カテゴリ:料理・食べもの( 207 )
本庄市のはじめや食堂
レトロ食堂に惹かれはじめるときりがない・・・

ちょっと前に出かけた店ですが、埼玉県本庄市の路地裏にこんな素敵な食堂があるので紹介したいと思う。
f0128018_2248975.jpg


その店の名は 「レストラン はじめや」
本庄市は旧中仙道、足利銀行の横の細い路地を入っていくと、まずはソースと肉を焼く匂いが漂い、そしてまるで映画のセット!? と思ってしまうようなノスタルジックな雰囲気の食堂が目に飛び込んでくる。
外観もかなりのレアっぷりだが、中に入ると炊飯器が花柄だったりしてもっとスゴイ。。
f0128018_22575845.jpg


そしてメニューを見て驚く。 ラ~~~メンがユニークでしかも400円と激安。。
f0128018_22575271.jpg


f0128018_2333142.jpg

同行したkawasemiさんとナポリタンをシェアしながら、私ははじめやイチオシのポークソテーを注文。
f0128018_2341174.jpg

見てわかりますかねぇ、、このポークソテーの厚み、3cmぐらいあります。そしてこんな分厚さだというのに絶妙な火の通り、長年の経験がなせる技なのでしょうね。 そしてさらに味噌汁の美味しさがすごく印象的でした。
ちなみにこの店、実際にドラマのロケで使われたらしく、撮影では深田恭子が働いたりしていたみたいです♪
雰囲気も料理も見事に昭和! そんなノスタルジックな雰囲気に浸ってみたくなったらぜひ本庄まで足を運んでみて下さい。

f0128018_2330529.jpg


「はじめや食堂」
住所 : 埼玉県本庄市銀座2-3-1
TEL : 0495-22-4526

[PR]
by mm_500 | 2012-05-03 23:40 | 料理・食べもの
もうひとつのアルプスへ
山から下山したというのに、お腹を空かせてもう一度登頂を目指したのは安中市の 「ニューアルプス」
はるか遠い昔から昭和オーラをぷんぷん放っている国道18号沿いのレストランです。

f0128018_0432677.jpg

店内には、なんだかあちこち輝く装飾の数々、照明器具の多さ、テーブルゲーム、細い4本脚のテーブルなどなど昭和後期(50年台)の趣き。 無造作な色使いの感覚が、なんとなく上並榎のあの店の雰囲気とかぶるぞ・・(笑)

オーダーはナポリタン、オムライス、生姜焼きを頼みましたが、その他にもハンバーグ、カレー、ミートソーススパゲッティと王道の洋食メニューがずらり並んでます。その中でも 「ドライスパゲッティー」というのがすごく気になりましたけど・・・。
サンドイッチメニューもズラッと並んでいるので喫茶店系レストランという印象です。

ナポリタン(500円) は、何も足さず、何も引かず、ケチャップでシンプルに作った王道の味。
f0128018_151880.jpg


オムライスも中味のケチャップライスがネトッとした感じでいい具合に。
f0128018_145982.jpg


そして生姜焼きは、肉は分厚過ぎず、ソースは甘すぎず、そんな勝手な期待と見事にシンクロ。肉が柔らかくて本当に美味しい生姜焼きでした。
f0128018_153940.jpg



ちなみにこの店、店内は古臭そうに見えますが、床に小さなゴミも一切無し、ペンダントライトのカバーにもほこりひとつ無く、すごく丁寧に手入れされているなぁと感激いたしました。

リアル昭和を体感したい方、ニューアルプスに登頂してみましょう♪
f0128018_112373.jpg





「ニューアルプス」
住所 : 安中市郷原276-2
時間 : 11:00~22:30 木曜休
[PR]
by mm_500 | 2012-04-28 01:20 | 料理・食べもの
信州山歩きベースの 「YUSHI CAFE」
北八ヶ岳からの帰り道、蓼科から佐久方面に下りてくるともうひとつの楽しみがある。
それがここ 「YUSHI CAFE」 でのひととき。
f0128018_23501877.jpg

f0128018_23502554.jpg

旧望月町のローカルな景色のなかに溶け込んだ古民家リノベーションのカフェ。

前回はモーニングに訪ねてみたが、夕暮れ時の雰囲気も素敵。前回ログ≫
f0128018_2351561.jpg

f0128018_2351293.jpg

f0128018_23515279.jpg

f0128018_2353963.jpg

f0128018_23531226.jpg

年季の入ったファニチャー達が店内随所に配され、それぞれが静かに存在感をアピールしている。

コーヒーは軽めのブレンドが350円と申し訳ないぐらいに安い。
聴こえないぐらいの音量でかすかに流れる音楽と、マスターと常連客が交わす会話がBGM。
f0128018_23535159.jpg

f0128018_23563653.jpg

この日は店主のコーヒーへの熱意と愛情を直接伺えた。
私達が何十年とコーヒーの会社に勤務しようが、結局は教科書でしか勉強できないサラリーマンレベルの机上の知識。技術といっても抽出方法ぐらいでしか味を表現できていない。
日々コーヒー豆と焙煎機に向き合って毎日の実務で自分の味づくりを実践している人達を前にしては、正直なんの言葉も出てこないものだなと、最近はYUSHI CAFEさんや MAKAP さんの仕事を見ながら痛感している。 ※もちろん自家焙煎だけがすべて正しいという訳ではないけど。

まぁ、カフェはくつろぐ場所。 難しいことを考えるのはよそう^^
f0128018_23544837.jpg

信州の山歩きのあとのベースカフェ、これからもずっと立ち寄らせていただくことにしよう。
[PR]
by mm_500 | 2012-04-25 23:57 | 料理・食べもの
えるさん家で餃子パーティー
私の 「餃子が食べたーい!」 とのつぶやきに、「大量に作るからウチにおいでー!」 と、料理好きでサプライズ好きなえるさんからの素敵なレスポンス。
ということで月曜日に時間がとれる人達でえるさん家に集まって、餃子パーティーを開く運びとなりました。

えるさんお手製の餃子は、「しっかり野菜を食べなさい!」 といつも怒られるほどだから、餡は野菜中心の美味しい餃子。 その数、なんと300個以上も用意されたとか・・。
f0128018_0185893.jpg

f0128018_0192143.jpg

ホワイト餃子も含めて焼き餃子、水餃子がどんどん出てきてどんどん無くなっていきます(笑)

テーブルには他にも、えるさん手製じゃこ揚げのサラダ、アメミさんからのふき味噌、私も店のモツ煮を、そしてつぶさんからはバジルのきいたパウンドケーキ、アルベロさんからも手作りケーキの差し入れが。
どれもこれも美味しくて、大勢でにぎやかなテーブルとなりました。
f0128018_022810.jpg



えるさん、ありがとうございました。
準備から片付けまで何もお手伝いできませんでしたけど、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。 この場を借りてお礼申し上げます。
またいつか、「餃子~~!」 と叫んでしまったときは、ぜひよろしくお願いします^^
[PR]
by mm_500 | 2012-04-18 00:25 | 料理・食べもの
上並榎飲食店組合 vol.4 「トラットリア ステッラ カンパーニャ」
誰が名付けたか、上並榎飲食店組合。 この言葉も随分定着してきたようです・・・

そんな 「並飲」 に新たな店をもうひとつ、303でのお酒をきっかけにお付き合いをさせていただくことになった 「トラットリア ステッラ カンパーニャ」 を紹介したいと思います。

場所はハナミズキ通りのモッズヘアを西に入り、最初の路地を左。大きな学習塾の前で住宅地に囲まれながら静かに佇んでます。
f0128018_0285380.jpg

雰囲気あるでしょう!?
ところでこの店の名前、“ステラ = 星” という事は知っていたので、以前から 「キレイな名前だなぁ」 とは思っていたのですが、よくよく聞いてみましたら “カンパーニャ = 野原” で、店主の名前・星野さんから由来しているのだそうです。

f0128018_1202250.jpg

店内はベージュの壁にウォールナットの木調で落ち着いた雰囲気。そこに店主の趣味でもあるギターやドラムなどの楽器がレイアウトされていて、その他にも何枚もの写真や鉢植え、小物などが並べられ、イタリアの街はずれの静かな飲食店というイメージを上手に作りあげております。

メニューはアンティパストやピッツァ、パスタなど色々と豊富な料理が黒板に書かれておりますが、とりわけ魚介系のメニューが多い印象。
f0128018_1204566.jpg

店主曰く、本当のイタリア料理はもっともっと色んな食材があるので、ありきたりな定番パスタなどではなく、当店に来て食べたことのないイタリア料理を堪能してほしいとのこと。
そう、星野さんが作り出すのは、かなり本気のイタリア料理なのです。

この日オーダーしたのは、写真左上より 「ホタテのグリル サルモリッチョソース」、「サーモンとルッコラのピザ」、「イカ墨ビゴリ 塩味の生パスタ」、「イトヨリ鯛と魚介のトマト煮込み」。 すべてオーダーが入ってから店主が奥で手作り、手早くパンを振ります。

ちなみにこの日、後ろのボックス席で可愛らしい小学生のもえちゃんが誕生日祝いでした。
ポニョのケーキ、これも手作り!もえちゃんも凄く感激してました♪ 店主ブログ≫
乳脂の高い本物の生クリームを使った手作りケーキを私達もお裾分けでいただきましたが、本当に美味しかったです・・。
店主はお酒が入るとかなり陽気になりますが、店ではかなり気まじめな風。 古いべスパ乗りでもあって 「北の国から」 大好きでもありますので、ワイン片手に気軽に絡んでみるのもいいと思います^^

大切な人と、ワインと美味しいイタリア料理で気軽なアニバーサリー。 そんなシチュエーションにはもってこいな店だと思います。



「トラットリア ステッラ カンパーニャ」
住所:高崎市上並榎町114-2
時間:11:30~14:30 18:00~22:30 火曜日定休
電話:027-387-0755
[PR]
by mm_500 | 2012-03-30 01:24 | 料理・食べもの
田能久にて、スペアリブ煮込み。
f0128018_047443.jpg

洋食屋 田能久の全メニュー制覇を目ろむ2012年、今回いただきましたのは 「スペアリブ煮込みとライス ¥750」 を前菜、デザート付きのコースで。

f0128018_0473020.jpg

前菜にはパプリカとチキンのゼリー、寒い今日この頃に春を予感させてくれるようなひと皿。

スペアリブ煮込みは一見色彩がなくてシンプルですが、、味の奥行きが深い深い・・・。
f0128018_0475862.jpg

骨付きのスペアリブが煮くずれる寸前まで煮込んであります。 そして煮汁がなんという旨さ・・・。 参りましたよ、田能久さん。。

f0128018_0482566.jpg

デザートには皆さんから大人気のココナッツアイスクリームとコーヒーをチョイス。このココナッツアイスがまた・・・(旨!!)
写真は写してませんが、この他にも美味し過ぎるポテトサラダと味噌汁がついて、コース価格1,000円です。

スタンダードな洋食を、ブレない舌とレシピと腕前で、誰からも 「美味しい」 と言わしめる田能久さん。 同じ料理を提供する人間として本当に尊敬いたします。。
次回は、今回悩んだカジキのムニエルに決定してます。
ちなみに今日はオーナーにも余裕があったせいか、テレマークスキーの話やパウダースノーの写真をゆっくり見せていただくことができました。 あぁ~ 雪山行きたい・・・。



「洋食屋 田能久」
住所 : 高崎市八千代町4-13-6
時間 : 11:30~14:00 ディナーは予約 ※日祝は休み
洋食屋 田能久HP≫
[PR]
by mm_500 | 2012-02-13 23:19 | 料理・食べもの
上並榎飲食店組合 vol.3 「カフェバー303」
人呼んで 「上並榎(かみなみえ)飲食店組合」。 へっ!? 誰も呼んでない!!?

最終回は我らが飲食店店主がヘトヘトになったあとの遊び場 “CAFE BAR 303” を紹介いたしましょう。

最初は店主の高地さんが俺のそばに食事に来て下さり、そのあとホルモン優さんで行き会って、みんな起業したてだったので 「お互い頑張りましょう」 と話したのがきっかけ。
店は昨年9月にオープンしたのですが、開店直前だというのにノープラン、ノーコンセプト、メニューも決まってないけどまぁ適当に・・・ というあまりのラフスタイルにびっくりしたのを覚えてます。
今はその “テキトーさ” がすごくイイ感じになってるんですけどね・・(笑)

店についてなかなか上手い言葉が出てこないので、高地さんの言葉を借りてみますと、、

 どこか懐かしいような・・・
 でも新しいような・・・

 とても落ち着くような・・・
 それでいて何だかワクワクするような・・・

 いいかげんでテキトーのような・・・
 でも妙にこだわっているような・・・

 そんなつかみどころのない、へんてこなお店ですが、
 退屈なぽっかりと空いた夜にどうぞ遊びに来て下さいまし★

 ファミコン、ス~ファミ、マンガ本なんか置いてあるんで
 お酒でも飲みながらみんなでワイワイ遊べます★

 おひとり様でも大歓迎、ぜひお待ちしております★

私も誰かに話すときは、オモチャ置き場みたいな飲み屋、大人のマンガ喫茶などと例えてますが、まさにこんな言葉通りの店です。。
まぁ、言葉では伝わりにくいでしょうから写真をいくつか並べてみます。
f0128018_051182.jpg

f0128018_0513170.jpg

f0128018_0515445.jpg

f0128018_0521583.jpg

f0128018_0523463.jpg

f0128018_0534097.jpg


オモチャ箱のようなカオスな空間ですが、カリモクのソファを使っていたり、畳の部屋があったり、照明器具が昭和の雰囲気だったりと、妙に落ち着く感じがするのです。。

メニューはアルコール類を中心に、いろんなコーラ、ソフトドリンク、コーヒーなど。フードもチップスやサラダなど軽いものから、イタリアンレストラン顔負けのスパゲッティーなどボリュームある食事もあります。
f0128018_1102772.jpg

ほかにも303風にアレンジされたサッポロ一番(¥500)などは、なぜか人気商品w
マルちゃん正麺のしょう油味なんてこんな感じに・・
f0128018_1121879.jpg


どうです? 今回のレビューでだいぶ303の謎が解けましたでしょう(笑)
余計気になった人はぜひ足を運んでみて下さい♪


ちなみにここでコマーシャルですが、、
3月4日(日)11:00~21:00まで、カフェバー303にて 『フリマカレー』 を開催いたします。
f0128018_143728.jpg

店内にて掘り出しグッズのマーケット、フードはシュクルキッチンのカレーを600円でというイベントです。
気軽に303店内に潜入できて、それでいて手軽な価格でシュクルカレーも食べられちゃう訳なのでしっかりチェックしておいて下さいネ!



「カフェバー303(さんまるさん)」
住所:高崎市上並榎町150-1
時間:20時くらいから26時くらいまで・・ (不定休)
電話:027-3632-303
[PR]
by mm_500 | 2012-02-08 01:43 | 料理・食べもの
上並榎飲食店組合 vol.2 「シュクルキッチン」
誰がつけたか上並榎飲食店組合。。

ホルモン優さんに続いては、昨年9月末にOPENしたばかりの 「Shukuru Kitchen」 を紹介いたします。
残念ながら当店とシュクルキッチンは営業日と休業日、営業時間がしっかりかぶるため訪店はお互い一度きり・・、なので店主とは次に登場するカフェバーでの飲み友達みたいな関係でございます(笑)
f0128018_1181317.jpg

オーナーの菊池シェフは、都内のカレー店や洋食店で腕を磨いたキャリア豊富な料理人。ビストロやスペインバルのように料理を囲んでわいわいとやってもらいたい。そして食べ物と酒、音楽、仲間との語らい、全部がピッタリはまった時の 「あの感じ」 を一人でも多くの人に体験してもらいたい・・ そんな想いをこめて開業にこぎつけました。
ちなみに店名のシュクルとは、フランス語の 「砂糖」 ではなく、スワヒリ語の 「感謝」 という意味だそうです。
そんな熱意がしっかりと料理にも出ているのでしょうか、訪れた私の知人達は料理に対して一様に 「すごくおいしい・・!」 というコメントばかり。 その言葉こそが、いつも仕込みに時間をかけ過ぎて疲れ果てているシェフにとっての、最高の報いの言葉なんでしょうね^^

おすすめは看板メニューの 「シュクルカレー」 。辛めのキーマカレーの上にふわふわのオムレツが乗っており、ナイフを入れるととろとろの卵がカレーの上に広がります。
f0128018_1183832.jpg

夜はスモークサーモンやローストした肉料理など、ワインに合うようなビストロメニューが手頃な価格で楽しめます。当店の常連さまでブロガーでもあるnonさんのレビューはこちら≫
f0128018_1191382.jpg

店内はベージュの壁と白木の無垢材を基調とした温かい雰囲気、音楽好きのシェフらしくお気に入りのアンプとレコードジャケットがレイアウトされています。こんな感じのインテリアって女性からウケるんですよね♪
ということでまずは、菊池シェフ自慢の 「シュクルカレー」 をいただきに気軽なランチタイムから訪ねてみてはいかがでしょう!




f0128018_2291980.jpg

「ビストロ・シュクルキッチン」
住所:高崎市上並榎町271-5
時間:11:30~14:00 18:00~21:30
定休:月曜日
TEL:027-333-5350
[PR]
by mm_500 | 2012-02-05 10:50 | 料理・食べもの
上並榎飲食店組合 vol.1 「七輪ホルモン焼き 優」
誰がつけたか、「上並榎(かみなみえ)飲食店組合・・」 ※もちろん実在しません。

最近はというよりも、店を構える立場になると、今までのように店の新規開拓はほとんどしなくなって、ついついいつも来て下さる飲食店主の店に足を運ぶようになるのです。
商売仲間だからお互いの気苦労、愚痴、価値観など語らずしてもわかるので、そんな点で気が合うし、それぞれ自信作の美味しいメニューを用意して私の帰り道に立ちはだかっているものだからついついビールまで・・・

そんなこんなで私が日頃から贔屓にして、そして当店も贔屓にしていただきながらお互いが行来している上並榎町飲食店組合、略して 「並飲」 の店をシリーズで紹介していきたいと思います。



Vol.1 「七輪ホルモン焼き 優(ゆう)」
f0128018_23362461.jpg

今年ジャスト40を迎える店主・優(まさる)さんが一昨年11月にOPENさせた、生ホルモンをイチオシとするホルモン焼居酒屋です。
生ホルモンとは、大腸や小腸を加工して湯がいたものを提供する一般的なホルモンと違って、いちばん高価な直腸をきれいに掃除して手間のかかる下処理をしてから生の状態で提供するというもの。ふわふわでフニャフニャな柔らかいホルモンは今までのホルモン焼きの概念を覆します。そしてそれをこの店では七輪でチリチリ焼くから旨いんだよなぁ・・・
実際ホルモンは新鮮なモノしか食べることが出来ないので、味も良く栄養価も高いです。そして何より、赤身と違って上質なホルモン特有のすっきりした油がこれまた美味しいんだよねぇ・・・
f0128018_23373510.jpg

店主曰く、焼肉屋じゃなくてホルモン屋なので多くの肉の種類は置かないと言ってますが、時々仕入れるランクAAのこんな肉なども登場したりします。。
f0128018_094041.jpg

ちなみに店主の優さんは元プロスノーボーダーという異色の経歴の持ち主で出身は埼玉県の寄居町。話すと底抜けに明るいので2秒で打ち解けられます(笑)
お肉が食べたくなったら 「ホルモン優」 に足を運んでみて下さい!どれも旨いですから^^



「七輪ホルモン焼き 優」
住所:高崎市上並榎町265-2 シティーホーム並榎101
時間:17:30~24:00
定休:水曜日 2012年3月より月曜定休
TEL:027-388-8882
URL: http://locoplace.jp/t000048123/
Twitter:@horumon_yuu
[PR]
by mm_500 | 2012-02-02 00:13 | 料理・食べもの
ハッシュドもちポテトⅡ
いただいたお餅が大量にあったので、前回作って美味しかったハッシュドもちポテトを醤油マヨで味付けして作ってみることに。

f0128018_23154047.jpg

もち、じゃがいもを千切りにしてボウルで混ぜる。
※じゃがいも千切りは、水通しないこと。

f0128018_2316592.jpg

フライパンにバターを溶かし、両面をキツネ色になるまで焼く。
※途中で醤油を少しずつしみこませながら加える。

f0128018_23162586.jpg

マヨネーズ、ブラックペッパー少々をかけて完成。

ポテトのカリカリともちの食感が面白いおつまみです。
作業が簡単なうえ、トマトソースやバジル、カレーの風味、ソース、チリペッパー、チーズなどなど、色んな味つけの工夫ができますのでおつまみやおやつに作ってみてはいかがでしょう♪
[PR]
by mm_500 | 2012-01-28 23:19 | 料理・食べもの