「ほっ」と。キャンペーン
<   2007年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ジーンズ・リペア失敗。。 ごめんねドゥニーム…
昨日買ってきたドゥニーム、さっそく今日お湯を沸かして染色液にズボッ…
30分の漬け込み > すすぎ > 昼寝しながら天日干し、そして結論は・・。
「失敗…」
f0128018_21365632.jpg
大切な“DENIME”のパッチやオレンジの糸、ポケット横の赤タブまですべて紺に染まり・・、何かの作業ズボン的な悲しいオーラを発しながら竿にぶら下がっていたのだ。。
濃いブルーの新鮮さを取り戻して、先日買った「ちりめん」の布を縫いこんでリメイクされる予定であった「ドゥニーム」はこんな形でジーパン人生を終えてしまった・・。
ごめんなさい。。。

夕方には気を取りなおして近所の古着屋めぐり。
半額セールを行っていたので「空」のTシャツと、LEVIS 501を格安だったので買ってきた。
f0128018_21473010.jpg
「ちりめんを縫いこむにはちょっともったいないかなぁ・・」という感じだが、後日チャレンジしてみることにする。
[PR]
by mm_500 | 2007-04-30 21:55 | ファッション・古着
フリーマーケットで掘り出し物さがし
f0128018_20263461.jpg
新緑がだんだん眩しくなってきたGW、高崎に帰って市役所前で大きなフリーマーケットがやっているそうなので子供と一緒に出かけてきた。さすがに200店規模のフリマはすごい×2、モノも人もゴチャゴチャ状態で半ば惰性でぶらぶら見て歩くのがやっとです。。
娘にはラインストーンが入ったブランドのベルボトムを値切りに値切って200円でゲット、すごくいい買い物だった。自由奔放な息子は終始自由行動・・、自分のお金で訳のわからない50円ぐらいの玩具をいくつか買ってきていた。

f0128018_205742100.jpgおれはリメイク用のジーパンを何気なく探していたら、かなり色あせている「DENIME:ドゥニーム」を発見、1000円を800円に値切って買ってきた。しかしこれが帰ってからネットでよく調べてみると赤耳、チェーンステッチ、ボタンフライのビンテージレプリカと呼ばれるモノで、超お得な買い物だったのだ。
ただ、とにかく色が抜けきっていて「くたびれ感」がすごいので帰りに黒とダークブルーの染粉を買って帰ることにした。明日は藍染のリメイクから挑戦だ!と決めこむ。
[PR]
by mm_500 | 2007-04-29 22:47 | 日記ブログ
「東京NO1」という噂のとんこつラーメン
ここ数日間で、私自身が参考書的にみているとんこつラーメンのHP“さすらいのラーメン道”や、他のサイトでも「東京NO1とんこつ」との呼び声が高い東京・足立区の「田中商店」と「博多長浜らーめん もりや」に行ってきました。テーマはもちろん、群馬の「博多一番」に勝てるか!?という私的な評価基準で。
これだけ数多くの店がある東京NO1の噂ですから、当然ものすごい期待をしながら。



「博多長浜らーめん もりや」 東京都足立区鹿浜
f0128018_233245.jpg「田中商店」が昼間に営業していないことを知らずに出かけてしまい、“さすらいのラーメン道”で「田中商店よりうまいかも…」と絶賛されていたこの店にまずは先に行ってみることにした。
外観は一見すごく地味な印象の店なのだが、昨年の12月に開店したばかりということもあって店内は驚くほど清潔感があります。しかしながら、、ワイルドで強烈な豚骨臭がたちこめており、苦手な人はまず引いてしまうかもしれません。。 (わたしは「当然だ」と思ってますけど^^)
たまたまこの日は空いており、デフォルトの「らーめん」をバリカタで注文。サイトで先に見ていたせいもあっておよその予想はついていたのですが、出てきたラーメンのスープをひと口まずは味見してみると「ん~~、うまい…」と感動。
後日食す「田中商店」や「博多一番」よりも骨粉が多いせいかスープがやや黒みがかっていますが、適度な濃さと後味がいいです。チャーシューも口の中で溶けてしまい絶品、久々においしいとんこつラーメンを食べた気がしました。そしてなぜか食べ始めると店の豚骨臭も気にならなくなるものであります。
私はこのレベルのおいしいとんこつラーメンでは、邪道かもしれませんけど最後にご飯を注文してスープに投げ入れ、おじや風にして「最後のジャッジ」をするのですが、結論から言うと「群馬の博多一番」のほうが圧倒的勝利でした。
ラーメンそのものもそうですが、濃厚さと旨みのバランス、ご飯との一体感がどことなく足りない気がしました。
でもこの店、間違いなくうまいです。今はまだ雑誌やサイトでは紹介されてませんがいずれ行列店になっていくでしょう。
採点 ★★★★★★★☆☆☆(75p)
※0.5の表現が面倒なので10段階にしました。



「田中商店」 東京都足立区一ツ家
f0128018_0222169.jpgいろんなラーメンサイトや本でも絶賛されている、目下都内最ウマとんこつであろう!とタカをくくっていた念願のこの店に出陣してみました。
環七と日光街道の交差点近くにあった旧店舗から3月末に移転し新装オープンしたせいもあり、驚くほど広くてデザインも洗練されたとても清潔感のある店である。普段は行列が絶えないらしいのですが、運よく空いておりスムーズに座れたので普通の「らーめん」を注文してみる。
出てきたラーメンにまずは敬意を表して一礼、ビジュアル的に“白くてとろみのありそうなスープ”は群馬の博多一番そのものであり、ひと口レンゲで味見すると「おぉ~、一緒の味だ~~!」と感動する♪
「んっ!間違いなくおいしい!」これがスープと麺、ラーメンその物の印象であった。
が、しかし…、チャーシューがゴムのように硬く根本的にありえない。。(大きく減点)
さらに締めにご飯を頼んでみるとべチャべチャごわごわで昨日の残りご飯をレンジアップしたようなひどい状態。。(さらに大きく減点)
おじや風にしてもやはり「博多一番」よりもスープがマイルドなせいか濃厚さも旨みのバランスもかなり物足りない。。
ラーメン単体であればそれなりに勝負できるのであるが、総合点として「群馬NO1」の足元にも及ばない結果となってしまった…
率直な印象としては「博多長浜らーめん もりや」よりは個人的にも好きな味でありおいしいですし、あちこち食べ歩いたとんこつラーメンとしても確かに東京都内ではNO1のような気がします。
でも苦言を言うならばチャーシューとお米、手を抜かないでもらいたいです。
「博多一番」はそのとんこつラーメンよりもチャーハンのが絶品だと言う人もいるぐらいですからね。。
ラーメン(麺とスープ)だけでいえば、採点は★★★★★★★★☆☆(85p)ですね。
東京NO1が群馬に負けちゃいけないと思います。。


ちなみにこの「田中商店」、本場福岡の人が地元・長浜よりもおいしいかもしれない!という人が多いそうです。「最後の本当のおいしさ」とは、いったい何なんでしょうね・・・(迷)
[PR]
by mm_500 | 2007-04-27 01:26 | ラーメン
想いは北の大地へ
f0128018_26123.jpgここ一週間ほど病んでおります。
数日前は「山渓ガイド」、今日は「山の地図」まで買ってきてしまい、家に帰ったら帰ったで検索つづきなのです。。 「大雪山」「知床」「道東」「釧路湿原」etc…
そう、“2007・夏”。
想いはいま、「北の大地 北海道」にいってしまってるのであります。

旭川ラーメン?寿司?カニ?そんなものは今回はどうでもいいんだ。。
残雪のコントラストが美しい7月、この7月限定で「神々の庭・大雪山」、「世界遺産の知床」を縦走したい、そして未知なる道東を旅してみたいのだ。


テント、山用品、マウンテンバイクをマイカーに積み込んで日本海フェリー・新潟~小樽を往復で2日間、大雪山縦走4日、知床・羅臼岳トレッキング1~2日、道東散策・釧路マウンテンバイク旅で2日間、ざっと見積もっても10日間程のロングツアーとなりそう…、でも足りないぐらいだ…。
「なにを考えてるんだ!」と言うであろう会社の方々、「マジですか?」と呆れるであろう部下達、すまないのですがこの際は寛大にお許しいただきたい。

わかってください。。 とにかくこんな景色が待っているので。。
f0128018_2372637.jpg

f0128018_237541.jpg

[PR]
by mm_500 | 2007-04-21 02:49 | アウトドア
ソースマグ唐丼
今日は早朝5時に起きて休日出勤、夕方には当然ヘロヘロに。。
ということで、今夜はそんなヘロヘロな自分への褒美としてたった5キレで600円もする中トロ刺身を買ってきた。
ちなみにこの高価なマグロ、刺身で食べる気などはさらさら無く、あろうことか唐揚げに。。
そして更にあろうことか、その唐揚げをソース味にして丼ぶりで食べようと帰りの電車の中からすでにたくらんでいたのであった。

じつはこの「ソースマグロ唐揚げ丼」、以前群馬にいた頃に会社の裏にある定食屋のお気に入りメニューであり、いつかは自分でも作ってみようと思っていた料理なのである。
ソースは無しで、和風ドレッシングとマヨネーズ、レモン汁で味付けした「マグロの唐揚げ」というのもすごくおいしいのですが、以前に材料をケチってメバチマグロで作ったら思わぬ大失敗した経験があったので、「つぎは絶対トロだな。。」と考えていたのです。

作り方
①しょう油、酒、ショウガに刺身をしばらく漬けておく。
②米を炊き、キャベツ千切りを少量作っておく。
③唐揚げ粉にまぶして揚げる。※今回は片栗粉と小麦粉を半々。
④鍋でソース60cc、酒20cc、水・少量、しょう油・砂糖少々を煮込み、③で揚げたマグロ唐揚げを絡める。
⑤ゴハンの上にキャベツ、マグロ唐揚げをのせて、残ったソースだれをかける。
⑥マヨネーズを上から軽くかける
※ぴり辛にしたければ七味が合う。またダイコンのツマやカイワレ、大葉などの野菜類や、きざみ海苔なども相性がいいと思う。

f0128018_23341681.jpg結果は狙いどおり 「激しく美味いぃ…」 我ながら絶賛と感動の悦に浸っておりました。
高価なトロを、「もったいないなぁ・・」と思いながらも、あえて揚げてみる勇気がありましたら是非試しに作ってみてください。
略して「ソースマグ唐丼」これ恐るべしですから。。
[PR]
by mm_500 | 2007-04-15 23:54 | 料理・食べもの
「風 hu:u」のジーンズ
ここのところ自分自身で色々と少し反省することがありまして、べつに何かに没頭するという訳ではなかったのですが、時間を少々もて余していたこともあってこんなのを作っていました。

f0128018_043338.jpg古着屋で650円で買ってきたジーパンのバックポケットが地味なので何か装飾を付けたいなと考えていたら、随分前に東急ハンズで買ってきた鹿皮のハギレが1枚(350円程)があったので好きな漢字である「風」という文字を縫い込んでみようと作業を開始してみました。
以前にブログでも紹介した「空 ku:u」というブランドをやや意識しながら、鉛筆で皮に直接「風」という文字の図案を適当に描いてみましたら、これがなかなか感じが良くて「風 hu:u」などというプライベートブランドができてしまうのでは・・などと勘違いしながらカット作業まで進めてみました。

続いて縫い込みですが、ポケットはさすがにミシンも使えない(その前にミシンがありません・・)ので手縫いで頑張ることにしました。
それにしても裁縫なんて何年ぶりでしょう…、ユニフォームのボタン付けとかでしたら会社でも何度も自分でやってたりしましたが、ここまで凝った手縫いの作業は○十年ぶりかもしれません。。
指を刺すこと数回、自己流の“チェーンステッチ”をどうにか頑張り、数日間を費やしてどうにか完成。

f0128018_182989.jpg

なかなか細かく出来てるなぁ、、と自画自賛しながら。
f0128018_1372919.jpg

こんな風にできあがっております。
「風」って漢字にもいろんな言葉が連想されると思います。「風情」、「風景」、「風流」、「風格」、「風合い」、「威風」、「春風」、「気風」、などなどと。
ちなみにここでこの風という字を縫いこんだ自分の想いとしては、「我風」という想いが強いと思います。

そしてこのジーパンも格安の割には色落ち具合がなかなかいい感じなので、和柄か無地のTシャツに合わせてみようかと思います。
[PR]
by mm_500 | 2007-04-15 01:57 | ファッション・古着
母の墓前へ
f0128018_15163047.jpg日曜日にふと思いついたように母の墓前に出かけてきた。
去年の春以来だからすごく久しい。
お彼岸にも線香すらあげず、いつも自分の都合ばかりを優先していたから少し反省している。

線香と大好きだったタバコに火をつけてそっと置き手を合わせる。

思えば、このところ毎回春にここを訪れているなぁと気づく。
それもいつも日頃の愚行の懺悔というか陳謝というか、手を合わせながら母親に「すみません・・」と頭を下げている気がする。言葉や声こそなかれ、墓石から「しっかりしなさい!」という厳しい言葉が聞こえてくるようでならない。

こうしてもっともっと話をしたいであろう母に、「なるべくここに足を運ぶようにしよう」と心の中で思った墓参りの話であった。
[PR]
by mm_500 | 2007-04-11 15:45 | 日記ブログ
東京ミッドタウンの話
f0128018_23543131.jpg六本木・防衛庁跡地に「東京ミッドタウン」が去る30日に開業してしまった。
なんと、都庁を5mほど抜いて“東京一の超高層ビル(248m)”になるのだ、何気に“プチ超高層ビルマニア”のおれとしては非常に気になるニュースなのですよ^^
ちなみに日本のビルランキングでも名古屋の駅ビルを抜いて4位に浮上、あと8m高ければ大阪の2つのビルを抜いて、ランドマークに次ぐ第2位になれたのにねぇ。。
たぶん航空法の規制か何かで都内にはそれ以上の建物は建てられないのかもしれないですねぇ。
つい最近もこの辺りを車で走ってみたのだが、いやはや巨大な施設でした。。

それにしても、六本木ヒルズとのライバル合戦もささやかれてますが、ヒルズに比べるとビル自体もなんとなく華がないし都内じゃ結構知らない人も多いみたいだし、かなり地味なOPENの仕方だった気がするなぁ。。などと感じる。
リッツカールトンやサントリー美術館も入り、“高級 上質 和の美しさ”といったイメージがコンセプトらしいから、それもひとつの戦略なのかな。
まぁ、近々散策がてら出かけてみようと思う^^

「都会嫌いなプチ高層ビルマニア(謎)」が語る、最先端東京ネタでしたww
[PR]
by mm_500 | 2007-04-02 23:38 | 日記ブログ