MTB 赤城山ダウンヒル
子供の時からの友達から 「赤城を走ろうぜ~」 の誘いで、赤城山南面のダウンヒルにいってきた。 軟弱者なおれとしては、雨だったら行かないよ・・、車でピストンしないんだったら行かないよ・・、と念を押しながら超弱気の返事でとりあえずOKした(だってこのコース、標高差約1000m・・、登りなんてぜったい嫌だし・・)。
早朝4時過ぎに埼玉を出発して群馬に向かっていくうちに徐々に雨。ところが着いてみると赤城山麓では曇り時々小雨だったので結局彼が連れてきた自転車仲間3人にのせられてダウンヒルに行くことになる。
今回のコースは赤城山南面の外輪にあたる軽井沢峠(1500m)からベースの赤城神社(540m)までの全長約8キロ、標高差約1000mという関東きってのロングライドコース。集まったメンバー5人の中には2名の初心者(普段はみんなロードレーサーの強者だって・・)もいたためガンガン下るという雰囲気ではなかったけど、とにかくこの坂はコースバリエーションが豊富で危険箇所も少ないため気持ちがノッてくるとつい飛ばしてしまう。
f0128018_22311184.jpg

コースは本来山歩きを楽しむための登山道なのでハイカーには充分配慮をしながら進む。前半は傾斜もややきつくて岩やら大きな段差が連続する細いシングルトラック、でも片面が崖とかいう危険箇所はないから安心して走れる。山頂付近がちょうど新緑のピークで緑が気持ちいい。中盤は群馬県の花でもあるレンゲツツジが満開の群落の合間や、熊ザサが生い茂る中にかすかにある細いトレイルを見つけながら走る。幸い雨も降ってこなかったので風も気温もちょうどいい感じ。そして終盤戦はツルツル滑る黄土色の粘土質が露出した道を何度も転びながら進む。気をつけてはいるのだが木の根っこや石、段差に前輪を止められて2mぐらいスッ飛んだりも(笑)
いゃ~、面白いコースだ。12キロほどのロングライドというのが何より楽しいw 下の駐車場に着いたときには全員のMTBやズボンもシャツも泥だらけだったが、こんなふうにアドレナリンが噴き出すダウンヒルはやっぱりやめられないですよ。
こぼれ話もたくさんありますが、今日は疲労と睡眠不足で倒れそうなのでこの辺で中途半端に日記を終わろうと思います(笑)
 
[PR]
by mm_500 | 2008-06-08 22:35 | MTB
<< 「ねずみせんぱい」 という人 チーズ&コッドローの話 >>