<   2007年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
プラモデル 「姫路城」 編
f0128018_14461725.jpg「暇をみつけては作ろうか・・」と、買ったまま山のように放置されているプラモデルがいくつもある。。
先週末もまたひとつ衝動買いをしてしまったので、どれかひとつ片付けなくちゃと「国宝・姫路城」をまる一日かけて完成させてみた。

べつに“城マニア”ではないのだが、作る前にお城のことをあれこれ調べてみたりするのが楽しい。そして石垣を丁寧に塗ってみたり、木を本物のように作ってみたりと、ジオラマのようにリアルに出来あがってくる工程が妙にマニアックで楽しいのである。
そして今日、ようやく屋外で写真を撮ることができたのでブログアップ。

高台の天守閣から街を眺めるお殿様の気分に、ちょっとなれたような・・、ならないような・・。
f0128018_14545162.jpg

ちなみに下のは去年作った「松本城」
f0128018_15145540.jpg

姫路城は別名「白鷺(しらさぎ)城」と呼ばれているのと対称的に、松本城はその黒い風貌から「烏(からす)城」と呼ばれている。
[PR]
by mm_500 | 2007-08-30 14:56 | クラフト
どんぶりは素晴らしい
やっぱり、「男は黙ってどんぶり」でしょう。
f0128018_2127157.jpg先日本屋で何気なく料理本を見ていたら、ついついその「どんぶりの写真の美しさ」に魅了されてしまい一冊購入。。
本の中味は定番中の定番ばかりなのだが、下味と煮汁の材料の基本を知りたかったのと、添え物の菜類や下のまぜゴハンの工夫などを参考にしたかったのだ。
そして読み通すうちに、いくつかのアイデアどんぶりが浮かんできた♪
後日それを実践してレシピに残してみたいと思います。

ちなみに、どんぶりの基本って「美味しい、簡単、心にしみる・・」なんですって(笑)
[PR]
by mm_500 | 2007-08-28 21:27 | 料理・食べもの
「セミ」 に想う
今年の夏はいつになく 「セミ」 があちこちで多かったような気がします。
でも猛暑もそろそろ去っていきそうな予感。真昼にはまだまだ元気よく鳴いてるセミ達も、夜が涼しくなればなるほど命を絶やしていくんだな~などと儚い思いがめぐったり。

セミっておよそ7年もの長い年月を土の中で過ごし、人知れず青白い美しい羽根を出しながら殻を破って成虫になり、たったの1週間から10日ぐらいでその生涯を終えていくというすごく不憫な生き物なんですよね。

都心にもセミは結構いるもんでして、新宿の高層ビル街や丸の内のオフィス街でもたくさんのセミが健気に鳴いているものです。「こんな空気が汚くてアスファルトだらけの中で、よく頑張って生きてきたね…」などと褒めてあげたい気分になります。
ホントは海辺の松林とか、里山とかで元気一杯に鳴きたかっただろうにね。。

外ではもう秋の虫の音。。
ちょっと切なくなるようなセミの話でしたが、明日も精一杯元気に鳴いて過ぎ行く夏を感じさせて下さいね^^

写真はもう弱ってしまった「エゾゼミ」 桶川市にて
f0128018_2294875.jpg

[PR]
by mm_500 | 2007-08-26 21:33 | 日記ブログ
猛暑の埼玉MTB日記
猛暑を越えて「炎暑」の埼玉…。
連日38℃をクリアし、熊谷を筆頭に夏はとにかく有名になっちゃってる場所なのだ。。
群馬ならひょいと走れば標高1500~2000mぐらいの涼しい場所に行けるのだが、ここ埼玉ではそういう訳にはいかない…。
自然の涼しさなど求めてはいけない県なのである。。

f0128018_22363398.jpg前置きはさて置き、昨日の休日はそんな猛暑の中、日頃のアルコールや毒素を放出すべく健康的な大汗をかきたくなって秩父と関東平野の間にまたがる堂平山(876m)までMTBで出かけてみた。
大野峠という場所から車道と並行するように「関東ふれあいの道」という軽いアップダウンの登山道があり、そこを5kmほどマウンテンバイクで走るのだ。

いつもならば爽快感を求めてダウンヒルが中心なのだが、今回は大汗目的なのと気持ちいい堂平山をゴールにしたかったのであえてヒルクライムにしてみた。(たいした標高差はないんだけどね…笑)
ていうか結果は…、木の階段と登山道を登る脚力の無さでほとんど押し歩きでしたよ。。
汗だくというか、半分脱水状態でした(笑)

それでもゴールの堂平キャンプ場はなかなか気持ちいい、天文台もあるし夜景もたぶんきれいな場所なので今度シーズンオフに勝手にテント張って寝てみたくなったw
結局この日はキャンプ場の端っこで1時間ほど日光浴で日焼け^^ 帰りの玉川温泉(ここ、お湯がおすすめ)でも露天風呂で日光浴して日焼けw そんな感じでした。

たいしたMTBの散策日記ではなかったのですが、雑記帳がてらメモをいくつか。
①この天文台では星の観測会を結構頻繁に行っているようで、11月の流星群の時などは首都圏からだとこの堂平山で見るのがいちばんいいかも、と思いました。

②「関東ふれあいの道」という山歩きコースが、関東7都県・総延長1655kmにも渡ってつながってることが判明。HPは各都県ごとに作られているのだが、1周してみるのも面白いかななどと思った。(歩きはかったるいのでMTBで・・w)

③「木のむら」を売りにしている「ときがわ町」で、ゴミ捨て場にたくさん流木やら角材が捨ててあった。。 鳥を彫ってやろうと、拾ってきた?盗んできた?のだが、木を拾いたい人や集めたい人はときがわ町に来るといい!ということが判明w

④そしてラストのメモ。標高が100m上がると0.6℃気温が下がるという山での計算なので、堂平山では約5℃程下界より涼しいはずなのだが、気温計では34℃・・。つまり標高800mでも埼玉じゃ平地と変わらない暑さなのである。。 

MTBの話はどこいった・・? という感じですが、この辺で昨日の日記は終了。
[PR]
by mm_500 | 2007-08-23 22:44 | MTB
千の風になって
今頃になって気づいたんだ、この歌がこんなに深くて心に染みる歌だってことを。
テレビで流れていたのを初めて真面目に聴いてみたんだけど、その詩の言葉になんともいえない感動を覚えた。

「千の風になって」
私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません

千の風に 千の風になって
あの大きな空を 吹き渡っています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません

千の風に 千の風になって
あの大きな空を 吹き渡っています

千の風に 千の風になって
あの大きな空を 吹き渡っています


A THOUSAND WINDS

Do not stand at my grave and weep,
I am not there, I do not sleep.

I am a thousand winds that blow;
I am the diamond glints on snow,
I am the sunlight on ripened grain;
I am the gentle autumn's rain.

When you awake in the morning bush,
I am the swift uplifting rush
Of quiet in circled flight.
I am the soft star that shines at night.

Do not stand at my grave and cry.
I am not there; I did not die

f0128018_0384111.jpg

身近な大切な人を亡くされた方、きっとその大切な方も風になっていることでしょう。
原作の詩についての詳細 URL
なんか、心の中に新しい温かいものが入り込んできたような気がしました。
[PR]
by mm_500 | 2007-08-23 00:36 | 日記ブログ
散歩の達人「群馬にときめく」
f0128018_211042100.jpg「時刻表」や「旅の手帖」などで有名な交通新聞社が出版している「散歩の達人」、特別編集「群馬にときめく」を都内の本屋さんで発見したので思わず購入してしまった(笑)
そしてそれを帰りの電車の中でぺらぺらとページをめくる。

う~ん、よくぞここまで細かく群馬を紹介してるなぁと感心するが、残念ながら “達人” の域じゃ~ないな(笑)
ぐんま新発見を求めて購入してみたのだが、概ね「観光地」と「温泉」と「食」が中心であり他県の大人の方向けの散策情報誌といったところか。
もっと群馬マニアみたいな情報を、HPのお仲間さんやおれの方が数倍よく知っているもんねw


でもこの散達・群馬版の中で得た情報をいくつか。

f0128018_21352829.jpg①赤城クローネンベルクで“Zorb”(ゾーブ)という遊び道具を発見。大きなビニールのボールの中に固定されて丘を転げ落ちるという、三半規管マヒと激闘しそうな遊びだ。
そして瞬間的にコレで北アルプスの“白馬大雪渓”や“穂高の涸沢カール”に持っていって転げ落ちてみたいという想いを馳せたおれであった。。笑

②数年後に八ッ場ダムに沈んでしまう「川原湯温泉」。
何度かは出かけた事はあるが、知っているようで知らなかった場所である。二度と出会う事ができなくなってしまう群馬のひとつの面影をゆっくりと散策してみたくなった。

そんなきっかけを提供してくれただけでも、この本に「感謝」であった。
[PR]
by mm_500 | 2007-08-20 21:49 | 日記ブログ
味噌と豆板醤の冷やし豚しゃぶ
しゃぶしゃぶ用の豚ロースが半額になってたので、ヘルシーな 「冷しゃぶ」 にしよう♪と買い込んでくる。普段は市販の胡麻ダレでただ煮て冷やして食べるだけなので料理ネタにもならないのだが、今回は“味噌ダレ”を作ってみてコレがなかなかよかったので日記にしてみる。

f0128018_2023231.jpg①鍋に湯をわかして豚肉に熱を通してからザルで水切り。そして氷をのせて冷やす。
②ダシの出た湯を少し残し、味噌、酒、みりん、砂糖、さらにそこへ辛さをつけるために豆板醤を加えてひと煮立せ。
③キャベツでもレタスでもOK、千切りにして豚を並べ、タレをかけて完成。


もうひと味、うーーん、胡麻を買うのを忘れたなぁ。。
アレンジもできそう、例えば梅肉でさっぱりさせてもいいし、とうがらしでもっと辛くしてもよさそうだな。
夏っぽくてしかも超簡単なので、よかったらサラダ風に作ってみてはいかがでしょう♪ 
[PR]
by mm_500 | 2007-08-16 20:38 | 料理・食べもの
“TOKYO VACATION DAYS”
f0128018_19563387.jpgお盆の連休もいよいよ終わりですね。
ウチの会社はお盆も何も関係ないので月曜からずっと東京にいましたが、道路も歩道も駅もみんなガラガラ。
ビジネス街はもちろん、首都高からも、商店街からも、街のカフェからも人影が消えたような、こんな静かな都心の素顔もなかなかいいなぁなんて感じてました。

10年以上昔の今井美樹さんの曲ですが、“みんな都会を脱出していくけど あえて私は静かな都会の中でバケーションを楽しもう”という感じの 「TOKYO 8月 サングラス」 という曲がぴったりです♪

明日、もしくは来週からみんな日焼けして街に戻ってくるんですかね^^
でもおれはみんなが知らない都心を味わえて、なんとなく得したような 「TOKYO VACATION DAYS」でした。勤務中でしたけどね(笑)

ちなみに今日は群馬の館林で40℃を越えたんですってね…
都会のオフィスも稼動してる日だったらヒートアイランド現象でもう2℃ぐらい上がってしまったかもしれませんね。。 群馬・・、おそるべしです。
[PR]
by mm_500 | 2007-08-15 19:57 | 仕事のこと
「日本一&日本最大」の記事を見て憂う…
今日の新聞に、プチ・データマニア(自称)には非常に気になる記事が載っていたので報告することにする。

その1 : 「近鉄 阿武野橋ターミナルビル(仮称)」
f0128018_20295070.jpg横浜ランドマークタワーを抜いて、日本第1位のビルが大阪にできるんだって。
地上59階、ランドマークタワーを4m抜いて300メートルになるんだという。(写真)
なんでも、「日本一」という言葉が好きな近鉄の社長が作るから、メインテナントで入る近鉄デパートも売場面積(デパート部門)では日本一になるんだそうだ。
さぁどうする、東京・横浜!ところが、あろうことか埼玉でもそんな日本一争奪のビル計画が進んでいるらしい・・。

ちなみに世界に目をやると、つい最近台湾にできたTAIPEI 101(508m)をあっさり抜いて800mにもなるドバイの「ブルジュ・ドバイ」を現在建設中だとか…。すごいですね、みんな意地とプライドと見栄でビルを建ててますね。。


その2 : 「イオン越谷レイクタウン・プロジェクト」
埼玉県越谷市のJR武蔵野線に新駅まで作って新都市計画が持ちあがっており、そのメーンが「イオン越谷レイクタウン」(URL)である。
最近オープンした日本最大級の「ららぽーと横浜」(敷地226,600㎡ 売場93,000㎡ 駐車4,200台)を遥かに越えて、敷地256,000㎡ 売場163,000㎡とおよそ2倍…、駐車台数も8,000台を越えるという。。
こちらの「日本のショッピングセンター一覧」を見てわかる通り、ここら辺も結構デカいな・・と感じるイオン浦和美園やイオン高崎の3倍ぐらい商業施設面積があるというからハンパではない。。

以前に店舗開発の仕事で新規オープンのショッピングセンターの計画とかに関わったおかげで、この手の情報には妙に敏感なのである。
でも、大きければいいって問題なのかな…。事実、ホントの意味で地域密着型で接客とかも良い身近で行き慣れたショッピングセンターが潰されたりするのは本当に残念なことなんだよね。。

どちらのニュースも地域発展のためにはイイことなんだろうけど、ちょっとこのての競争に憂いてしまった記事であった。。
[PR]
by mm_500 | 2007-08-15 19:30 | 日記ブログ
週末 「ひとりで探検」編
f0128018_2321575.jpg日曜日は早起きして母親の墓参りをしながら近場を散策。
真っ青な空の下、道端に咲いていたひまわりに思いきり夏を感じてパチリ♪


さて今日はまったく予定もナシ、どこに行こうか^^
本当は今日も子供達をアウトドアに連れまわして遊びたかったが、みんなそれぞれ予定があったらしく、いつも通りソロ活動を楽しむことにする。


「久々に気になってる林道探検と清流探しかな^^」とテーマを決めこみ地図を眺め、以前から出かけてみたかった「片品村・泙川(ひらがわ)上流」というマニアックな場所に行ってみることにした。(地図
この川と林道は国道からほど近い集落を超えるとその先には数十キロも人家もなく延々と栃木県境まで延びているような秘境で、群馬でもほとんど名も知られていない場所なのだ。渓流釣りの本などで時々見かけると、みんな一様にすばらしい渓谷だと語ってたのも興味のきっかけかもしれない。
沼田まで高速を飛ばして片品に入り、地図に沿って集落を超えていくといきなり断崖絶壁の大自然になっていく。林道はほとんど崖を切り通した感じで路面も荒れた状態・・。すごい林道だな・・というのが率直な感想である。
遥か下の河原でキャンプしているのが見えたので下りていく道を探す。どうにかたどり着いてみると想像してた通りの理想郷でした。 ※悪路・藪こぎの状態でしかも河原を渡る必要があるため4WDでないと行けません。
f0128018_015589.jpg

本当の素晴らしい渓相があるのはさらに上流のようなのだが、林道が崩落してしまってる地点で探検は終了。いつかは更に奥まで探索してみたいと誓ったのであった。

f0128018_0172024.jpg帰り道は避暑を兼ねて赤城山山頂へ。
下界では朝から30℃を越える猛暑だというのに、湖畔のベンチでは26℃ぐらいでしかも心地よい風が吹いているという絶好の昼寝ロケーション^^
読書をしながら1時間ほど寝てしまいました。

夕方には埼玉に帰りましたが、やっぱり未知の秘境探検は楽しいなぁと感じましたよ。
[PR]
by mm_500 | 2007-08-14 00:34 | アウトドア