「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
食べ物に恨まれる憶えは…
「 棚は ぼた餅をも食う 」

「 いただき物は のしを付けて旅立つ 」

今日の、というかさっきの出来事を慣用句にするとこんなところだろうか。。

手伝いに入った店で大量のパンがロス(廃棄)になった。基本的に食べ物を無駄に捨てるのは好きじゃないし、もったいないので知人や近所にあげようと大袋に詰めて持ち帰ることにした。
上野から帰りの電車に乗り、暑いのでマフラーも袋の中にいれて荷物棚へ。そして熟睡…。ちゃんと手前の駅で起きて桶川駅で下車、しばらく何も考えず歩く。。

ん…!? あぁああ~!! (手にはカバンだけ…、電車はもういないし…)

パンだけならともかく、マフラーまで持って行かれてしまったのだ(><)
はぁ~~、チカラが抜ける。。 パンを救ってあげたためにマフラーまで旅立ってしまうなんて。べつに高価なモノじゃないけれど、マフラーだけは戻ってきてくれないかなぁ。。 明日 高崎駅に電話してみよう。(忘れ物が期限ぎりぎりのパンってところが情けないけど…)

何年か前の忘年会で当てた 「空気清浄機(大きな箱)」と一緒にコートを新幹線に忘れたのを思い出した(笑) まぁ 根本的に自分が悪いのだけど、ほんとやり切れません。。
今度はもう荷物にはヒモをつなごうか・・、まじめにそんな事を考えてしまった。。
[PR]
by mm_500 | 2007-11-30 23:37 | 日記ブログ
ミニチュアサンド
f0128018_22182254.jpg先日店に出て仕事していたとき、ふとしたクラフト精神がうずいてしまいこんなモノを作ってみました。

こうして見ると、一見普通のサンドイッチ。ハムやレタス、タマゴ、トマトのスライスなんかもちゃんと入っております。

でもこれ、ミニチュアなんですよ^^


コーヒーカップや実際寸のサンドイッチと比べるとこんな感じ♪
f0128018_22244679.jpg

サンドイッチの子供って感じw ミニチュアってなんか可愛くて好きですね。笑
[PR]
by mm_500 | 2007-11-29 22:28 | 仕事のこと
ラテアート@努力中・・
ここ1ヶ月ほど、仕事中に 「ラテ・アート」 にはまっている。 しかも病的に。。
ラテ・アートとは、カフェラテを作る際にフォームドミルク(蒸気で泡だてたミルク)を上手く注ぎ込んでいろんな模様を作ることなのだが、なかでも代表的な 「リーフ(葉)」 がこれまた難しくてどうにも上手くできない。。

f0128018_1432028.jpg作り始めた当初…


        おいおい・・・ 超ダサ。



アートとかいう次元ではなく、周りから冷笑される始末・・・。「ちきしょ~!」と、コーヒー屋としてのプライドに火がつく。

1回作るのに150ccほどの牛乳とコーヒー粉がロスになるため、材料を無駄にしないためにも神経を集中して頑張る。。 のだが、、何度やってもできない…。
f0128018_23501297.jpgで、2週後ぐらい。。


    うーーーん・・

    なんとか成長しているが、

    まだまだ全然ダメだ。



店に出向くと、手馴れたようにササッと上手にやってのける後輩たちに腹が立つ・・w
「テメー等、いまに見てろよぉ!!」 笑

果たして何本の牛乳を無駄にしてきたのであろうか、、
そして今日、ついに30点ぐらいの評点をあげられそうなレベルまできたので進捗状況をアップしておくことにする。
f0128018_021147.jpg

自分的には現在のところコレが最高到達点なのだが、完成目標からすると50%という感じ。はっきり言ってこのレベルでは、バリスタの世界では“子供のお遊びレベル以下”なのである…。
プロのバリスタの世界≫

負けず嫌いなのでまだまだ精進を続けていくよ。そのたびに進捗を報告していきたいと思うのでよろしく。(悔)
[PR]
by mm_500 | 2007-11-28 00:16 | 仕事のこと
先々週のこと
f0128018_0424184.jpg面倒で書き込みをスルーしていた先々週(18~24日)の日記ですが、日曜日は埼玉の奇峰・両神山に登りたくて麓まで行ってみたのだが「林道崩壊のため通行止」。
それでも看板をどかして興味本位で崩壊林道に突入、、ところが9月の台風で本当にいたるところに落石しており、数十センチの亀裂、陥没などなど・・。どこでも走れるスペースギアをもってしても進行不可能なため断念した・・。

平日は1日有給をとってギリギリの免許更新のため早朝から群馬へ。免許はともかく、この前日は北部山沿いが大雪だったみたいで上信越の山々がいきなり冬化粧していた。久しぶりに眺める群馬の白い山脈で冬の到来を知る。赤城山も山頂付近が真っ白くなってました。ついでにいつもの博多一番でラーメン食べたり、旧職場の新しい事務所におじゃましてみたり。
f0128018_032214.jpg

そして残りの平日はほとんど酒びたり…。フィリピンから帰ってきている仲間との嬉しい酒や、終電乗り越しでタクシー、終電スルーで東京泊など、たった数日で3~4万円は飛んだな…。

正直に言いますと、酔っ払ってブログ書けなかったのがホントのところ。そんな中でもプラモデルを完成させたりと実は何かと忙しい一週間でした…(笑)

で、おまけの癒しフォト。なんとなくオータムチックな山のデザインをどうぞ
f0128018_0344369.jpg

[PR]
by mm_500 | 2007-11-27 00:21 | 日記ブログ
奥多摩・ミズナラの巨木と金袋山ハイク
アウトドアの仲間3人で奥多摩まで巨樹探索を兼ねたハイキングに出かけてきた。
東京都の最奥である日原鍾乳洞に車を止めて、いきなり斜度45℃以上もあろうかという鍾乳洞西側の絶壁燕岩の脇の急斜面を一気に登る。
ハァハァ…、このところの運動不足の脚にはキツイ。。 大汗とアキレス腱の伸びに悶絶しながらまずは高度差300mほどの急登を制す。
後半は日差しの明るい尾根筋の道を歩く。広葉樹の枯葉が落ちきった道をシャクシャクと音を立てて歩きながら、汗を乾かしていく適度な涼しさと、冬枯れの木々のむこうに広がる青空が本当に気持ちいい。これこそ冬の低山歩きの喜びだなぁと満悦の思いに浸る。

ほどなくすると日当たりの良い尾根脇のひらけた場所に大きな 「ミズナラの巨木」 をみつけてたどりつく。樹齢は300~500年といったところだろうか、斜めに大きく傾いたその姿は恐竜のティラノサウルスを思わせる堂々とした“森の盟主”だ。
まだ時間も早かったためその先の金袋山まで往復してくることにして、帰路にまたこの巨木の横で昼ゴハンにすることにした。
今回の昼ゴハンのメニューは寒さを想定して 「うどん」。数日前からメールで食事の準備を頼まれていたため、汁は1.5Lのペットボトルに仕込んでおいたのだ(笑)
レシピはそれなりに工夫したのだが、味はともあれ野山で食えば何でも美味いのであるw

今回は山の友達と巨樹がなければ本当に名前すら知ることもなかったはずの奥多摩の低山だったが、ほのぼのとした静かな山歩きを本当の意味で満喫できた。マニアックな奥多摩探索に身を置いているsizukuさんにまずは感謝である^^
そしてこんな低山でもGPSと機能ギアを駆使して、決して山をナメないkanさんの真摯な姿勢にも勉強させられる山歩きであった。(ブログ≫
もともと単独の山歩きが好きな3人だから感性、思惑、歩き方はたぶんみんなバラバラ。それでもみんな山を歩く時間と空気が好き、そんないい雰囲気を感じましたよ。
f0128018_2330931.jpg


追伸ですが、この時期のウェアのレイヤードは本当に大変。強風や早朝の激寒を想定してゴアやダウンなどのシェルも必要だし、今回みたいに小春日和みたいな上りではロングTで充分だったりと、上り下り、休憩、防寒などそれぞれのシーンでとにかくウェアを幅広く使わないといけないのだ。







 
[PR]
by mm_500 | 2007-11-26 23:43 | アウトドア
ラーメン丼
f0128018_255192.jpg
先週突然ひらめきまして、想像するがままに作ってみたのがこの 「ラーメン丼」。
半分近くはおふざけで作ってみたのですが、ラーメンのスープでごはんを炊いて具をのせてみたらどんなモノになるのか…。その実食の感想だけが知りたかったのであります。

しかし思うところ、この 「ラーメン丼」 はきっと奥が深そう。なので今回のテストではまずスタンダードなスーパーで売っている50円程度の 「鶏がらベース・しょう油味」 のスープを選んでやってみました。作り方は簡単で ①ラーメンスープを溶いて炊飯器でごはんを炊く ②ラーメンのトッピングを好みでのせる。それだけです。。

炊いている間、炊飯ジャーからはまぎれもなくラーメンの匂いが噴出していて興味深々になります。で、、結果的に食べた感想は…。
1.しょうゆ味だと、味はかぎりなく 「チャーハン」 でした。
2.汁気がやっぱり欲しくなり、後からスープをかけて食べてみたらおいしくなった。ごはんの味付けはしっかりついているので、ただの薄味の鶏がらスープで良い感じ。
3.正直に言って満足度は35%程度で 「感動」 は無かった…。しかし、まだまだ「味噌」、「塩」、最終目標の「とんこつラーメン丼」 が控えているので今後の展開は面白そうなのであります。

食後にネットで検索してみたら、福島の喜多方で販売している「ラーメン丼」がある様子。そしてセブンイレブンでも今夏にスポットメニューとして「ラーメン丼」を販売していた模様です。
いずれにしましてもこの「ラーメン丼」、アイデア的にはどんどん広がっていくので近々また別の味で挑戦してみることにましした。
[PR]
by mm_500 | 2007-11-20 23:39 | ラーメン丼?
自転車王国オランダの 「フィーツファブリーク」
f0128018_024206.jpg
雑誌を見ていたらオランダの面白い自転車メーカーの記事に目がとまった。
実用性・安全性を重視しながらもヨーロッパらしい独特のデザインがGOODだし、だいたいこんな風変わりな自転車でさえも街の風景に溶けこんでしまっているから“外国の粋”を感じてしまう。
ちなみにこの自転車は 「フィーツファブリーク」 というメーカーで作られている。≫HP

自転車保有率 世界NO1というオランダ。いろんな方のブログなどを拝見していても、首都のアムステルダムなどはとにかく自転車だらけの 「自転車王国」 なんだという。そんな自転車大好きのオランダでもいま大注目のブランドらしいですから気になります。
(※真の自転車王国は中国かと思ってましたが…)

まぁ、街が美しいからデザインが映えるのでしょうね。。
ちょっと洒落た東京の街ならともかく、いま住んでるような片田舎じゃ乗れませんね…。
興味ある方はぜひ^^
[PR]
by mm_500 | 2007-11-14 00:25 | 日記ブログ
珍しい「モスバーガー」と、雑感。
外食産業に20年以上も身を置いているおれですが、正直に言いますと 「モスバーガー」 の長年のファンでもあります。
個人的な意見としてポテトははっきり言ってイケてませんけれど、肉類の味・グレード、野菜の使い方はどのチェーンよりも抜き出ているというのが率直な好印象です。

モスバーガーの本社はウチの牛込神楽坂(新宿区)の店の近くにあるのですが、実はそのモス本社から数100mのところに 「MOS Classic(モス・クラシック)」 という全国でもここと横浜に2店しかない珍しい店があるのです。※本社からいちばん近い店で、以前は「MOS's C」という店名でした。

ここ数年で商品のグレードを上げた“緑モス”にて高級バーガーの「匠」を発売しているのは有名ですが、この 「MOS Classic」 では最低価格が1000円のセットのみと、モスバーガーチェーンの中でも最高級な業態なのであります。

ということで “モノは試し” と、以前から興味深々だったこの 「MOS Classic」 に会社の後輩を連れて行ってみました。内装はブラウンを基調としたアメリカ郊外のバーガーショップを思わせる感じで派手さはない感じ。メニューはドリンクが付いた1000円のセットから10種類ほどのオリジナルバーガーとドリンクを選ぶ仕組みで、バーガーの写真はなかったけどアボガドやタルタルソースをうまくメニューに取り入れて上手に高級感を出しています。お肉ダブルだと1300円となっていました…(高!!)

おれはシンプルなチーズバーガーを頼んだのですが、ハンバーグはもちろん注文後にキッチンで焼いていました。で、出てきたハンバーガーはタワーみたいな状態で10cm以上もあろうかと…。そしてピクルス&ポテトは皿にちょい乗せで…。苦手なトマトは2cmもあろうかという超ブ厚さで…。いやいや、これはメガマックとかの問題ではありません…。
店のファサートと注文したバーガーの写真です。
f0128018_0124139.jpg

ただですねぇ、残念なことにどうもこの店・・、モスバーガー本社的にはチェーン展開する気などほとんど無さそうな感じで…。 イチファンとして、イチ外食視察員として、「体験をしてきた・・」という程度の感想になってしまいました。。

モスバーガーのサイト(URL)を見ると面白いですよ、いま新しいショッピングセンターにどんどん入り込んでいる紅茶とワッフル専門の「マザーリーフ」や、「各地方限定メニュー」などなど。最近では富士急ハイランド店限定の「フジヤマ」なるハンバーガーも出たとか。。

ともあれ、マクドナルドと違って 「大人」 を狙っている戦略がウチの会社とまったく似ております。ましてや 「大人以上・・」 の客層が押し寄せるウチのメニューに何かヒントになればなぁと思ったモス体験でしたが。。
「高齢化コーヒー社会を考えていくか…」 と冷静に企業戦士した一日でありました。。
[PR]
by mm_500 | 2007-11-13 00:42 | ハンバーガー
たまには夜景でも。
今夜の関東の夜空は、雲が少し多いけれども澄んだ晴れです。
こんな夜は帰宅後にちょっと車を出して、眼下に夜景を見渡せる場所に行ってみたくなります。
こんな時期ですから外はとても寒くて10分もジッと眺めてられないのですが、仕事が終わったあとに 「そんな場所へ行く楽しさ」 と 「自分だけの時間」 みたいなのが妙に嬉しくて、以前は一日の褒美がわりによく出かけてたりしてました。
家のベランダから大宮、さいたま新都心の明かりが今日はハッキリ見えたので、山の上からの夜景に想いを馳せた次第です。

これからもっと空気が澄んで夜景がキラキラする季節、2~3時間のぶらりドライブで夜景を見に行ってみるのもいい気分転換になるかもしれませんね。
f0128018_2354174.jpg

おすすめの場所をメモしておきますけど。
≫赤城山・サンシャイン峠(群馬県富士見村) 地図
赤城温泉郷から上った南面の標高1,800mぐらいの場所に展望台があって群馬はもちろん関東平野が一望できます。夜景は一見の価値ありです。晴れた日には約150kmも離れたサンシャイン60や新宿ビル群まではっきり見えるのでその名前が付いてます。※12/16にこの道路は冬季通行止になります。

≫榛名山・富士見峠(群馬県榛東村) 地図
榛名山の麓にある霞山カントリークラブの上にある道にこの峠があります。赤城山同様に首都圏の夜景が果てしなく広がっております。

≫堂平山キャンプ場(埼玉県ときがわ町) 地図
先日昼間に出かけてわかった事ですが、左には熊谷・群馬の遠望から右には横浜のベイブリッジやランドマークタワーまで、正面には新宿をはじめとする都心が眺められます。まだ夜に行ってないのですが間違いなくすごい夜景だろうなと感じます。

仕事の帰り道に遠回り、もしくは帰ってからの気分転換で、こんな場所に “ピアノBGMのCD” でも聴きながらふらりとドライブしてみてはいかがでしょう。 キーワードは「山の上から」です^^
[PR]
by mm_500 | 2007-11-12 23:18 | 日記ブログ
混沌としているここ数日。
前回の日記からすでに1週間、しかしどうも何かを書こうという気が起きない。。
その間には、オークションでコートを買う、酒での大乱闘や徹夜での飲み、フリマで気に入ったパーカーを買う、子供のバスケの試合観戦に行く、美味い坦々麺、全身マッサージ、東京駅のツインタワーなどなど、喜怒哀楽は普段以上であって話題には事欠かなかったはずなのだが、本当に何かを書く気が起きなかったのだ。
毎日のように都内で飲んで帰ってきていた…というのも理由のひとつなんだろうが、店での金銭事故や、上や後輩達との温度差のズレなど職場の空気が 「いまひとつ微妙…」 なことに疲れてるのが “マイナーな気分のベース” かもしれないな。

う~ん、こんな時はホント1人で山に行きたい。。

今日も訳もなくドッと疲れたので早めに帰宅してボーッとしていた。
きっと疲れているのはおれだけじゃないはずなんだけれど、こんな時こそ自分からリフレッシュして流れを変えたいなと思う。
本当に東京は 「ストレス地獄だ…」 と感じた今日のグチ。
[PR]
by mm_500 | 2007-11-07 22:20 | 仕事のこと