってみて?」と一蹴され、ことごとく諦めさせられていた。 ところがこの日、今まで何ひとつおねだりなど聞いてくれなかった父親がアメ横を歩きながら 「おい、何か欲しいモノはあるか?」 と聞いてきたんだ。ある意味びっくりだった。
そしてスカジャンが並ぶ店の前で立ち止まって 「ジャンパーでも買うか?」 と言われて、ドキドキしながら素直に 「うん」 とうなずいた。 赤、黒、茶色、緑、いろんな子供用のスカジャンがぶら下がっている店の軒先でおれはしばらく悩み、いちばん気に入った青のスカジャンを無言で指さしてそれを買ってもらった。
それ以降、そのスカジャンが本当に大好きで6年生でボロボロになって着られなくなるまで冬の愛用品として着た。本当に毎日着ていたような気がする。 スカジャンとアメ横にはそんな父親との思い出があるのだ。

社会人になって群馬にいた頃にも年末に東京へ仕事で出てくると帰りしなに 「アメ横」 をよく一人で歩いた。東京へ移ってからのここ数年もそうだ、ここであの子供の時の思い出を回想するのがいつの間にか恒例行事みたいになっている。

f0128018_171245.jpg先日もそんな感じで仕事帰りに少しだけ歩いてきた。あの頃の魚と衣類とホコリと人々の息のゴチャゴチャな匂いと、ダミ声の活気は今も変わらない。
店の場所は忘れたけれど、子供用のスカジャンを売る店を2軒ほど見てきた。 あの頃のおれが青いスカジャンを指さして立っているのを見てきた気がする。そしてその横には今のおれと同じ歳くらいの父ちゃんがいるんだ。
たった1日の思い出話を自分なりにすごく美化してしまってる気もするけど、年末の 「アメ横」 はおれにとって本当に大切な街なんだよなぁ。。
f0128018_18298.jpg

そしてこの歳になった今もプレゼントでもらった青のスカジャンを時々愛用している。幼少時代の思い出を背負う感じで。
今年も残すところあと数日、そんな年末にまつわるエピソード話でした。
[PR]
by mm_500 | 2007-12-29 20:40 | 日記ブログ
美味いぞ、ハヤシくん
午後から揚げパンを作っていました。(地味な休日です・・笑)
その昔、高崎の実家の近くにあったパン屋さんに 「ハヤシくん」 という名前の大好きで大好きでたまらないパンがあり、いつも揚げたてを買ってきてはG~~OOD!と感激していたものです。
簡単にいうところ 「カレーパン」 の親戚みたいなモノでして、ハッシュドビーフはレトルトの物を、他の材料は事前に買い揃えてあったのでネットで揚げパン作りのレシピを調べて挑戦してみることにしました。

f0128018_183248.jpg・強力粉150g ・砂糖15g
・ドライイースト3g ・塩3g 
・牛乳140cc(40℃ぐらいに加熱)
生地は上記の材料を15分ほど練りこみ、手にベタつかなくなる頃にラップをして60分ほど1次発酵させます。※ちなみに今日はコタツの端のほうで発酵させました(笑)
生地が倍ぐらいの大きさになったら4等分して空気を抜くようにこね、丸型にしてからラップをかけ20分ほど2次発酵させます。
レトルトのハッシュドビーフには小麦粉(大1)、パン粉(大1)、ダイスカットのチーズを40gほど混ぜておきます。そして生地が1.5倍ほどの大きさになったら12cmほどに平らに広げ、中の具を包むように成型していきます。
牛乳にくぐらせ、パン粉をつけて180℃の油でキツネ色になるまで揚げたら完成!
f0128018_1872380.jpg

サクッとパンを割ると、中から濃厚なハッシュドビーフとプロセスチーズがとろ~り♪
あの頃食べた 「ハヤシくん」 と同じ味で感激。やっぱり出来たてのパンって美味しいですね~!
[PR]
by mm_500 | 2007-12-29 18:11 | 料理・食べもの
「Krispy Kreme Doughnuts」 おそるべし
仕事で川口まで車で行ったので“イオンモール川口キャラ”に寄り道してみた。
目的は11月末にOPENした、噂の 「クリスピークリーム・ドーナツ」。 冷静にみましましても今の日本の外食産業のショップではおそらく注目度第1位でしょう。
このお店は去年新宿のサザンテラスに1号店ができて毎日毎日長蛇の列ができており、1年以上経った今でもその勢いは衰えてません。 今年の10月には2号店が有楽町イトシアにOPENしましたが、ここでもやはり並ぶ気にすらならない長蛇の列。。
おれはそれでも、「たかがドーナツっしょ!?」 とか 「いずれ普通に買えるようになるっしょ・・」 と静観しておりましたが、友達の 「めちゃ美味いよぉ!」 のひと言に刺激されてつい行ってしまった。。
で、その川口店。都民にはOPENした事がバレていないのか、もしくは 「ふん、埼玉まで買いに行く気はないわよぉ・・」的な思惑があるのか、数分で買えるぐらい空いていました^^
ここの普段の混み方を知らないのでこれはラッキーだったのでしょうか?

並んでいる間、ガラス越しに数百のドーナツが揚がっていく行程を見ながら揚げたてのプレーンドーナツがまるごと1個試食として配られる。ところがこれがおいしい。。 なるほど、揚げたてのいちばんおいしいタイミングでサンプルをプレゼントするだけで余計に購買意欲を刺激されてしまう・・、見事な販促作戦だ。
そして行列に並ばないと買えないというプレミアム感が後押しをするのか、ほとんどのお客が12個入の1500円と1700円の箱を2段重ねぐらいで買っていく。ドーナツに○千円を使っていくのである。正直、ミスタードーナツじゃ見られないようなパワフルな売り方、買い方をしていくのにびっくりであった。
さらにここ店の秘策はそれだけじゃない、冷めたドーナツ自体は 「フツーだよなぁ・・」 の言葉におさまるのだが、「レンジで数秒温めて召し上がってください」 というワンポイントアドバイスが付く。極端な話、そのひと言でおいしい食べ方までもがクチコミで広がりこの行列を作ってるのかもしれない。
やはり商売のカギって、仕掛けとさりげない接客にあるってことを教えてくれる。

で、その箱買いのドーナツ。店のスタッフには有り難がれてよかった。残りを本社の女子スタッフにと持って帰ったのだが帰社の6時のをとっくに回っており、いたのは男性社員のみ…。悲しいかなオトコ連中数人だけでおすそ分けをしました・・(そんなオチw)
f0128018_23583747.jpg

[PR]
by mm_500 | 2007-12-27 23:59 | 料理・食べもの
おばんざいにばんざい。
メリークリスマス♪ もうちょっとだけ25日なのでいちおう間に合いました(笑)
こちらは週末に新宿まで出かけていたのですが、ちょっと高級なおばんざい風の居酒屋で注文したメニューが驚くほどおいしかったのでメモしておきます。

f0128018_2317506.jpg「鮪のトロカツ」
写真ではちょっとわかりにくいのですけど、大きなトロに衣をつけてサクサクに揚げております。しかしこれがまた絶妙な揚げ加減でして、外側数ミリはほどよく火が通っていて白身になっており、真ん中はほとんどまだ“トロの刺身”の状態。そしてこれをなんと“ポン酢と玉ねぎのスライス”でいただくのであります。。

いやはや、、「これは美味い…!!」 味もアイデアにも感激ですが、板前さんの腕もすごいとしか言いようがありません。
ここのお店ほ新宿ビル群のド真ん中に2.5階建ての円柱状の建物を構える「音音(おとおと)」という店で、以前から気になっておりました。和モダンな雰囲気で 「家庭料理を板前が作ったらこうなります」 という感じのメニューなのでどれも気になりましたが、とくに「伊賀土鍋の炊きたてごはん・980円 (土鍋炊きの白米が980円ですよ!? すごく美味しいんでしょうね…)」など、とにかくあれこれひと通り気がかりでした。。

ということで、さぁ~ひとまず自分でも作ってみようかな。「鮪のトロカツ・ポン酢添え」
[PR]
by mm_500 | 2007-12-25 23:42 | 料理・食べもの
アイ・アム・レジェンド
f0128018_21491446.jpg映画 「アイ・アム・レジェンド」 を見てきました。
事前に内容を調べずに行ったのですが、ウィル・スミスが主演だしCMや広告で紹介されていた 「地球最後の男」 という言葉だけでドラマティックな展開の映画だろうって一方的に期待してしまっておりました。
が、しかし上映されると… (ネタばれになってしまうので、これ以上は書きません…)
廃墟と化して人ひとりいないニューヨークのCG映像や愛犬のサム(シェパード)の演技や愛嬌には「すごい!」と感心させられましたが、上映終了後の自分的な感想としては 「怖かったぁ…」 と 「見るんじゃなかったぁ。。」 という感じです。。

2007年も気が向いては 「硫黄島からの手紙」、「バブルへGO!」、「パイレーツ・オブ・カリビアン」、「ダイハード4」 など何本かの映画を見てきました。やっぱり臨場感があるからシアターで見るのがいちばんイイですよね。
残念ながら 「アイ・アム・レジェンド」 は消化不良だったので、今年ラストにもう1本ぐらい見て2007年を締めくくろうかなぁ。なんて思いました^^
[PR]
by mm_500 | 2007-12-24 21:53 | 映画
テレビで掃除が進まない…
休みだったので、昼頃にモゾモゾ起きて年末らしく部屋の掃除を始めた。
が、しかし…。テレビをつけながらの掃除はしんどい、その都度手も頭も止まってしまう…

散らかっているモノを片付けていざ掃除機!というときにNHKの 「風林火山」 HP≫が始まってしまった。大河ドラマなど今まで見たことがなかったのだが、たまたま今日は「川中島の決戦」シーンで山本勘助が戦死してしまうという最終回。壮大な信州が舞台のロケで製作されたドラマについつい見入ってしまい、1時間ほどボーッとしてしまった。

掃除はそれから2時間ほどあれこれ整理したりして進んだのだが、4:00から同じNHKで放映されたドラマでイタリア賞を受賞した 「ハゲタカ」 番組HP≫ に意識が集中。。
不良債権にあえぐ日本の負債者と金融機関、それをハゲタカのように買収していく外資系インベストメント企業のドロドロした戦いを描いているドラマだ。3日連続で放映らしいから続けて見たくなった。

夜になってビールを飲みながら台所を掃除してたら 「大奥」 が始まってしまい、完全に戦意喪失・・・。しっかりとコタツに座ってしまったのだ(笑)

普段テレビはあまり見ないので、こんなに長い時間テレビを見続けたことにビックリ。。
そして肝心な掃除はというと、、あれこれやり残したけどさきほど終了♪
部屋は一応きれいに片付きましたw
[PR]
by mm_500 | 2007-12-22 23:38 | 日記ブログ
上毛かるた
f0128018_042094.jpg  「鶴舞うかたちの~ 群馬県~」

    「裾野は長し~ 赤城山~」

「仙境尾瀬沼 花の原~」

    「桐生は日本の機どころ~」

 「ねぎとこんにゃく 下仁田名産~~」


こんな感じで地元の群馬には郷土のゆかりや歴史を詠んだ 「上毛かるた」 という、群馬県民なら誰でも知っている“かるた”があるんです。
小学校の高学年になって冬休みに入ると、正月明けの大会に備えて早朝から町内の公民館で練習が始まります。 当時のおれもけっこう燃えたものでして、自慢じゃないですけど小学校区の町内別の大会で勝って高崎市の大会にまで出場したことがありますw (ちなみにこれは県大会まであります)

そして先週、上の娘がどうやらこれにハマッているようでして周囲では強いとの評判。
ついにこの上毛かるたで 「勝負をしよう!」 ということになったので目をキラリ☆とさせながら娘の挑戦を受けることにしました。
結果、いずれも僅差ながら辛うじて2勝1敗。結構マジにやってしまいましたよ(笑)
30年ほどのブランクがあるにしても、どうにか現役の娘に勝って面目を保ちました(あはは)

調べてみるとこの「上毛かるた」は終戦の1945年に誕生したようです。
でも練習とか大会の様子とかも昔とまったく変わってないみたいで、おれが子供の頃から30年経って、何度も世代交代しても子供達が群馬の随所の絵が描かれた札を探しあてる遊びがしっかりと息づいていることが嬉しくなりました。
今思えば、子供達にとっては 「真剣勝負」であり、「コミュニケーション」であり、「遊び」であり、「学習」でもあり。そして大人になった今では 「郷愁」 や 「郷土思い」 の糧になっているような気がします。
故郷群馬にはこんなかるたがあることを、いつも誇りに思っております。
ていうかもう3戦、娘と勝負したいな。今度は父ちゃんを負かせてみろよ~!(笑)
[PR]
by mm_500 | 2007-12-21 23:08 | 日記ブログ
ララガーデン春日部
f0128018_23321056.jpg

仕事の移動の合間に、三井不動産が手がけて11月上旬にOPENした春日部の「ララガーデン」に行ってきた。
このてのショッピングモールができると週末の交通環境も一変して、特に週末などは郊外型店舗の客足にまで大きく影響するので、あくまで仕事の一環で現地調査してきたのである。(おい、ホントか~!? 笑)
ところが、事前にウチの店のスタッフに聞いてみるとなかなかコレが評判が良くないらしい。。 どして?と聞いてみると 「駐車場でお金を取られる」、「思った以上に大きくなく、テナントがつまらない」、「周辺の道路が未開発で渋滞だらけ」 とのこと。
実際に行ってみると、なるほどうなずける。
駅に近い立地ということもあるのだろうが、たった20分ほど駐車しただけで400円取られた…。何も買わないで雰囲気だけ楽しみたいという人も実際は多くいるはず、そんな人達はきっと次回はためらってしまうでしょうね。。
核テナントは 「リブレ京成」 「ユナイテッドシネマ」 「ユニクロ」 「アカチャンホンポ」 と、正直おもしろ味もないなぁ…。カフェはスターバックスのみで独占状態だし、、これも商売柄なのか面白くない…。笑
うーーん、おれもコレが近くにあっても行かないなぁ。。

なんとなくだけど、これからのショッピングセンターは規模や大きさだけじゃなくて、テナント選定の面白さと施設そのもののアミューズメント性っていうか非日常性っていうのが大切だなぁと実感した。ハーバードックで海を眺めるロケーションの良さとキッザニアで成功した豊洲のノウハウをなんで生かせなかったんだろう。。と、素朴に感じた。
しかも埼玉初出店という店を多く見かけたけど、首都圏じゃもう遅いというか当然のようにみんな知っている店も多い。春日部市周辺消費者を甘く見てるよ。。
東京や神奈川でも知らないような地方の実力店とかテナントに誘致するほうがよっぽど楽しいように思えるし、街のプライドになって大切にされると思うんだけどなぁ。。

それともう1点言わせていただきたい、、ここは 「オープンモール」 といって屋根はあるが屋外と同じようなモール(逆にイオンみたいに建物内に施設があるのを“エンクローズドモール”と呼ぶ)なのだが、一見雰囲気は良さそうなのに特に今日みたいな日はどの店もとにかく寒い…。アウトレットなどはだいたいこの方式なのだが、緑を眺めながらのそれと違ってコンクリートの施設じゃお客さんの歩くスピードは早くなってしまうし間口やガラスの関係で店がなかなかアピールしづらいのも難点だな。。
空調設備費と年間の空調費ってものすごく大きいんだけど、そこをなんかケチって計算に入れたように思えてならない。。 ショッピンッグは回遊していても快適でありたいのだ。
たった20分であったが、なんとなくフラッと歩いてみてスタッフが口にした 「あんまりよくない…」 の理由がなんとなくわかった気がする。

ちなみに仕事としての本気の目線は。
①何度もリピートされてしまい週末の集客力・吸引力が脅威かどうか。
②目新しいカフェの参入と、新しいメニューへの工夫があるかどうか。
③店頭でのメニューの見せ方やPRのアイデア。
④アルバイト募集の平均時給と1ヶ月経った時点での募集状況。

ふらふら散歩してきたように思われそうだが、一応そんな視点で鋭く観察してきました♪
インテリなぐらいネジ曲がってますが、そんな仕事目線でショッピングセンターをあれこれ思うのも正直楽しいのですww
[PR]
by mm_500 | 2007-12-19 23:33 | 仕事のこと
絶品チーズバーガーに雑感
今月に入ってから、ロッテリアの店頭ポスターに指をくわえていた。。
だって、、“絶品チーズバーガー”って書いてあって、写真にはチーズ好きがしびれるぐらい垂れてるんですよ。。
ぴらっと広告をもらってくると、部位指定のお肉だとか、スイスのグリュイエルチーズとレッドチェダーのミックスナチュラルチーズだとか唾液を刺激する言葉が並んでおって、それはそれは毎日気になって店の前を歩いてましたよw 詳細≫
f0128018_23481025.jpg

ということで、本日ガマンができなくなり実食♪

う~~ん。。 順を追って説明しましょう。
1.今のところ首都圏48店舗・200食限定でしか販売してないんですって。
2.価格は単品で360円、やや高いですね。。
3.トレーに乗って出てきたハンバーガーの大きさを見て、「小さっ・・」という感想。
4.チーズの量が…、写真と違う…。
5.パティの食感はゴツゴツしていて粗挽き感もばっちり、お肉のコクとブラックペッパーで締まった味は結構好きかもしれません。

総評≫ファストフードのハンバーガーとしてなら味は濃厚でおいしいと思います・・が、どうなんでしょう。。 直球すぎて面白くないというのか、宣伝文句と写真に期待させられ過ぎたというのか、「ふぅ~ん、そうですかぁ…」 という感じです。期待していた肉汁もないし…。

過去ロッテリアでは4~5年前にもちょっとした高級路線ねらいで 「フレッシュバーガー」(という名前だったかな。。)という商品が販売されて 「これはマジメに美味い!」 と思ったことがありましたが、残念ながら今回のはそれを上回るインパクトではありませんでした。。

ロッテリアさま、広告と戦略で期待を膨らませすぎたのがいけません。。 シンプルにちょっとしたコメントで発売開始していれば、きっと 「これは美味い」 とおれも絶賛していたかもしれません。。 意外とそんなもんです。
明日は神田に新しくできた 「バーガーキング」 か、 「メガマック」 実食かな~♪
[PR]
by mm_500 | 2007-12-18 23:54 | ハンバーガー