少林山七草大祭だるま市
実に20年ぶり(ぐらい)に少林山だるま市へと足を伸ばしてみました。
高崎市民として毎年毎年気にはかけているんですけど、人混みと寒さが苦手でどうしても二の足を踏んでたんですよね・・
私たちは混雑を避けて24時ぐらいに出かけましたが、20~21時前後は人混みもピークとなりこの石段が人で埋め尽くされます。
f0128018_0142079.jpg

f0128018_0144784.jpg

f0128018_015939.jpg

だるま市の活況も見ものですが、100軒を越える色とりどりの屋台の光景も壮観です。
そして顔見知りの方々もちらほらと。

寒ささえ我慢できれば、楽しい我が街の風物詩イベント。
せっかく商売繁盛のだるまを買ったので、これを機に毎年出かけてみようかという気になりました。
[PR]
# by mm_500 | 2014-01-16 00:35 | 日記ブログ
冬の赤城山(荒山~鍋割山)
ブログ再開します。
とはいえ、なかなか頻繁には綴れないと思いますけど・・

年末年始の多忙がひと段落したので、アイゼンと冬山装備を用意して赤城山を歩いてきた。
スタッドレスをつけていないので富士見温泉から赤城山ビジターセンター行きのバスを利用、小沼を経由して荒山~荒山高原~鍋割山~青年の家・鍋割登山口~富士見温泉という登山というより「下山」みたいなお気軽コース(のはずだった・・・)

富士見温泉からは8:10が始発、これに間に合わないと3時間後なので注意。ちなみに土日は9:10。
事前に帰りの足として鍋割登山口にMTBをデポしておく。
小沼からは冬季閉鎖のため雪に埋もれた車道をトレースに沿って歩く。スノーシューやクロカン、中にはMTBのタイヤ痕まであって面白い。
軽井沢峠から荒山へは目印もなくトレースが心細くて不安になったが、夏道はMTBで何度か来ているので地形図と等高線を見ながらどうにか東屋のある分岐まで出られた。ここから南尾根を経て荒山へはトレースもしっかりしているので30分の登りを耐えるだけ。
f0128018_2345550.jpg

荒山~鍋割への稜線は今回のトレッキングのハイライト、白いトレイルの向こうに前橋・高崎の街を眺めながら空中散歩をするはずだった。
しかし、、快晴だった天気も北からゴーゴーと音を立てて風が強まり、やがて吹雪になっていった。。
じっとしていると寒いので一気に鍋割山まで駆け下りることにする。
f0128018_23461581.jpg

f0128018_23453850.jpg

鍋割山からの展望もおあずけ、、「はずだった・・」が並びすぎて空しい。
そして最後の「はずだった・・」は、下山基調のお気楽コースと思いきや、意外にもアップダウンがしんどく、とどめは鍋割山南面の急勾配で足がボロボロになったこと。
下りを完全にナメてましたね、どうみても健脚者コースです。

登山口からは青年の家まで2.2kmのオフロードをMTBで下れるので、山歩きとMTBを一石二鳥で楽しめるのが嬉しい。
f0128018_23463881.png

[PR]
# by mm_500 | 2014-01-08 23:49 | アウトドア
利根川源流への山旅
群馬が誇る悠久の大河、利根川。その源は、鶴舞う形をした群馬県の最北端にある 「大水上山」 の頂上直下からはじまる。
ずっと以前からこの源流域への山旅に憧れていたため、募る想いでこの山を歩いてきた。

群馬からのアプローチは八木沢ダムで遮断され、ボート、登攀、沢登りなどベテラン技術を持ってしても3~4日の行程を強いられるためまず素人には無理。 新潟県六日町からの入山となる。
とは言っても、このルートもコースタイム上では往復12時間と記載されているため、日帰りでの山行では躊躇してしまう行程である。。
f0128018_052471.jpg

登山口は三国ダムの湖を遡った十字峡、駐車スペースまではきれいな舗装路が整備されているので快適。六日町インターからも30分ほどで着くのでアクセスは良好である。
いつも通り真夜中に着いて2~3時間の仮眠をし、登山届を書いて5時ジャストに出発。

丹後山登山口までは2.5キロ/40分ほどの車道歩き、ウォーミングアップにはちょうどいい。
登山口からはいきなりの急登、スカイツリー1.5個分 (標高差約1000m) を一気に登る。拷問に近い・・
ぶなの樹林帯を抜けて尾根上に出ると視界がバッとひらけ、クマザサに覆われた国境稜線が見えてくる。
f0128018_061351.jpg


天候はくもり、ガスを運びながら吹いてくる群馬側からの風が冷涼でじつに気持ちよい。
登山道脇に咲くたくさんの高山植物も疲れをスッと消してくれる。
f0128018_0145219.jpg


県境の主稜線は上越国境らしいなだらかなクマザサの草原、ポツンと建つ丹後山避難小屋も広大な景色のなか牧歌的な雰囲気で佇んでいる。
f0128018_0233054.jpg



丹後山から大水上山までは分水嶺を北へ40分ほど。
左の新潟側は南魚沼の街やダムが見え、右の群馬側には残雪がたっぷり残る神々しい大自然の趣き。このコントラストというかギャップが面白い。
f0128018_0403660.jpg

大水上山の直下にある 「水源の碑」
盛夏には小さな三角雪田が残り、そこから流れる雪解け水のひとしずくが大河の一滴となるのだが時期を間違えた・・ 一面真っ白な残雪でどこが雪田なのかわからない(笑)
たぶんこの中央あたりがそう。。
f0128018_0434057.jpg


f0128018_045630.jpg

f0128018_0442830.jpg

憧れていた利根源流の上越国境はこんな感じだった。

AM11:00 5時間の歩行で大水上山に到着。
f0128018_054029.jpg

午後の天候崩れを懸念してさっさと下山開始。


f0128018_0573820.jpg

心地よい稜線歩きのあと、地獄の急斜面延々下り・・ 足にきた。
14:40に車まで下山できたが、不眠でのハイペース登山が祟ったふらふら登山であった。
それにしてもこの広い山域に登山者は自分ひとり、誰にも会わない貸し切り登山だった。

麓の温泉で汗を洗い流し、帰り道から振り返る。
f0128018_1132268.jpg

「またおいで!」 と声をかけられているようだった。



山行MEMO
:: MTBを持っていけば、登山口までの往復約1時間を短縮できる。
:: 水場は皆無と言っていいので飲料水は多めに。
:: 熊の足跡がいくつかあったので、鈴などは必携。
:: クサリ場が数か所あるが、危険個所はとくにないので初心者でも問題ありません。
:: ただ行程が長いので、あくまで避難小屋での1泊コースと考えたほうがよさそう。
[PR]
# by mm_500 | 2013-07-04 01:12 | アウトドア
魁夷が描いたブルーグリーン
f0128018_024429.jpg

奥蓼科・御射鹿池の夜明け。
静寂の池に響きわたるのは、緑とも青ともいえぬ東山魁夷の色。
今年もこの場所に来られてよかった。
ひとり静かにカメラを向けながら、私の頭の中にはピアノの音色だけが響いていた。
Believe/BluePianoMan http://www.h2.dion.ne.jp/~blupnomn/believe.htm
f0128018_0303998.jpg

[PR]
# by mm_500 | 2013-06-25 00:31 | アウトドア
山上集落をめぐる展望の道
白馬村から長野市へと抜ける際に、通常だと大町街道(オリンピック道路)か鬼無里を経由する国道406を利用するのが一般的だが、その間に山岳地帯を東西に走る 「県道小川長野線(県道401号)」 という総延長33kmにもおよぶ道路がある。
地元の人達しか知らないような非常にマイナーな道路ではあるが、じつはこの道、標高700mほどの山の上を走るので北アルプスのパノラマを遠望しながら沿線に点在する山上集落や棚田を存分に楽しむことができる。
f0128018_05634100.jpg

f0128018_0565470.jpg

f0128018_0571466.jpg

f0128018_0573432.jpg

f0128018_0575320.jpg

f0128018_0581427.jpg


古くはすべて茅葺だったであろう赤や青のトタン屋根。
牛馬の時代から交通に便利な谷間の街道筋ではなく、水利が乏しいながらも日あたりの良い山の上を住みかとした先人の知恵と苦労。
街に住む私達には計り知れないことだが、山上集落というのはそんな色々な背景や意味を感じながら見て歩けるのが好きなのである。

何よりも、南を向いたほとんどの家の庭先から四季折々のこんな景色が広がっているんですもの、私なら一日中飽きずに眺めていられる気がします。
f0128018_1151937.jpg

ちなみにこの道、多少のアップダウンはありますけど自転車で走ってみるのも楽しいかもしれません。


f0128018_1272668.jpg

[PR]
# by mm_500 | 2013-05-26 01:33 | アウトドア
日本の原風景 (白馬村大出)
白馬三山を背景に映す大出の吊り橋は人気のビュースポット、私もこの場所からの絵を何枚か描いているファンのひとり。
雲間から残雪の白馬連峰がタイミングよく顔を出したのでカメラを向ける。
新緑と残雪の白馬岳のコントラストが美しい。 (※クリックで拡大できます)
f0128018_145224.jpg


「白馬」 の正しき呼び名は “しろうま” であり、春になると山腹に現れる代掻き馬の雪形に由来する。
もっと細かいことを言うと、雪形は黒いので 「くろうま」 が正しいんだという説もあったりするけど、「はくば」 という響きが素敵なのでこの際どうでもよい(笑)

ともあれこの雪形が現れると、白馬村一帯では水田に水を引いて田植えの合図。
そこかしこでこんな日本の原風景のような光景に出逢えたりします。 (※クリックで拡大できます)
f0128018_15655.jpg

こんな景色を見ると、日本ってやっぱり素敵だなぁ・・ なんて思うわけであります。
「田植えのおばあちゃん、私の心を豊かにして下さってありがとう」

※いずれもフリーフォトですのでご自由にお使い下さい。
[PR]
# by mm_500 | 2013-05-25 01:11 | アウトドア
山村集落、そのさらに奥にあった美しき廃村
青鬼をあとにしてJR信濃森上駅あたりまで下りてくると、その東側の山腹にもうひとつ 「野平」 という集落が見えたので地図を見ながら山道へと入っていく。
集落はこじんまりしているものの、棚田は大規模に整備されてしまっているので山村の雰囲気はいまひとつ。でも白馬連峰方面の視界のひらけ方がすごいのでパノラマを楽しむには絶好の場所かもしれない。

集落の最奥に “いろり塾 2km” と描かれた看板があり、「えっ!? こんな奥地からさらに2キロだと!?」 と探検気分をそそられながらダートの林道を進んでいく。
すると谷の向こうに大きな茅葺屋根が見えてきた。
f0128018_0123521.jpg



白馬村菅入(すげいり)
盛期には20棟ほどの集落だったそうだが、今は住人もなく朽ちた6~7棟の大型家屋が残る廃村となっており、遠い昔から時が止まってしまったような光景。
興味を持って山に入らなければ、おそらく誰も知る由もない集落であろう。
f0128018_0152862.jpg

f0128018_0154962.jpg

f0128018_016323.jpg

f0128018_016263.jpg


廃村という景色と言葉には、踏み入った人にしか味わえない色んな感慨を覚える。
栄枯盛衰、愛郷心、懐古心、そして集落を捨てた絶望感、などなど。色んな思惑がこの情景の中にあったのだと。
幸い 「いろり塾」 と名がついた、ひときわ大きな茅葺家屋だけは現在も陶芸や蕎麦打ちなどが体験できる施設となっているため、人の手が加わっていることが有難い。
f0128018_0174061.jpg


集落を見下ろす林道からは、茅葺屋根の横に残雪を抱いた白馬連山が望めるので次回の楽しみにとっておこうと思う。
[PR]
# by mm_500 | 2013-05-25 00:34 | アウトドア
青鬼の集落
白馬村の北東の山間に佇む山村集落 「青鬼」
集落のほとんどの建物が歴史的価値の高い伝統的建造物群保存地区に指定されており、その風格風貌も圧巻。 また、棚田と集落が隣接しているという点でも全国的には珍しいとされている。
f0128018_1175029.jpg


集落のひとつひとつ、どこにカメラを向けても絵になる。
f0128018_1182377.jpg

f0128018_1183781.jpg

f0128018_119837.jpg


古木戸を開けてみると、昔話か物語に飛び込んだような光景に癒される。
f0128018_1245658.jpg

f0128018_1252080.jpg

f0128018_1254095.jpg


白馬村一帯には今でもこのような古い家屋が点在するが、多くはスキー宿に改修されたり、開発によって壊されてしまったため、青鬼集落のように当時のままの姿で現存する集落は貴重な文化財産。
願わくば、伝建指定を機にトタンをはずして旧来の茅葺屋根を再現してみたらどれだけ美しいのだろう・・ と思わざるを得ないのである。
[PR]
# by mm_500 | 2013-05-24 01:37 | アウトドア
青鬼の棚田から
5月20日 白馬村青鬼(あおに)
雑誌で何度か目にしたり、この方の日記で息をのんでから、今年こそはこの絶景の中に身を置いてみたいと心に決めていた。
5/20というのには意味があり、前週だとまだ水が張られておらず、そして翌週になると棚田に苗が植えられてしまうため鏡面に映るアルプスを見るにはこの数日しかないのだと。

仕事終わりから夜通し走って、夜明けまで1時間の仮眠。
天気が悪いのはわかっていたから絶景への期待はしていなかったが、それでも周囲の新緑を映す鏡面のような水面にめぐり逢えた。
f0128018_2313226.jpg

f0128018_23134638.jpg

f0128018_23135898.jpg

f0128018_23141993.jpg


朝日が昇ってきたあと、集落から次々と軽トラがやってきて田植え作業が始まった。
f0128018_23184727.jpg

f0128018_231985.jpg


初めて来ていきなり絶景に出逢えるなんて、そんな虫のいい話はない。
また来年もここに来よう、楽しみが先延ばしになったと思えばいいのだ^^
[PR]
# by mm_500 | 2013-05-21 23:24 | アウトドア
ポンカレー&すもの食堂・田んぼプロジェクトにて
商売仲間の 「ポンカレー」 と 「すもの食堂」 が今年からスタートさせた 『田んぼプロジェクト』 の手伝いに参加させていただいた。
両店ともに “食材” へのこだわりが非常に強いことから、「いっそ、お米は自分達で作ってしまおう!」 という発想からこのプロジェクトが生まれたのである。
f0128018_0325517.jpg

ゴールデンウィーク明けの5月7日。
早朝から晴れわたり、爽やかな風が吹くこの日は絶好の農作業日和。
世間一般の方々はGW明けの多忙な仕事日だというのに、我々商売人やフリーランスはある意味自由気まま。
「いったい世の中の皆さんからはどうに見られてるんだろうね~!?(笑)」 などと話しながら黙々と田んぼ作業を進める。
f0128018_0342536.jpg

この日のミッションは、総勢14名で長年寝かせていた休耕田の雑草の掘りおこしと除去。
ふぅ~っと疲れても、周囲の新緑とみんなの笑顔で自然と空に吸い込まれていく。

普段の仕事からかけ離れた 「非日常」 に喜びつつも、自然と向き合う農作業の大変さや作物のありがたさを実感せざるを得ない。
そして日頃から親しくしていただいている仲間の尊さをいっそう強く感じる一日となった。
f0128018_0351772.jpg

(PHOTO/なかにしまりこ)


田んぼはこのあと、種まき、田植え、そして秋の収穫へと続いていく。
あまりにも得るモノが多いプロジェクトなので、今後も時間がとれる限り手伝いに参加していきたい♪
f0128018_0354839.jpg

(PHOTO/なかにしまりこ)


【Member】
ポンカレー」店主・春山さん
すもの食堂」店主・金井さん
Shukuru Kitchen」店主・菊地さん
非日常的空間 FREESTYLE」店主・大矢さん
「OGIWARATAKAO DESIGN」代表・荻原さん
Cafe MAKAP」店主・倉林さん
フォトグラファー」なかにしまりこさん
心を育てるおもちゃ MOMO」代表・茂木さん
おちょこ(居酒屋)」店主・一水さん
FLOP DESIGN」 かんなさん
AYA COFFEE」店主・青山さん
「イッシー」こと 石北さん
「ユッキー」こと 福本さん
「俺のそば」 佐川
[PR]
# by mm_500 | 2013-05-18 01:32 | 日記ブログ